五本木クリニック院長ブログ

がん免疫療法がノーベル賞を獲得!!この表現は誤解を招き、怪しげなクリニックを歓喜させる可能性が!!追記あり


■がんの免疫療法の薬を開発したからノーベル賞を獲得したわけじゃない

2018年のノーベル生理学・医学賞は京都大学の本庶佑先生が獲得しました。先生の業績に関して「がん免疫治療薬を開発」と報じるメディアが多く見られます。

この報道の「がん免疫療法ノーベル賞受賞」に関して医療関係者から「ちょっと違うんだけど」とのささやきと共に

がん免疫治療といっても巷に溢れかえるがん免疫治療は似て非なるもの!!

との懸念が出てきています。というのも

ノーベル賞を受賞したのは免疫チェックポイント阻害因子の発見であり、免疫療法を発見に対してではありません

えっ、新聞の見出しはどこもかしこも「本庶佑さん がん免疫療法開発 ノーベル医学・生理学受賞」ってなってるじゃん、とお考えでしょう。でも本庶佑先生が研究していたのは、がんを治療する上で邪魔になっていた物質を特定したことでであり、さらにみなさんが免疫といったら「何々を食べて免疫力アップ」とか「体温を上げて免疫力を上げる」をイメージされる免疫療法とは全く違うものであることを早めに知っていただきたいと思います。というのも今、自由診療クリニックを中心として

日本では治療効果が明確ではないがん免疫療法が一人歩きしているのです

この危なかしい事態に対して今までいくつかのブログを書いてきました。

あの週刊現代が「がんの免疫療法はインチキだ!!」で医師から大絶賛!!

などです。しかし、今回の本庶佑先生のノーベル医学・生理学賞受賞によって「がん 免疫療法」とのキーワードで検索するとこんな状態になっています。

これらの医療機関および特定の医療機関への誘導を目的に作られたサイトで行われているがん免疫療法は真っ当な医師が思い浮かべるがん治療とはかけ離れたものなのです。

多くの医療関係者が懸念していた医学的に効果が証明されていない免疫療法を専門に行っている医療機関が速攻で今回のノーベル賞受賞をネタにしておりました(詳細は後述)。

■ノーベル賞医学・生理学賞を獲得から開発された薬は免疫チェックポイント阻害剤です

巷に溢れる限りなくニセ医学に近い「がん免疫治療」は真っ当な医学的検証を踏まえてものではありません。今回、ノーベル医学・生理学賞を受賞した本庶佑先生の研究はPD-1というタンパク質であり、このPD-1の働きを邪魔する薬が免疫チェックポイント阻害剤なのです・・・って言われたも多分多くの人にはよくわからないと思います。この図を使って説明します(https://www.ono-oncology.jp/contents/patient/immuno-oncology/step1_06.htmlより)。

がん細胞は免疫が働かなくなるような物質を自ら作り出します

そのがん細胞が自分自身を守る

PD-L1とPD-1が結合しなくなるような効果を発揮するのが免疫チェックポイント阻害薬なのです

巷に溢れかえっている「がん免疫治療」の広告からイメージされる免疫とはかなり違いませんか?捕捉:PDL-1はPD-1の受容体。

お時間がありましたらこのブログも参考にお読みいただけるとうれしいです。

高額がん治療薬「オプジーボ」、普通の人にもわかりやすいように問題点を解説します。

■yahoo!の「免疫療法」検索結果に至ってはこのありさまです

ネットを健全にする、ネット情報が検索結果として正しい情報を表示されかを研究されているSEOの神様と呼ばれている方のツイートです。

辻さんがおっしゃっているのは、yahoo!は病気関連キーワードで検索した場合に上位に信頼たる医療機関や研究機関のサイトが表示されるように工夫を凝らしているのに、この検索結果では正しい情報が表示されないで広告が表示されていることに対して苦言を呈していると思われます→「Yahoo!検索」が国立がん研究センターと連携し、検索結果画面で国立がん研究センター提供の情報を掲載開始

下手にこのyahoo!の表明を知った人だったら、この検索結果の上位に表示された医療機関は信頼たるものである、と誤解する可能性も出てきてしまいます。

■がん免疫療法を正しく知るにはこのサイトを利用してください

がん治療といったら国立がんセンター、なんてことは私は考えてはいません(理由に関しては諸事情がありまして自粛)。しかし、国立がんセンターの関連施設である「がん情報サービス」は一般の傾けのサイトを設けており、ここに書かれていることは間違いなく日本のがん治療に関しては信頼度No1と言えます。がんの免疫療法に関してはこのようなことが書かれています。

これまでの研究では、残念ながらほとんどの免疫療法では有効性(治療効果)が認められていません。現在、臨床での研究で効果が明らかにされている免疫療法は、「がん細胞が免疫にブレーキをかける」仕組みに働きかける免疫チェックポイント阻害剤などの一部の薬に限られ、治療効果が認められるがんの種類も今はまだ限られています。

ということは

免疫チェックポイント阻害剤以外は治療効果は明確じゃない!!

