五本木クリニック院長ブログ

人はどれだけ権威に弱いか。白衣・医師・大学教授、最上位は米国の大学教授かな?


人は権威に弱いもの、それを利用した手のこんだ広告があります

人は権威に弱いものである、その考え方をしっかと取り入れて広告手法に利用していのが、医療系の広告です。一般の方に馴染み深い健康関連グッヅといえば、なんて言っても健康食品(サプリメント)ではないでしょうか?最近では機能性化粧品と呼ばれる化粧品も多くの会社から販売されており、それらを売るために方法として権威が利用されています。

サプリメントや化粧品の効果効能を広告で訴求することは、法律によってかなり厳しく規制されているために、

医師が推薦しているダイエットサプリだから、信頼できるし効果も期待できる?

食べても食べても太ることができない、というような表現をとったダイエットサプリがあります。


https://el-far.com/bisera_6/より

通常ダイエットといえば、頭に思うかぶのは食事制限。この食事制限がキツイためにダイエットに挑戦するも、継続できないでダイエット失敗という人が多いようです。

そこでこのダイエットサプリは好きなだけ食べてもダイエット、つまり体重を落とすことができますよ、と優しくおいでおいでしてくれています。

医師が推奨するサプリなんだから間違いない、は多分間違い

このダイエットサプリは医師が推奨する、ということが大事な大事なセールストークのようです。実際にこのような形で医師が顔写真入りで登場しています。

医学的にも医師が推奨している方法だったのです、って書かれてますが、この文章かなり変ですね。医師が推奨している方法ならわかります。医学的に推奨している方法でもわかります。医学的に効果があると医師が推奨している、ってことを言いたかったのかなあ。

さらに肩書きに「院長」とあります。普通、私の場合は「五本木クリニック院長」との肩書きがつきますが、所属病院の名称をすっ飛ばした「院長」も肩書きになるんでしょうね。個人的にはトンデモ医学の分子栄養学に魅了されてしまいます笑。

白衣を着用した、綺麗な女医さん、それもどっかの院長が医学的に推奨しているダイエット方法なのですから、信じちゃう人は信じてしまいます。

腸内フローラの権威、ジェフリー・ゴードン博士は実在の人物ですけど、この画像の人は赤の他人!!

腸内細菌が肥満に関連していることの研究は世界中で行われているのは事実です。デブ菌とかヤセ菌とか勝手に名前をつけて、デブ菌が多いと太りやすくヤセにくい、なんて感じの理論(?)を訴えている医療関係者もいます。

ここで腸内細菌(腸内フローラ)の権威であるワシントン大学のジェフリー・ゴードン博士が登場します。

白衣を着用したちょっと男前の研究者ジェフリー・ゴードン博士・・・この方って誰!!??

慶應大学が慶應医学賞という名誉ある賞を国内外から活躍が期待できる研究者に贈っています。2015年には米国ワシントン大学のゲノムサイエンス&システム生物学センターのジェフリーI.ゴードン教授にこの賞は送られています。

慶應義塾サイトより(https://www.keio.ac.jp/ja/news/2015/osa3qr0000018ni7.html)。


https://medicine.wustl.edu/news/gordon-receives-luminary-award/より

そういえば海外の医師の動画に勝手に日本語のテロップをくっつけたインチキ広告があり、NHKでその件が取り上げられました。

医師がオススメするダイエットサプリ??こんなインチキ広告に騙されてはダメ!!

私はこのダイエットサプリは効果がないよ、と言っているわけでない点にご注意ください

権威をうまく利用した広告手法について私は意見というか感想を述べているわけではないないことにご注意ください。この広告には成功例と思われるビフォーアフターの写真が多数掲載されています。

成功例がインチキ画像とはいいませんが、成功した人がいたとしてもあくまで n=1 の症例報告レベルであり、医学的なエビデンスレベルとしてはかなり低いものになります。

そういえば成功例の写真を使い回したダイエット関連広告がありました。

体験談「個人の感想です」が規制される理由、さすがにこれはマズイでしょ!!

