五本木クリニック院長ブログ

インスタの反ワクチン界隈がスゴイことになっている件、怖い、怖い。


■片山さつき氏厚生労働相に!!との報道には驚かされましたけど・・・

内閣の改造人事に関して某大新聞社が誤報を流し、医療関係者は奈落の底に一瞬ですが落ちました。

「片山さつき氏が厚労相」は誤り

医療関係者が冷や汗たらりとなった理由は片山さつき氏が反ワクチン活動の急先鋒とも言える某市会議員のことを持ち上げる発言が過去にあったからです。

科学的根拠のない反ワクチンさんが国民の健康をつかさどる厚生労働省の大臣就任なる事態が誤報であったことにほっと一安心(まあ、EM絡みの議員さんが科学技術担当大臣就任もかなりマズイですけどねえ)。

非科学的かつ医学的な根拠に欠ける反ワクチン界隈のご活躍の場がFacebookであったことは知っていたのですが、その活躍の場が今では

反ワクチン派がインスタ方面を賑わしている件を先日知りました

私はなぜかインスタはいじっていませんので、かなりの周回遅れでその事実を知りました。

常々まずは一次ソースを確認するべし、と言っていた私として絡んでいないインスタ界隈の一次ソース確認作業に手間取りはしましたが、

インスタ界隈にはびこる反ワクチン派の感染拡大に怯えてしまいました

例えば

https://www.pintaram.com/u/mee_mama_?uid=5530857475より インスタの場合、引用するときの著作権とか不明かつこのインスタの主が素人さんの場合を考慮してモザイク処理しました(著作権等を侵害している場合は速攻で削除いたします)。

ハッシュタグだらけの文章になんじゃこりゃ状態の私ですが、どうもインスタというものは第三者に見つけてもらうことが一つの目的らしいのでハッシュタグ多用は普通なんですってね。ってっことは「#インフルエンザ予防接種」とか「#HPVワクチン」とか「#ワクチン接種」とかを打ち込むと、反ワクチン派界隈の日々の検索努力によって当然のこととして、

下手にハッシュタグを使うと非科学的かつ医学的根拠のない反ワクチン陣営に引きずり込まれる

ことになっているようです。

■反ワクチン界隈のスター医師「横地先生」って誰だ?

私がインスタ方面で活躍されている反ワクチン界隈のおぞましさを知ったツイッター上でも、いくつかのキーワードで見つけることができた素人さんと思われるインスタにも登場する「小児科専門の横地先生」がどうしても気になります。

この横地先生に関しては、トンデモ界隈ニセ医学系情報はそれなりにこまめにEvernoteに記録している中に確かあったはず・・・ありました、この医師で間違いないと思います。

http://yamabiko.dr-clinic.jp/より この医師は「やまびこDr.の診療日記」というアメブロ(アメブロっていうだけであっち方面のイメージを持つ方も多いかも)、以前からおかしなことを書き連ねていたことがしっかりと私のEvernoteに残されていました。例えば間違いな

トンデモ方面ニセ医学である胎内記憶の伝道者池川明医師の講演会をプッシュしています

「池川明先生講演会 in 山梨」のご案内

集会の自由は憲法で守られるものですから、どんな怪しげな非科学的かつ医学的根拠に欠ける講演会を開催することに難癖をつけるつもりは全くございません。一方で言論の自由も憲法でしっかり守られていますので、トンデモ医師に対する私のブログも詳細な個人情報の暴露等な悪趣味な傾向がない限り、非難されるものでないと判断します。

この池川明医師は先日は第98代内閣総理大臣安倍晋三夫人であらせられるアッキーを招いた講演会に絡んでいたことは以前ブログにしました。

胎内記憶のトンデモ池川医師と安倍昭恵夫人がタッグを組んだ??

トンデモ界隈の方々はなぜこのような有名人や政治家の力を借りようとするのか、その辺りもかなり気にはなりますよね。

■自然派に興味を持つことは否定しないけど、トンデモにはご注意くださいませ

トンデモ方面の医師や料理研究家や美容研究家や管理栄養士さんを批判するブログを書く私に対する院内の風当たりがかなり強くなった時期がありました。

患者さんが減っているのは院長が過激なブログを書くからです!!キーッ

とのスタッフの批判に対して

患者さんが減っているとのデータを示してくださいね

的な返しをする厄介な院長ではありますけど。まあ、ブログに対する診療中の電話にての苦情に対応するスタッフの苦労というか、不快感に対しては・・・ごめんね、苦労をかけて、ですけど(以前はクレーム対応専従とも言えるスタッフがいたのですが、今産休中)。

