五本木クリニック院長ブログ

ベーコンは一切れでも大腸がんのリスクが高まる説は本当か?


赤肉や加工肉が体に良くないのは、半ば常識化されていますが・・・

私は子供の時から熱烈なベーコン愛好者であり、死んだらベーコンを棺の中に入れるとさえ家族に言われています。しかし、近年ベーコンを含む加工肉はどうも健康に良くない、寿命を縮める、癌のリスクが高まる等の話が出回っており、心休まらない日々を送っています。

過度なベーコン愛ゆえにこんなブログを以前書いて多方面から怒られました(一部の熱狂的なベーコン愛好家からは絶賛)。

朗報!!ベーコンを食べると寿命が延びる!!??という説のウソ・ホント

先日こんな記事を見かけてBBCの日本版を運営している責任者に大抗議を行おうかと思っています。

https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-47958146より

ベーコンをたった一切れ食べたくらいで大腸がんのリスクが高まってたまるか!!(涙目)。BBCの英語版ではこのようになっています。

https://www.bbc.com/

あのねえ、日本語BBCの係りの人、「A rasher of bacon a day」がなんで「ベーコン1切れでも」になるのよ!!??

BBCのニュースを日本語に訳している人に大クレームをつけようと鼻息バフバフなのですが、今年の私の目標はトラブル回避・無用な敵を作らない、でした。そこでもう一度日本語版および英語版のBBCのベーコン健康に悪い記事をじっくり読み込んでみました。

BBC様、トンデモさんは量の概念に乏しい、が定説です

食品添加物とかに必要以上に反応してしまうトンデモさんの特徴として量の概念に乏しいことが挙げられます。今回英文のベーコンが大腸がんのリスクを高めるとの記事は「大量のベーコン」であり、それなりに納得できないわけではないですが、日本語の記事の「ベーコン一切れでも」にはカチーンと来てしまいます。

ベーコンを一切れしか食べていない人に比べて、3切れを毎日食べていると大腸がんになるリスクが20パーセント高まる、と内容の記事は今までに加工肉が健康に良くないとの多数の医学論文が出ていますので、それなりにリスクが摂取量に比例するするんだろうねえ、と受け止められます。

しかし、BBC日本語版にあるこの文章の裏付けはどこにあるのでしょうか。

キャンサー・リサーチUKによると、イギリスで毎年診断される大腸がん4万1804件のうち5400件は、患者が一切加工肉を食べなければ防げ得たものだという。

英語版ではこのように書かれています。

Cancer Research UK (CRUK) says 5,400 of the 41,804 cases of bowel cancer seen each year in the UK could be prevented if people did not eat processed meat at all.

そこで早速キャンサー・リサーチUKの一次ソースを調べてみました。多分これが元ネタです。

「Bacon, salami and sausages: how does processed meat cause cancer and how much matters?」

https://scienceblog.cancerresearchuk.org/

ここではベーコン一切れで大腸がんのリスクが高まることについて、このように書かれています。

The latest study looked at even smaller amounts and found an increased risk starting at just 25 grams of processed meat a day, the equivalent of one rasher of bacon.

1日25グラムの加工肉であっても大腸がんのリスクは高まる、この25グラムの加工肉はベーコン一切れに相当する。だから、ベーコン一切れであっても大腸がんのリスクが増加する、という論法のようです。

加工肉といってもベーコンだけじゃなくて、ソーセージやハムも含まれるじゃん、とベーコン偏愛ゆえに嫌な絡み方をしてしまう私ですが、どうやらやっぱりベーコンは体に悪いっぽいです(涙)。

ベーコンを含む加工肉の何が原因となって大腸がんのリスクを高めるのか?

ベーコンを偏愛することは大腸がんになる危険を含み健康には良くないことに、やっと納得がいきました。10連休にBBCニュースを日本語に翻訳している係りの人のところに乱入して大恥を書かないで済んだのも、今年の抱負である「敵を作らない、無用なトラブルを回避する」を守ったおかげのようです。

そもそも加工肉が健康に悪いとの話の根拠となっているのは、製造過程で防腐剤として使用される硝酸カリウムや亜硝酸ナトリウム、肉を高温で調理した場合に生ずるアミンなどの影響だとされています。

こんなデータがあります。日本人のベーコン消費量を都道府県別ランキングにしたものです。

https://region-case.com/rank-h29-bacon/より

ベーコン消費量がトップの千葉県でさえ、1日に食べるベーコンの量は0.1枚にも達していません。英国の研究によると25グラムの加工肉がベーコン1枚分に相当するために、ベーコン一枚でも大腸がんのリスクが上昇するとの話の流れになっています。

たった0.1切れのベーコンで大腸がんのリスクが上昇!!って論文が出るまでは、私はベーコンLOVEを取り消す予定は今のところありません。

↑ページTOPへ

関連記事

胃の検査でバリウム飲んでいる医師がいたら手を上げて!!イメージ

胃の検査でバリウム飲んでいる医師がいたら手を上げて!!

■胃の検査でなぜ未だにバリウムを飲むのか?という素朴な疑問 胃がんの検診あるいは健康診断で未だにバリウムを飲ませているところがあります。人間ドックでも若干バリウムによる胃のチェックを行っているところも見受けられますが、バ […]

「ホクロが多いと乳がんになりやすい」って話があるけど・・・原因と結果ではありません!!イメージ

「ホクロが多いと乳がんになりやすい」って話があるけど・・・原因と結果ではありません!!

■ホクロと乳がんの関係 「乳がん」と食べ物、生活習慣にどのように影響しているのか世界中の医学研究者が調査を行っています。今回、「ホクロの数と乳がん」は密接な関係があるんじゃない、という研究報告を見つけました。以前、「ほく […]

とうとうやっちまった!!??例の「ブロリコ」のアフィリエイト広告。「がんは治る」は速攻でアウト!!

■特許取得、医学界の権威が推奨する東大が発見したサプリ「ブロリコ」、でもねえ・・・ いくら体に良いと考えられているサプリメントであっても、広告で効果効能を書いてしまうことは、薬機法等の法律に違反します。 そこで編み出され […]

小林製薬さま、これはちょっとやり過ぎなのではないでしょうか?

■抜群のネーミングセンスと広告手法を誇る小林製薬 傷跡を目立たなくさせる「アットノン」、シミを消すように思わせる「ケシミン」、お腹のガスを抑える「ガスピタン」、胃酸の逆流を抑える「ギャクリア」などの効果・効能をイメージさ […]

【第二弾】どうした「週刊現代」、デメリットが大きいと名医が断言する手術!!??

■がんの免疫療法はインチキだ!!と言っていた週刊現代ですが・・・ どうした「週刊現代」の第二弾です。がんに対する標準治療と名前は似ているけど、実際上のところトンデモ医学とも言える自由診療クリニックによる「がん免疫療法」、 […]