五本木クリニック院長ブログ

明治時代から進化していない日本のニキビ治療薬


その名も硫黄カンフルローション

硫黄とカンフルが含まれた保険診療で使用されるニキビの塗り薬です。
硫黄はそのものズバリの硫黄(元素記号S)、殺菌作用と皮膚の軟化作用があります。
温泉に入って皮膚がツルツルする、それと同じです。

温泉

硫黄カンフルローション自体温泉の香り、別の言い方ですと腐ったゆで卵の様な独特の臭いがします。
カンフルとは皮膚の軟化剤です。カンフルとはカンファー(ドイツ語 camphor)から来ている言葉で樟脳の事です。
硫黄カンフルローションはクンメルフェルド液と言われドイツのクメンフェルド医師が明治時代に開発しました。
ドイツ語がつかわれていること自体、今の日本の医学的には古臭い感じがします。
樟脳といっても若い方はご存じないでしょうけど、服をしまっておく時に虫食いを防ぐために昔は多用された
防虫剤・防腐剤の一種です。
樟脳はスッキリした清涼感するメンソールの様な効果があり、消炎効果があるため、
赤く腫れたニキビに効果があるのです。
副作用として飲み込んでしまった場合に神経や筋肉の障害を起こす可能性があります。
明治時代に樟脳は今のアステラス製薬の前身の藤沢薬品の更に前身の藤沢商店から発売されました。

硫黄カンフルローション

抗菌剤も使い方によっては有効です

赤く腫れ、化膿したニキビには抗菌剤が有効です。一番ニキビ治療に使用されるものは「ミノマイシン」です。
抗菌薬としては古典的なもので、耐性菌が出現しにくいとされていますが、
めまい・ふらつきの副作用が出やすいことが知られています。
原因としては血液脳関門(blood brain barrier)を通過するため、直接脳に薬の一部が達するために
この副作用が出やすいのです。
ニキビ治療はどうしても繰り返し症状が出ますので、抗菌剤をいかに短期間の使用に留め、
副作用を少なくしつつ効果を十分に発揮させるために医師のチェックが必要ですから、
あまり長期間の処方はおすすめできません。
塗り薬として使われているのがダラシンとアクアチムです。
ダラシンはクリンダマイシンという抗菌剤が主成分。
アクアチムはナジフロキサシンと言われるチョッと新し目のニューキノロンという抗菌剤に分類されるものが主成分です。抗菌剤は赤く腫れたニキビにしか有効ではありませんので、白ニキビやにきび跡には全く効果はありません。

ディフェリン広告

2008年やっと新薬登場「ディフェリン・ゲル」

ディフェリンってご存知ですか?TVでしきりにニキビの治療はお医者さんで、とやっていましたね。
ディフェリンは処方薬ですので医療機関以外では貰えないお薬だからなのです。
処方薬を広告することは薬事法で禁じられていますから、苦し紛れに考えられた広報手段なのです。
このディフェリンも世界中で当たり前のように使用されていましたが、日本では副作用の問題のため、
保険薬として2008年にやっと採用されました。
ディフェリンはアダパレンというものが主成分でニキビ治療には画期的であり、世界基準のお薬です。

80%の方が使用開始直後から痒みや乾燥の副作用を訴えるディフェリン

せっかく有効な薬なので使用を途中で断念する患者さんが多いのです。
これは作用機序からしては当然の反応ですので、副作用というよりは随伴症状として
医師側が充分に患者さんに説明する責任があると思います。
その必要性があるからこそ医師しか処方できないようになっているのですから。
これをちゃんと患者さんに説明していけば一部で効果自体に疑問を持たれている
硫黄カンフルローションなんて使う必要性が全くなくなるのです。

追記 2015年4月から日本でも過酸化ベンゾイルを主成分とした「ベピオゲル」が保険診療で使用することが可能となりました。 関連エントリー 【朗報】ニキビ治療の新薬「ベピオゲル」保険適用、「BPO 過酸化ベンゾイル」が主成分、世界標準のにきび治療が可能に!! ディフェリンとベピオゲルを組み合わせることで、標準的なニキビの解決が期待できます。

↑ページTOPへ

関連記事

ナースキャップを見かけなくなった理由はこれかも??!!

ナースキャップ感染源説以外の理由はこれかな? 1980年台後半くらいからナースキャップって忙しく動き回る看護師さん(当時は普通は看護婦さん、って呼んでいた)に取って邪魔!!との意見と共に院内感染対策として、菌を撒き散らす […]

やっぱりいました、タトゥーを入れてみました・・・すぐ取りました、って人イメージ

やっぱりいました、タトゥーを入れてみました・・・すぐ取りました、って人

オシャレで気軽に入れてしまうタトゥー 以前ブログで若気の至りで入れてしまった、タトゥーを恋愛、結婚、そして子育てを気にやっぱり除去しようという人が多いって話をご紹介しました(入れてしまったイタいタトゥーを消す方法)。 水 […]

「虫歯を治す歯磨き粉を発明!?」日本人女性歯科医はノーベル賞受賞間違いなし!!??

STAP小保方さんより先にネイチャーに掲載された女性歯科医 小保方さんですが、超能力者の真贋を見分けるため風の環境下でSTAP細胞の再現実験を行なっています。実は小保方さんより以前に「ネイチャー」にノーベル賞級の発見をし […]

ジェネリック医薬品は効果が無く、安かろう悪かろうです・・・これは本当なの?

ジェネリックを厚生労働省は使え!使え!というけれど 最近よく聞く薬の名前で「ジェネリック」があります。このジェネリックは薬の名前では無く、正確な意味は大手薬メーカーが独自に開発した時にもらえる特許が切れてしまった後に製造 […]

鍼灸で使用される「ツボ」ってWHOで決められていたの??でも「経絡」は理解不能です

どうしても理解ができない鍼灸におけるツボの理論 まちのどこにでも見かける鍼灸院、整形外科の治療に満足しないお年寄りの最後の頼みの綱的存在であることは否定できません。健康雑誌などでも「やせるツボ」とか「むくみをとるツボ」な […]