五本木クリニック院長ブログ

2キロの便秘が原因で下半身麻痺!!??ヘタすりゃ多臓器不全で死の可能性も。


便秘が原因で生命が脅かされることがあるのだろうか?

ダイエット業界で使用される「宿便」という用語の怪しさについて、以前こんなブログを書きました。

宿便ってなんだろう、本当に万病のもとなんだろうか?医学用語だって混乱

宿便、宿便といって大量の便が排出されたとしても、それによって体重が減少したとしても数百グラム程度だろうなあ、と以前から考えていたのですが、私の考えは間違っていました。

なんと

腸に詰まっていた便の総量が2キログラム!!

との症例報告を発見してしまったのです。

さらに、便秘くらいで死に至ることなんて通常ありえないよ、と考えてきたのも大間違い。

自分の医学知識の至らなさを反省しつつ、2キログラムにも及ぶ便秘が原因で生命さえ危うくなった人と記憶喪失になった人の原因と結果について述べさせていただきます。

生命の脅かす腹部コンパートメント症候群と便秘の関係

なんとなーく医学誌をパラパラめくっていて、「abdominal compartment syndrome」という病名が目に入ってきました。これはなんだろう、と調べてみると日本語では「腹部コンパートメント症候群」と呼ばれているようです(この用語、本当に今まで全く記憶になく、知らなかったです)。

お腹の病気や症状を舐めてかかると痛い目に会うことは、医師の間では常識です。この「abdominal compartment syndrome」というキーワードと便秘の英訳「constipation」や「case report」とかを組み合わせてネット検索をしてみると、出てくるわ、出てくる、世界中の便秘を拗らせたと思われる症例の論文が・・・。

その中でこんな論文を見つけました。「Massive faecal impaction leading to abdominal compartment syndrome and acute lower limb ischaemia」(BMJ case report)、これフルテキストで読むと27.60ユーロもかかってしまうので、この論文関連の記事を探したところ見つかったのがこれ!!

この写真の元ネタは例の英国の東スポとも呼ばれている「The Sun」、医学情報ブログとしては症例写真としてアップすることによって、品位品質が問われそうだけど・・・。

この記事の一次ソースとなった前掲のBMJによれば腹部コンパーメント症候群によって動脈の閉塞や生命を脅かす腎障害になってしまった57才の男性が開腹手術をしたところ、なんと2キログラムの大便が摘出されたそうです。画像の黒い部分が原因不明で詰まってしまった大便です。

一回の排便量は大体200グラム程度と考えられていますので、10回分のウンチが腸内に溜まっていたようです(これを宿便と呼ぶかは別問題だよ)。

腹部コンパーメント症候群とは

便秘、あるいは宿便(?)イコール腹部コンパーメント症候群ではありません。腹部コンパーメント症候群とは

腹腔内大量出血,後腹膜血腫,腸管浮腫などによって腹腔内圧が上昇することで呼吸・循環障害を生じる病態の総称。

日本救急医学会サイトより

なんらかの原因よってお腹の中の圧力が高まって、関連する臓器に障害が起きる総称が腹部コンぱーメント症候群の定義です(っていうか、今回の件で調べて知りましたけど)。

内臓の血液循環不全の原因が2キロにも及ぶ腸管に詰まった大便だったのが、今回の症例報告です。

宿便を排出することによってダイエットは可能か?

ネット広告やテレビのCMや雑誌広告で見かけるダイエットサプリの多くは、腸内に働きかけてぽっこりお腹をスッキリさせることのよって、体重が減少してダイエット効果あり、というロジックがほとんどです。

しかし、今回のBMJのケースレポートにあったように、数キロにも及ぶ大便が体内に滞ってしまった場合、腹部コンパーメント症候群という緊急治療・緊急手術が必要な重篤な病状になっている可能性があります。

ダイエット効果が発揮されるくらい大便が腸内に溜まっているなら、サプリなんか注文しないで、さっさと医療機関を受診するべき!!

と私は判断します。

「和麹づくしの雑穀生酵素」(https://marvelousgirl.xyz/2019/02/28/wakouji_22/?_zucks_suid=MTU4MDZhMTMzY2I0ZTEzZTM5YjlmNjZmYTIxZjI3ZTMyYTQyMWY0NQという長いURLはなんでだ?)。

ダイエット食品によって5キロ以上も減量が可能な人は腹部コンパーメント症候群の危険性は無いのでしょうか?

2キロの大便が詰まってしまって、命に関わる稀なケースとして権威ある医学専門誌に掲載されるくらいなんですから、このダイエット食品のダイエット成功症例(?)はぜひ医学専門誌に報告をお願いできれば、なんてことを考えてしまいます。

↑ページTOPへ

関連記事

「美容と健康の為の食べ物」・・・女性向け情報サイトを真に受けると、どうなっちゃうの??イメージ

「美容と健康の為の食べ物」・・・女性向け情報サイトを真に受けると、どうなっちゃうの??

■美容と健康の為になになにを積極的に食べよう!!を全て実践すると・・・ 職業柄現在の女性がどんなことに関心を持っているのか、常に情報収集に勤めています(それでも情報が十分入ってこないところがオッサンの悲しい点ですけど 涙 […]

サウナは寿命をのばす効果がある!!回数と時間に注意も必要です。イメージ

サウナは寿命をのばす効果がある!!回数と時間に注意も必要です。

■サウナは健康に良さそうだけど、危険もありそうな気もするけど・・・ サウナって以前はオッサンが二日酔いから脱出するために利用していたイメージがあります。今では健康ブームやフィットネスクラブの普及によって女性でもサウナファ […]

ネタ切れ感がただよう「週刊現代」の医療批判記事・・・ついにこんな低レベルになってしまった(笑)イメージ

ネタ切れ感がただよう「週刊現代」の医療批判記事・・・ついにこんな低レベルになってしまった(笑)

■いっときは医療現場に混乱を招いた週刊現代「飲んではいけない薬」シリーズ・・・そろそろ終焉のかおりが。 週刊現代が「飲むと危険な薬」とか「飲んではいけない薬」など雑な内容を繰り返し掲載していました。普通、週刊誌レベルが騒 […]

次々と新しいダイエット方法がでてくるワケ・・・人気ダイエット法は1年経つと効果が無くなるからなんだって!!イメージ

次々と新しいダイエット方法がでてくるワケ・・・人気ダイエット法は1年経つと効果が無くなるからなんだって!!

■人気のダイエット法って短期では効果があっても、長期的な効果は無い 人間が生命を維持するための食事の心配をしなくなったとたんに、食べ過ぎによる肥満という問題が発生してきてしまいました。日本でも肥満は生活習慣病のリスクであ […]

「うつ病」は心の病気ではなく、「脳の病気」と考えた方がいいかも。イメージ

「うつ病」は心の病気ではなく、「脳の病気」と考えた方がいいかも。

■年々増加する「うつ病」を心の病と考える時代は過去のもの? うつ病は様々な要因によって発症する病気です。要因として性格・環境・社会環境・ストレス、それと残念ながら遺伝的要素も挙げられています。 うつ病は厚生労働省のサイト […]