五本木クリニック院長ブログ

病気になった時にどこに相談すれば良いか?信頼できる相談先はここ!!


自分が病気になった時にどこの誰に相談しますか?

私は常に赤の他人から体調の不安を相談され、病気である場合は診断名を付け治療しています。

医師という職業なので当たり前といえば当たり前。

当院を受診する人は、

体調が思わしくない→これは病気の可能性が高い→そのために医療機関を受診する必要がある→どの医療機関を受診すれば自分の体の調子が悪いことを解決できるかを調べる→仕事を休むなど受診する時間を確保する

というかなり面倒な手続きをすることによって、やっとこさ私の診察を受けることになります。

実は今日の今日まで、この煩雑な工程を経ることによって、当院を受診しているということをあまり意識していませんでした。

医師である私としては治療に到るまでの流れは、特に意識していない日常の診察業務ではあるのですが、患者さんにとってはここに到達するまでは長い長い道のりになっています。

健康への不安を感じている人はどの年代の男女問わず半数以上に達しています(日本調剤「ビジネスパーソンの健康に関する意識」より)。

やっぱり体調が悪いとネットを検索する人が多い

自分の病状をネットで調べて、なぜか医療従事者でない人のサイトを読み込んで「ぜひ、この人が書いている治療方法を自宅で試してみよう」と判断してしまう人も多いようです。中には医師であっても、どう考えてもニセ医学を拡散している輩がいますので、そんなサイトに魅了されてしまったら悲惨な結末を迎えるリスクが高くなります。

今回、ご自身の健康状態に不安があった場合、どこの誰に相談することがベストあるいはベターな選択であるかについて、考察してみます。

体調に不安がある、病気かもしれない、じゃあ、どこに相談するか?

なんとなーく調子が悪い、あるいは周囲の人に体調が悪いのではないかと指摘された時にどこの誰に相談するのがいいのでしょうか?あるいはどこの誰に相談することが多いのでしょうか?

厚生労働省「健康意識に関する調査」より

健康に関する情報にどの程度接していますか、との質問に対する回答はこのようになっています。インターネットによって健康情報を得ている人の割合は74.6パーセントにも達していて、かかりつけの医師から健康情報を得ている60.5パーセントを上回っていることがわかります。

体調が思わしくない、健康に不安がある時、かかりつけの医師がいる場合はそれなりに気軽に相談できるでしょうけど、前述のようにかかりつけの医師がいないと仮定した場合は長い長い道のりというか、時間というか、苦労というか、面倒臭い過程が必要となり、

手軽に情報を得ることができるネットを利用している人がめちゃくちゃ多いことが分かります

じゃあ、ネットで見つけた健康に関する情報が信頼できるものであるかを同じ人を対象にして調査したところ、このような結果になっています。

なんとネットで得られた健康に関する情報を55.6パーセントの人が信頼できると回答しています。

このアンケート調査によれば、かかりつけの医師90.7パーセントとかなり高い割合となっていますので、かかりつけの医師は日々の診療においてどれだけ重要な情報源となっているかを再確認する必要がありそうです。

病気の悩みの相談相手がいない

なぜか現在では消え去っている日経ウーマンの「30代女性の3割、病気の悩みの相談相手がいない」とのタイトルの記事があります。画像検索でぼやけたグラフを見ることが可能ですが、それによるとやはり59.6パーセントの人がインターネットで検索していて、家族に相談するの53.5パーセント、病院に行くの33.8パーセントをはるかに上回っています。ちなみに友人に相談するは19.8パーセントとなっています。

医療機関を受診するには、面倒な作業が必要になります。

そんな人にぜひ利用してもらいたい公的なサービスがあります。

病気のことを気軽に相談できる公的なサービス

「ひまわり」という公的なサービスをご存知でしょうか?東京都の場合、東京都福祉保健局が医療機関の案内を365日24時間行なっています。体調が悪い、健康に不安がある、痛い、辛い、そんな場合はひまわりに相談すると適切な医療機関の場所を教えてくれます。電話するのが面倒、電話は苦手、という方はウェブサイトもあります。