必要以上に化学物質に対して反応すること等がきっかけで自然派への道をご自分なりに勉強しつつ邁進する方はそれはそれで評価をしますけど・・・ハッシュタグを駆使して検索することによって、どう見ても医学的な根拠のない反ワクチン陣営に引きずり込む手段ってどうなんでしょうねえ。

このようなワクチン拒否派の地味な活動があるからとは言わないけど・・・インフルエンザ・風疹・麻疹はもとよりオーストラリアでは2028年に撲滅できるとさえ言われている子宮頸がんなんて予防できないわけで、地域密着型のクリニックを営んでいる私としては黙ってはいられません。

■反ワクチン陣営の最終目的って何?と素朴な疑問

ワクチンの副反応被害に会われてワクチンの危険性を訴える行為は否定できません。その人が医師であった場合はかなり厄介なことになります。例えば「インフルエンザワクチンは打たないで」の著書のある母里啓子医師。

このかたはめちゃ古い群馬県の医師会が作成した研究である「前橋レボート」を持ち出して、その疫学的研究の間違いを指摘しつつ、インフルエンザワクチンが効果無いどころじゃなくて、副反応の危なさを色々な場所で開催される講演会に招かれて間違った医学知識をご披露しております。

わかりやすく解説します、インフルエンザ予防接種の効果の有効率・・・かなり誤解されています

医師としてワクチンのリスクを拡散することは、ゲスの勘ぐり的には講演会料収入や「先生、先生」と持ち上げられる自己満足以外にも何かあるんじゃ無いでしょうか。そういえば前掲のやまびこDr.の診療日記を書かれている医師って、なぜか布おむつを推奨しているし、アロマについても書かれていますし、もちろんステロイドも忌避していますし、さらには最近は誕生数秘学なるオカルト方面に対しての言質も見られます。

トンデモ医師界隈のビッグショットである「♪」医師の活動が最近聞かれなくなってきました

確かいくつかのSNSがアカウント停止したような記憶あり。まあ、トンデモ医師の世界は人材不足なんてことは無く、次から次とヘンテコな医師が登場する選手層の暑さに驚かされますぜ。

先日ノーベル生理学・医学賞を受賞された本庶佑教授の「科学誌9割はうそ」発言の誤読が多発しています。多分、反ワクチン界隈は

BMJやランセットやニューイングランドがワクチンの有効性を検証した論文を掲載しているけど、9割は嘘なんですよ!!

と勧誘文句をインスタ界隈で多用しているんじゃないでしょうか?怖い、怖い。

↑ページTOPへ

関連記事

2016年インフルエンザは流行するか?ところでタミフルってどうなっちゃったの?電凸しました!!イメージ

2016年インフルエンザは流行するか?ところでタミフルってどうなっちゃったの?電凸しました!!

■予防接種の副作用とインフルエンザ治療薬の副作用について 今年2016年も10月1日より、インフルエンザワクチンの予防接種が開始されました。ワクチン接種というとかならず「インフルエンザのワクチンって効果ないんだぜ」「副作 […]

昔はインフルエンザの予防接種って集団接種だったよね?イメージ

昔はインフルエンザの予防接種って集団接種だったよね?

■集団でワクチン接種はこれだけ効果的!! 以前から感染症のワクチンって自分を守るだけじゃなくて、体質的な理由などでワクチン接種できない人に感染症が移らないという面もあるんだよ、と伝えてきました。予防接種は 1:個人の健康 […]

朝日新聞さま「B型インフルエンザは高熱がでない」はエビデンスがあるのでしょうか?

■今シーズン猛威をふるうインフルエンザ、B型は熱が出ないと巷で噂ですけど本当? 毎年風邪のシーズンになると「今年の風邪はのどに来るのよね~」とか「今年の風邪、ほんとうに咳がしつっこくて」的な会話を耳にします。カルテを見な […]

加湿器はインフルエンザ感染予防に効果があるか?と素朴な疑問

■まずは「インフルエンザは空気感染しないよ!!」が大前提 ヘンテコで不正確な健康医療情報がいまだにネット上にはびこっているようです。例えば「インフルエンザの予防方法:3つの感染経路をおさえよう!」とタイトル書かれている記 […]

花粉症にもインフルエンザにも効果がある「葛根湯(かっこんとう)」・・・エビデンスはあるの??

■市販の漢方薬といえば「葛根湯」・・・本当に効果あるの? 東京周辺では本年は暖冬のためか、2月になってインフルエンザが流行しました。それに伴い一般の風邪の患者さんも増えています。一般的な医療機関が休みである土日に風邪をひ […]