五本木クリニック院長ブログ

不正請求6億円もすごいけど、フィラー注射(ヒアルロン酸)で342万円も凄い!!


■歯科医師の不正な診療報酬6億円も凄いけど、プチ整形で342万円請求も凄い!!

いやー、やる人はやっちゃうのですねえ。保険診療を使った不正請求、それもなんと6億円も不正請求をした歯科医師が逮捕されました。

日経新聞
詐欺容疑で歯科医2人逮捕 不正な診療報酬6億円超か

非常に豪快な不正請求だと思いつつ、他の紙面に目を通していたら

フィラー注射(これヒアルロン酸注入のこと)で342万円請求!!

さらにこのトンデモない超高額ボッタクリ料金を取られた患者さんは

プチ整形と称するフィラー注射によって感染が起きたので訴訟!!

という常識で判断不可能な事件が連続発生していました。

毎日新聞
プチ整形 訴訟相次ぐ フィラー注射、後遺症や痛み 未承認薬使用も

フィラー注射は主にヒアルロン酸をシワを取るための手段として、美容皮膚科で普通に行われる治療であり、手軽なところから「プチ整形」の代表的な治療方法として普及しています。このプチ整形、フィラー注射、つまりヒアルロン酸注射だけで324万円も費用が・・・

こんなボッタクリ的な高額費用じゃあ、全然プチ整形じゃないじゃん!!

ですし、手軽なプチ整形で感染症を引き起こし、それによって後遺症が残ってしまったら大問題ですよね。

なんでこんなトラブルが起きたかを調べて見ました。この高額請求したクリニックはフィラー注射として「アルカミド」という非吸収性の素材を使用していたことに大きな問題があると考えました。

■フィラー注射がプチ整形と言われる所以は気軽に安価に安全にシワ治療ができるからです

フィラー注射によるシワ治療の良い点でもあり悪い点はヒアルロン酸は時間と共に吸収されることなのです。当院の美容部医師はこのように述べています。

半永久的にもつという非吸収性物質を注射するプチ整形は危険です!絶対に注入しないでください!!

正しい医療、安全な美容医療の普及を目指してブログで発信しても、虚しい結果になってしまったようです。私たちの情報発信がこの患者さんに伝わっていたら、

私たちのブログを読んでいたら高額料金プチ整形で感染、訴訟トラブルは起きなかったはず

だと悔しい気持ちでいっぱいです。

私も以前このようなブログを書いています。

美容整形でヒアルロン酸を入れすぎると悲惨なことになります。特に鼻や眼の下は壊死や失明のリスクが。

さらにフィラー注射の注意点としてこのようなブログも書いています。

ヒアルロン酸の効果と副作用を詳しく知ってからご使用ください、失敗しないために!

さらにプチ整形と思って迂闊にヘンテコな美容外科や美容皮膚科を受診してしまうと、医師のいいなりになって用意していた金銭以上の高額な治療費を請求されてしまうことになってしまうようです。しかし、この被害者というか訴訟を起こした方は342万円を持っていたのかなあ、カードだとしてもそんな高額な金額って使えるのかなあ・・・。

■プチ整形するならヒアルロン酸、それも吸収される物質でお願いします

毎日新聞によれば日本形成外科学会の前理事長がこのように述べています。

プチ整形だから安全というのは間違い。フィラーは液状なのでトラブルが起きても除去が難しく、体に吸収されない物質は特に危険だ

このお話は間違いではないのですが、記者さんの勉強不足のためか若干のニュアンスが正確ではありません。

プチ整形だから安全だとは限らない・・・医師の勉強量と技量にかなり左右されます。

フィラーは液状なので除去が難しい・・・吸収される素材であるヒアルロン酸を除去する薬剤があります

体に吸収されないフィラーは危険・・・これは本当に危険です!!

今まだ当院は微力ながら非吸収性のフィラーの危険性を訴えてきました。しかし、大量の広告を出し続ける大手の美容クリニックや心無いリピーターなんて最初から狙ってない一発勝負的な美容系医師の問題行動によって、ぜひ一般の方も手軽に手に入れていただきたい美容系の治療の評判を落としてしまうのです。

悪化が良貨を駆逐する、これはどのような業界でも当てはまる格言だと強く思いました。

こんなボッタクリ美容整形クリニックもありました。

ぼったくり美容外科発見!!切らないフェイスリフトで400万円!!??

医療機関の広告規制が甘かった時代はこんなことになっていました。

美容整形のトラブルが増加!!ネットも含めた医療系広告の落とし穴にご注意を!!追記あり

さらに安売りを強調するあまり、こんな価格で脱毛をするところまで出てくる始末です。

全身脱毛300円!!って脱毛専門エステはどんな料金システムになっているんだ??

美容医療が一般化するに当たって、じゃあどんなクリニックを選べばいいのか、本物を見分ける力が患者さんに要求されている時代でもあります。多くの情報が詰まっているのがネットの世界、インチキがん治療と共にいい加減な美容クリニックのサイトを上位表示できないようなアルゴリズムが組めないものでしょうか、Googleさま、ぜひご検討くださいませ。

↑ページTOPへ

関連記事

NHK絶賛?と称する腸内フローラダイエット。これって本当に効果あるの?

■NHK絶賛、たけしの家庭の医学、バイキングで取り上げられたダイエット方法らしいけど SmartNewsかGunosyをトイレで観ていたら「NHK絶賛????善玉菌を増やして、悪玉菌を減らせば痩せる!?世界的権威の科学雑 […]

匿名医師の実名等をSNSで晒した某議員さん、なんでこんなことしちゃったの???イメージ

匿名医師の実名等をSNSで晒した某議員さん、なんでこんなことしちゃったの???

■SNSで自分の意見を批判する匿名医師のプライバシーを暴露した子宮頸がんワクチン反対派の議員さん 自分のように実名でニセ医学・疑似科学を批判している医師は稀です。理由として勤務医の場合、職場に抗議の電話等が殺到するからで […]

「足がつる」こむら返りを一発で治す方法を見つけました!!検証済みです。イメージ

「足がつる」こむら返りを一発で治す方法を見つけました!!検証済みです。

■原因はさまざまなコムラ返りですが 夜中に突然襲って来る「こむら返り」いわゆる「足がツル」症状の治療法として決定的なものは無いとされています。治療・予防が難しいといわれる医学用語でいうところの「筋クランプ」、正式には「腓 […]

処方箋なしで処方薬を買うことができる「零売(れいばい)」って知っていますか?

処方箋が無くても医療用薬品は買うことができます。 「零売」という専門用語があります。この「れいばい」と呼ばれるシステムを知らないで、処方箋を持っていないと医療用薬品、いわゆる医療機関の処方薬を購入できないと思っている人が […]

悪質クレームの被害No. 1は医療・介護・福祉!!から考える医療機関のクチコミサイトの信頼度。

■最近聞かなくなった悪質クレーマー「モンスターペイシェント」はどこに行った? 東洋経済オンラインで悪質クレームに対して法整備が必要性を訴える記事が目に付きました。悪質なクレームの被害に会うNo.1は私が営んでいる医療だそ […]