東京都医療機関・薬局案内サービス

夜中に急にお腹が痛くなった、子供が転んで怪我をした、おじいちゃんやおばあちゃんの調子がなんか変、そんな急を要する可能性がある場合は「#7119」に相談してみてください。私が知る範囲では、この救急相談センターの存在を知っているのは医療従事者に多く、一般の方では少数派です。

#7119 救急相談センター

このサービスを利用することによって救急車を要請するような急を要する状態なのか、ちょっと様子を見て近くの医療機関を受診すれば良いのか、家庭内である程度の処置ができるのかの判断が可能となり、無駄な救急車の出動を抑制することができます。

さらに深刻な病気である時はどこに相談すれば良いか

がんは今では二人に一人はかかってしまう病気です。ほとんどのがんは即イコール死ではないことは多くの人が知っているとは思います。しかし、命に関わる病気であるためにいくら信頼できるかかりつけ医に相談しても、「ひょっとして、他の治療方法があるのではないか」との疑問を持つのは当然のことだと思います。

がんと診断された場合、私が一番信頼度が高いと判断する相談サービスは「がん相談支援センター」です。がん相談支援センターではがん相談の専門家が様々な疑問に対応してくれます。

がん情報サービス「がん相談支援センターを探す」より

ネットでがんの相談先を検索すると、色々なサイトの広告が現れてきます。それらの中にはある一定の医療機関を紹介することを目的としたものもありますので注意が必要です。

気軽に相談できるかかりつけ医がいないとお困りの方でも、うまくネットを利用することによって適切なアドバイスが受けられることを知っていて損はないと思います。くれぐれも素人あるいは素人ライターの医療情報に惑わされないようにご注意ください。

↑ページTOPへ

関連記事

自閉症の原因は水銀では無い、「キレート治療」で治すことはできません

■自閉症をキレート治療で治すという嘘 自閉症で悩んでいるご両親を対象とした、インチキ医学治療がなされていて、それに対して放送作家であり東京自閉症協会・日本自閉症スペクトラム学会の会員である高橋秀樹さんが猛烈に怒っています […]

「人食いバクテリア」と呼ばれる溶血性連鎖球菌の感染者が急増!!って言っても情報が少ない!!イメージ

「人食いバクテリア」と呼ばれる溶血性連鎖球菌の感染者が急増!!って言っても情報が少ない!!

■人食いバクテリアと言われる理由 溶連菌とかレンサ球菌というのは膀胱炎の原因菌でもあり、私も日常の診療でごくごく普通に付き合っているバイキンです。しかし、今世間の注目を集めている「劇症型溶血性連鎖球菌」は筋肉が壊死して、 […]

代々木公園の蚊が今回のデング熱騒ぎの原因、そこで湧き出て来るデング熱の感染経路への素朴な疑問 追記ありイメージ

代々木公園の蚊が今回のデング熱騒ぎの原因、そこで湧き出て来るデング熱の感染経路への素朴な疑問 追記あり

■まず、デング熱を発症した場合の死亡率 デング熱は東南アジアやハワイでは一般的な感染症です。デング熱=重症化と考えるのは考えものです。70年間ぶりに、日本にいる蚊が原因と考えられる発症者がでたために大きく取り上げられてい […]

トンデモ薬剤師さんの理論背景はやはりニセ医学でした!!イメージ

トンデモ薬剤師さんの理論背景はやはりニセ医学でした!!

■「薬剤師は薬を飲まない」の著者に違和感を感じる理由 薬を飲まないことを推奨している、宇多川久美子の著作について先日もブログに書きました。 医学的根拠の薄い「薬剤師は薬を飲まない」というトンデモ本のヘンな所はここ!! ま […]

オッサンぬか喜び、飲酒で糖尿病を予防しよう!!??

■糖尿病だと間違いなく飲酒を制限されるよね? 糖尿病と診断されて治療している人は300万人以上いると日本では言われています。まず糖尿病あるいは糖尿病予備軍と言われた場合、生活習慣の見直しを行うことが重要です。飲酒をしてい […]