五本木クリニック院長ブログ

大流行、季節はずれのインフルエンザ、その理由はこれ!!??


2009年9月2日朝日新聞「新型インフル拡大 夏休み明けたのに、全国で休校35校」より

2009年のインフルエンザ流行騒動は、今まで流行したことのないH1N1という種類のインフルエンザA型が世界的に蔓延しました。世界中のだーれも今まで感染したことのない種類のインフルエンザであるために、当然免疫を持った人がいない為に大流行しました。

今年2019年の春にインフルエンザが流行る兆候をみせ、メディアが騒がしいようです。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6321181より

季節はずれのインフルエンザ流行に関して、その原因について色々な解説が出回っていますが、いくつか素朴な疑問が浮かんできました。

現在流行中のインフルエンザはB型が多いらしいのですが、B型インフルエンザの場合、症状として熱が出にくいとの話が出回っています。これって本当なのかを昨年検討しました。

大流行中のB型インフルエンザ関連記事、朝日新聞に電凸しました!!その結果は・・・。

インフルエンザの型によって症状に違いがある、この話は多分正しい情報ではないと判断しております。

WHO influenza update より

これを見る限り、北半球が冬であり、南半球が夏であるにも関わらずインフルエンザ感染者は世界中に満遍なく発生していることがわかります。

つまり、インフルエンザの流行は何も冬限定とは限らない、と言えるのでは無いでしょうか?

もう1つ素朴な疑問があります。インフルエンザウイルスは湿気によって活性を失う、だから空気が乾燥する冬の間はなかなか失活しない為に流行する。

インフルエンザに感染しない為に加湿器をバンバン使用するのも、インフルエンザ対策である、と当然のように受け止められています。しかし、これって本当なんでしょうか?

どう見ても空気が乾燥しているとは言い難い国ではインフルエンザは年中発生しているのです。
東南アジアでは雨期にインフルエンザが流行します。こんな論文があります。

PMID:23505366

乾燥する季節に流行するはずのインフルエンザが温帯地域では雨期に蔓延していることが明らかになっています。

となると、冬の乾燥した季節に流行することが常識となっているインフルエンザですが、なぜ温暖な、それもどう見ても乾燥しているとは言い難い雨期に東南アジアでは流行するのか、という素朴な疑問が湧き出てきちゃうのです。

PMID:25893441 )。

日本などの北半球に集中しているいわゆる先進国と亜熱帯地域や南半球の国々では衛生環境や医療に対する知識に違いがあることが予想されます。

インフルエンザの感染経路として飛沫感染と接触感染が知られていますが、冬の乾燥した時期にインフルエンザが流行するのは飛沫感染であり、亜熱帯地方で流行するのは接触感染が主なものである、なんて考え方も可能です。さらにインフルエンザ感染に対する最大の防御策としてのワクチン接種率も国々よって違っています。

猛威をふるった2018年ー2019年の季節性インフルエンザです。暖かくなってきた春であっても、インフルエンザウイルスの残党は日本のどこかに潜んでいます。インフルエンザは冬の間は特に気をつけなければなりませんが、実際は一年中棲息していて、海外旅行あるいは旅行者を通じても感染する可能性があるもの、と捉えていて間違いはありません。

残念ながらインフルエンザワクチンは一般の医療機関では既にすっからかんだと思います。いざインフルエンザに感染してもGW中は10連休の医療機関もあるようです。飛沫感染に対するマスクの予防効果は現時点では明確ではありませんが、手洗いは間違いなく感染症の予防となります。

今シーズンのインフルエンザワクチンの効力は常識的に考えて、4月から5月にかけては期待できません。じゃあ、インフルエンザに罹らないようにするにはどうしたら良いのでしょうか?

先ほど床屋さんで仕入れた話ではGW中に家族4人でハワイに行くとのお客さんの場合、エコノミーなのになんと総額250万円!!とのこと。私は家に引きこもって遅れ遅れになっている書籍の原稿書きに専念する予定です。

↑ページTOPへ

関連記事

大流行中のB型インフルエンザ関連記事、朝日新聞に電凸しました!!その結果は・・・。

健康情報記事なんだからエビデンスはあるのか、電凸しました 私は朝日新聞はデジタル版の有料会員です。Yahoo!!ニュースを斜め読みするだけの読者ではないことを前もってお断りしておきますね。昨日、ちょっと気になる記事を見つ […]

緊急!死亡率66%!?H10N8型の新型インフルエンザだと・・・どこまで拡大するんだ、中国の鳥インフルエンザイメージ

緊急!死亡率66%!?H10N8型の新型インフルエンザだと・・・どこまで拡大するんだ、中国の鳥インフルエンザ

先ほど新型鳥インフルエンザのH7N9インフルエンザについて書いたばっかりなのに 、さらに新型! 新型鳥インフルエンザとして昨年2013年から本年2014年にかけて中国で感染拡大が懸念されているH7N9型について、信頼度の […]

エボラ出血熱も予測可能!?インフルエンザ感染が拡大する様子をお金の流通経路をつかってシミュレーション!!イメージ

エボラ出血熱も予測可能!?インフルエンザ感染が拡大する様子をお金の流通経路をつかってシミュレーション!!

やたらパニックになる人、全く無関心な人に上手く伝える方法 デング熱騒ぎも終息しましたが、今度はエボラ出血熱が世界中に拡散する可能性がでています。これから季節性インフルエンザが流行する時期なのに、一方でインフルエンザの予防 […]

インフルエンザ予防接種をしない人に提案があります。

インフルエンザの予防接種は当然だけど、これを気をつければさらに効果的 近藤誠氏がインフルエンザ流行の季節に「ワクチン副作用の恐怖」(文藝春秋)なんて本を出して、医学界から大顰蹙をかっています。多くの人がこれを信じ込んでし […]

今だから言える検査しないでもインフルエンザを見分ける方法がありますイメージ

今だから言える検査しないでもインフルエンザを見分ける方法があります

2014年も猛威を振るったインフルエンザですが・・・ 今シーズンっていうか2013年から2014年に流行したインフルエンザは少し特徴がありました。A型のインフルエンザが流行する時期にあのノロウイルスが流行した為に、ノロウ […]