ということなんです。正確にいえばこの表に書かれている免疫療法だけが、治療効果あり、です。

国立がん研究センター・がん対策情報センター長の若尾文彦医師は昨年開催された「第12回がん診療連携拠点病院等の指定に関する検討会」においてこのように述べられています。

がん拠点病院の中にも、先進医療から外れた形で免疫療法を提供している病院がある

この当時と比較すると医療系広告の規制も厳しくなったいるとは思えるのですけど、いまだに「がん免疫療法」をウリとしている医療機関(ほとんどが自費のクリニック)であることに注意が必要です。

今回のノーベル生理学・医学賞受賞に便乗して「ノーベル賞を獲得した免疫療法!!」と大々的に宣伝する限りなくインチキに近いがん治療を行っている自由診療クリニックが出てくることを、真っ当な医学関係者は懸念しているのです。

■追記 すでにがん免疫療法ノーベル賞受賞を利用?したとも思える手法を駆使しているクリニック発見!!

今回のノーベル医学・生理学賞受賞の報道を受けてちゃっかりこんなブログをアップしているがん免疫療法専門クリニックがあるとのご指摘をいただきました。

https://ameblo.jp/sbc-menneki/entry-12409049797.htmlより

共同研究できてよかった、と述べているのは小野薬品の社長でありこのクリニックの医師ではないことにご注意ください。この記事中で

あきらめないがん治療。劇的な効果も期待できる最終手段、NK+オプジーボ+ヤーボイ投与

と書かれています。しかし、

オプジーボ+ヤーボイの併用は日本では悪性黒色腫のみが対象となっています

小野薬品「オプジーボ・ヤーボイ併用療法とは」

このクリニックでトッピングされているNKは多分NK細胞のことだと予想されます。しかし前掲の国立がん研究センターの効果ありとされる免疫療法にこのNK細胞は入っていません。このような医学的な根拠の薄い、治療効果に対しては大きな疑問がある独自の治療が許されているのが残念ながら日本の医療の現状です。

医学は日進月歩です。ひょっとしてこの治療方法が画期的な効果を挙げる可能性がゼロとは言えません。しかしながらまずは標準治療を選択するべきであり、論文ベースでは否定的あるいは論文になっていないような治療方法を選択することが、ベストであるとは言い難いことは知っておいて損はないはずです。

↑ページTOPへ

関連記事

「シニカル・皮肉屋だと3倍認知症なりやすい」という説の証明をドクター・中松に学んだ!!イメージ

「シニカル・皮肉屋だと3倍認知症なりやすい」という説の証明をドクター・中松に学んだ!!

■認知症とはほど遠いドクター・中松の思考回路 人に対する不信感が強いシニカルな思考回路の人ほど認知症になりやすく、死亡率も高いかもしれないかも、という論文を読んでいる最中に「ドクター中松の関係者ですけど」とクリニックに電 […]

ニセ医学に手を出しちゃった「イケダハヤト」さんの弁明が間違っている理由。イメージ

ニセ医学に手を出しちゃった「イケダハヤト」さんの弁明が間違っている理由。

■しっかり死亡者が出ていますよ、ホメオパシーで ネット上の有名人「イケダハヤト」さんがホメオパシーに使われるレメディのアフィリエイトを行なったことが、先日話題になりました。 有名ブロガー「イケダハヤト」さんが、ついにホメ […]

花粉を水に変えるマスク、その効果は医学論文で明らかに・・・なってないよ!!イメージ

花粉を水に変えるマスク、その効果は医学論文で明らかに・・・なってないよ!!

■宣伝しまくりの花粉を水に変えるマスクは疑問符多数 花粉症にお悩みの方が注目しているマスクがあります。派手に宣伝をしているので花粉症じゃない人も目にしたのでは? このマスクの効果を実証したエビデンスとしていつか持ち出され […]

エボラ出血熱、国内で二人目の感染疑い!!「接触感染じゃないとうつらない」という説明で十分か?イメージ

エボラ出血熱、国内で二人目の感染疑い!!「接触感染じゃないとうつらない」という説明で十分か?

■「エボラ出血熱は接触感染で感染が広がります」って言われても具体的にどんなことが接触になるのか? 感染症の感染経路は空気感染・飛沫感染・接触感染の3感染経路がしられています。今回、大騒ぎになっているエボラ出血熱ですが、本 […]

加齢臭の次はミドル脂臭!オッサンの臭い対策はどうすればいい?イメージ

加齢臭の次はミドル脂臭!オッサンの臭い対策はどうすればいい?

■ミドル脂臭という新しい言葉が飛び出してきた 「オッサンは臭い」という定説と言いましょうか、コモンセンスと言いましょうか、そのような批判に晒されている諸君!女子に嫌われない為、家族に嫌われない為に数々の努力を行なってきま […]