五本木クリニック院長ブログ

毎日新聞「石けんやシャンプーの成分が思春期早発の原因」報道に相乗りしたトンデモさん


■石けんやシャンプーの成分が思春期早発を引き起こす原因だとしても

ネット上をフラフラしていたらトンデモ医学の代表である経皮毒信奉者と思われるヘンテコな記事を見つけてしまいました。それはこれ!!

毎日新聞2018年12月23日 医療プレミアム ヘルスデーニュース「石けんやシャンプーの成分が思春期早発の原因か」より

経皮毒信奉者さん、大喜びの2018年のトンデモ医学記事です

経皮毒で有名なトンデモ医学は

◎羊水からシャンんぷーのにおいがした!!

ってのが有名でこのブログでそのバカバカしさを笑いました。

都市伝説「経皮毒が原因で羊水からシャンプーの臭いがした」・・・ニセ医学です。

シャンプーが原因で羊水からシャンプーの臭いした、なんて話を撒き散らしている方々が信じているのが経皮毒。そんな経皮毒信奉者がこの記事を読んだら、来年2019年のトンデモ業界は経皮毒の恐ろしさを拡散するとともに、経皮毒をデトックスするヘンテコなサプリやヘンテコなグッヅを喜々として販売する恐ろしい年になりそうです。

うかうか「ガキ使」を見ながら家族とのんびり大晦日を過ごす気持ちになりません。毎日新聞の医療プレミアムが記事にした一次ソースである論文を精査してみます。

■石鹸・シャンプーが思春期早発の原因論文、ここがちょっとヘンです

毎日新聞のトンデモと思われる記事の元となった論文は「Association of phthalates, parabens and phenols found in personal care products with pubertal timing in girls and boys」(Human Reproduction, Volume 34, Issue 1, 1 January 2019, Pages 109–117)です。

毎日新聞の記事にも書かれている、フタル酸エステル類やパラベン類、フェノール類が人に悪影響する可能性を否定することは簡単ではありません。これらの内分泌撹乱作用があると考えられているは食べ物を介して体内に入り込み、特にコンビニ弁当に使用されていることを問題視している人もいます。

今回毎日新聞がギョッとする記事を掲載しましたが、一次ソースである論文をよくよく読んでみるとヘンテコな点がいくつかあります。

研究の内容は

●研究対象はカリフォルニア州サリナス・バレーの妊婦さんとその子供

●妊婦さんは妊娠中に2回血液検査を行なってフタル酸エステル類やパラベン類、フェノール類の血中濃度を調べた

●生まれた子供は9才になった時点で尿検査を行なった

その結果

●妊婦さんの90パーセントから問題となった化学物質のどれかが検出された

●妊娠中の問題となる化学物質であるフタル酸エステル類の濃度が2倍になると、子供の隠毛が生える時期が早まっていた

●妊娠中の問題となる化学物質であるトリクロサンの濃度が2倍になると、子供の初経が早まっていた

などです。その結果として

◎フタル酸エステル類やトリクロサンやパラベンの血中濃度が高まると思春期早発が起こる

ということがわかりました。

しかーし!!これって

◎毎日新聞が記事にした石けんやシャンプー、歯磨き粉が原因でこれらの化学物質に暴露されたの??

と私は素朴かつ大きな疑問を抱いたのです。

なぜならカリフォルニア州サリナス・バレーって農業地帯なんです。

カリフォルニア・ウエルカムセンター:サリナスより

◎さらに論文を読む限りこれらの問題となる化学物質が石けんやシャンプー由来なんて断定していないぞ!!

さらにこの研究の対象となった人々はラテン系コミュティで暮らす、ある意味で特異的なグループなので

◎内分泌撹乱物質の原因は農薬の過剰な暴露が一番原因として考えられる

はずです。確かにフタル酸エステルはシャンプーや香水や石鹸に含まれていますし、パラベンもフェノール類も化粧品の防腐剤として使われています。しかし、農業を営んで農薬等に含まれるホルモンに影響を与える可能性のある物質がこのような結果を導いた可能性の方が原因なんじゃないのでしょうか?

■この記事をちゃっかり利用したトンデモさん

毎日新聞のかなり盛った感じの記事ですが、まあ「原因」と断定しないで「原因か」と「か」をつけてつっ込まれないようにガードしているのは流石です(笑)。ところでこんなブログを見つけてしまいました。

https://ameblo.jp/oneness-clinic/entry-12429162732.html

◎なんとここは、がん・難病の専門クリニック!!

このブログのほとんどが毎日新聞医療プレミアムからの引用なのか転載なのか明確な判断は避けますが、パクリ的な内容になっていることに関しては毎日新聞の判断にお任せします。このクリニックが得意としている治療機器というか診断機器は周波数検査(量子波動測定)と周波数療法(AWG)のようです。

◎これって例の波動医療じゃん!!

波動医療というトンデモない代替医療というかニセ医学の拡散力の恐怖!!ニセ医学が標準治療をおびやかす。

標準医学・標準治療からかけ離れたトンデモ医学をご使用になっているクリニックの情報収集能力には頭が下がります。

来年も正しい医療をお伝えしつつ、トンデモ医学を笑いながらブログを書いていく所存です、と言いたいところなんですけど、院内から「院長、趣味のトンデモ医学いじりもたまには許しますけど、ブログ書いても患者さんは増えないですよ!!キーッ」との声もだんだん大きくなっているっぽです。どうすりゃいいんだ、と悩みつつ除夜の鐘を聞く2018年の暮でした。

↑ページTOPへ

関連記事

ジェネリック医薬品は効果が無く、安かろう悪かろうです・・・これは本当なの?

■ジェネリックを厚生労働省は使え!使え!というけれど 最近よく聞く薬の名前で「ジェネリック」があります。このジェネリックは薬の名前では無く、正確な意味は大手薬メーカーが独自に開発した時にもらえる特許が切れてしまった後に製 […]

週刊現代「飲んではいけない薬」シリーズは木を見て森を見ずだ!!イメージ

週刊現代「飲んではいけない薬」シリーズは木を見て森を見ずだ!!

■薬はすべて利益と不利益があるんですけど いやーしつこいしつこい、週刊現代の「飲んではいけない薬」「やってはいけない手術」シリーズ。掻いてあること全部が全部間違いではないし、かといって全面的に信用・信頼して良い記事で埋め […]

過活動膀胱の薬で認知症に!!??やっベー、今までメチャ処方してきた・・・。

国内で810万人いると推定される過活動膀胱、その薬で認知症に!!?? いやー、参りました。近年急増している病気の一つである 過活動膀胱(Overactive bladder 略してOAB)治療薬である抗コリン剤が認知症の […]

ブルーライトが睡眠に影響するなら、日中ブルーライトをカットしたら余計眠れなくなった!!イメージ

ブルーライトが睡眠に影響するなら、日中ブルーライトをカットしたら余計眠れなくなった!!

■ブルーライトの長時間曝露の悪影響は常識です(?)けどね PCやスマフォのディスプレイから発せられるブルーライトが睡眠に関係しているメラトニン分泌のバランスを崩して睡眠障害や肥満などの健康に悪影響を与えていることが広ーく […]

早く風邪を治したい、注射をお願いします!!って言われても・・・。イメージ

早く風邪を治したい、注射をお願いします!!って言われても・・・。

■風邪を一発で治す秘密の治療なんて無いよ!! 風邪症状で来院された患者さんに時々「先生は風邪ひかないんですかあ?」って質問されます。「もちろん、私だけじゃなくて医師でもみなさんと同じように風邪は引きますよ」って返答すると […]