成功例がぞを多数の施設が自分のと頃の症例として使用したのです。

酪酸菌を食べればヤセ菌である善玉菌が増えるのか、これについては甚だ疑問があります。さらに短鎖脂肪酸が即効で脂肪を分解するのかも疑問があります(どこの脂肪を分解するんだ?)。さらに薬には適応量があり、二倍服用したからと二倍効果があるわけではありません。このサプリはなんと善玉菌を1兆個配合しているそうで(どうやって数を数えたんだ?)、それゆえに他のダイエットサプリと比較して圧倒的に効果を実感した人が増えたそーです。

手のサプリはなんでいつも、「大好評につき在庫があとわずか」なんだろう?

この手のサプリにお約束的な常套句があります。大好評につき在庫が非常に少ない、お申し込みはお早めに!!ってやつです。何種類かのサプリのこの常套句を定点観測したことがあるのですが、常に大好評につきお早めに状態です。中には在庫はあと何個です!!なんて表示が現れる大変親切な広告もあります。

医師の方、患者さんがサプリ等に関して多くはネット広告を参考にして購入していて、さらにどう見てもインチキ臭い権威を利用している手法が珍しくありません。

医師が、「そのサプリじゃあ効果ないんじゃないの?」なんて質問しようものなら、こんな反撃を食うことは火を見るよりも明らかです。「アメリカの大学病院の教授が推奨しているのを先生知らないの、キーッ」。

推奨しているは日本の開業医、米国の大学教授はただメカニズムを説明しているだけなんだけどなあ・・・ニセモノだけど。

↑ページTOPへ

関連記事

告白します、実はインフルエンザワクチンの効果が弱まっていましたイメージ

告白します、実はインフルエンザワクチンの効果が弱まっていました

ワクチン推進派として痛いデータ 積極的にインフルエンザワクチン等の摂取を推進している私ですが、ここで告白します。2012年から2013年のシーズン、つまり一昨年のインフルエンザワクチンはイマイチでした。現時点でエポラ出血 […]

カッとなる敵意むき出しの「怒りやすい性格」だと、脳卒中を起こすことがハッキリ証明されました!!イメージ

カッとなる敵意むき出しの「怒りやすい性格」だと、脳卒中を起こすことがハッキリ証明されました!!

カッとなる性格だと脳の血管が切れるイメージありますが、本当でした。 漫画でオッサンが怒っている場面だとこめかみ辺りの血管が浮き出ている描写をつかいますよね(サザエさんの波平さんが典型か?)。興奮すると血圧が上がって脳の血 […]

花粉症にもインフルエンザにも効果がある「葛根湯(かっこんとう)」・・・エビデンスはあるの??

市販の漢方薬といえば「葛根湯」・・・本当に効果あるの? 東京周辺では本年は暖冬のためか、2月になってインフルエンザが流行しました。それに伴い一般の風邪の患者さんも増えています。一般的な医療機関が休みである土日に風邪をひい […]

スカイツリーからの電磁波が不妊症やがんの原因!!??東京の酸素濃度は13パーセント??

脳科学者が唱える電磁波の恐怖!!?? 医学が進歩しても、人間の脳についてはまだまだわからないことだらけ。そんな脳の不思議な作用や仕組みをマスメディアで面白おかしく教えてくれる人たちは「脳科学者」と呼ばれています。初めて脳 […]

波動医療というトンデモない代替医療というかニセ医学の拡散力の恐怖!!ニセ医学が標準治療をおびやかす。

波動医療とは・・・代替医療では無く、全くのインチキです 先日の連休中に「波動医療と呼ばれて」(PRA臨床応用研究会 出版部 著者 堀尾保次・中村元信)という頭の芯から痺れがくるトンデモ系の疑似医療の本を読んでいたところ、 […]