五本木クリニック院長ブログ

あの、伊勢崎市会議員のトンデモ伊藤純子氏に喧嘩を売られたっぽい。


あの伊勢崎市のトンデモ市会議員さんに「とやら」と見下された私ですが

私は産婦人科を専門とはしていません。医学を学んだものであれば、常識的にワクチンの効果に関しては、効果あり、と大多数は判断するはずです。

副反応がメディアを賑わした子宮頸がんワクチン(正式にはヒトパピローマウイルスワクチン 略してHPVワクチン)の効果も医学的には認められています。

しかし、伊勢崎市の市会議員である伊藤純子氏はとにかく子宮頚がん予防ワクチンの定期接種に、断固、反対しています。

https://twitter.com/110junkoito/status/1189809201930915840より

ここで「とやら」と見下されているのは、当然私でございますね(苦笑)。これって、喧嘩を売られた、って解釈でよろしいでしょうか?

基本的にはスタッフを怒鳴ったこともないし、世の中では割と温厚との評価を受けている私ですが、やっぱりちょっとは「カチン」ときました。

ダニング=クルーガー効果だけじゃなく、バックファイア効果にどっぷり浸ったトンデモ市会議員さんがどのように変なのかを解説してみます

なお、Twitterの場合、スクショを使用するのは推奨される引用方法ではないと考えていますが、どうも伊藤純子市会議員はスクショを多用しているため、私も今回は時々URLを添えながら時々使用しますことをご理解くださいませ。

追記 タイトルで「伊藤順子」としてしまいました。正しくは「純子」さんです。

伊勢崎市の伊藤純子市会議員はなぜ子宮頸がんワクチンに断固と反対するのでしょうか?

Twitterでヘンテコな事ばかり述べている伊藤純子市会議員ですが、短文で書かざる得ないTwitterだと真意が測れないと思って、Facebookをのぞいて見ました。

伊藤純子です。ツイッターが炎上し、毎度、お騒がせしております。また、いつも冷静に物事を見極める能力をお持ちなFBF各位に、この場をお借りして、説明させていただきたいと思います。みなさんもご存知のとおり、「子宮頚がんワクチン」の問題です。...

伊藤 純子さんの投稿 2019年10月25日金曜日

まず、伊藤純子市会議員はTwitterと比較して、Facebookのご自身のフォロワーは冷静に物事を見極める能力があるとの前置きを書かれています。

ちなみに、トンデモ案件ウォッチャーとしての私のFacebookへの評価は「トンデモさんが跋扈するソーシャルサイト、インスタよりはまだマシか」です。

インフルエンザや天然痘とは違い、感染はするも、実に99.9%の人は自然に排除され、がんにはなっていません。

伊藤純子 facebook

これはある意味で正しいですが、数を考えてみるとかなり多くの方がHPVに感染して、子宮頸がんを発症することになります。99.9%ががんにならないなら、0.1%はがんになります。

1000人の女性がいたら1人は子宮頸がんになることを踏まえて考えてみましょう。

日本人の人口は令和元年10月1日現在、1億2614万人です(総務省統計局 人口推移より https://www.stat.go.jp/data/jinsui/new.html)。ざっくり半分を女性とすると6307万人、年齢とかは考慮しないでこの方達が全員一度はHPVに感染すると仮定すると

6307万×0.1%=6万3070人が子宮頸がんになってしまう計算になります

この子宮頸がんの大きな原因がヒトパピローマウイルスと考えられていますので(この市議さんは違うらしい。詳細は後述)、これを防げるHPVワクチン接種に対して断固反対する理由は疫学的なデータをもとにした判断とは言えません。

実際の子宮頸がん罹患率はこのようになっています。

国立がん研究センターがん情報サービス「最新がん統計」https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.htmlの子宮頸部のがんのデータベースより

そして、子宮頸がんで死亡する方の年齢別分布はこのようになっています。

国立がん研究センターがん情報サービス「最新がん統計」より

産婦人科学会のサイトによれば、年間約1万人が子宮頸がんと診断され、年間約2900人の方が命を落としています。

http://www.jsog.or.jp/modules/jsogpolicy/index.php?content_id=4より

伊勢崎市のサイト(https://www.city.isesaki.lg.jp/shisei/isesaki/profile/4400.html)によれば人口は約22万8800人、半分が女性だと仮定するとフェルミ推定的にざっくり計算してみると

99.9パーセントが自然に排出されるHPVだとしても、

11万4400人×0.1%=114人の方が子宮頸がんになっている、あるいは将来なる可能性があります

伊勢崎市選出の市会議員さんとしては、この数字はあまり気にならないのでしょうか?

ここまでの子宮頸がんになる可能性の計算は本当にざっくりですから、年齢等は考慮していませんし、あくまでの目安です。この辺りの詳細な計算は統計学の専門家のご意見を尊重してくださいね。

これだけの子宮頸がんの患者さんの原因であるHPVワクチンになぜ断固と反対するのかワケがわかりません。

副反応が起きてしまった場合の救済体制が整備されていない、との話の根拠を教えてください

前掲のFacebookでこのようなことを書かれています。

副作用被害者の救済、治療体制が整備されていない状態でのワクチン勧奨に、私は断固、反対です。

伊藤純子 facebook

これはあり得ないのではないでしょうか?

HPVワクチンの予想以上の副反応に対して、各自治体は救済体制をとっています。例えば予防接種健康被害救済制度の仕組みはこのようになっています。

厚生労働省「予防接種健康被害救済制度」(https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou20/kenkouhigai_kyusai/)より

給付の内容もこのようになっています。

実際に副反応被害を受けた方にとっては満足のいかない内容であったとしても、救済制度の体制はできています。

確かに行政の対応が後手後手になったのは事実です。また副反応に苦しむ方に対する心ない発言が当時あったことも事実です。しかし、現時点で、できる限りの対応は国や自治体はしているように思えます。

ひょっとしたら、伊勢崎市の医療行政になんらかの問題があったのであれば、伊藤市議は具体的に信頼できるエビデンスなりうる情報やソースを提示すれば、問題提起を上手く多くの人に知らせることができると思います。もしも副反応被害者の方々があまりにもひどい扱いを受けてしまっていたのであれば、堂々と公表をするべきです。

例えば、この症例を提示されたらいがかでしょうか↓

4才以下の子供が子宮頸がんで亡くなった症例をご提示ください

伊藤純子市会議員は前述のFacebookでこのようなことを述べています。

性交によるヒトパピローマウイルスの感染だけが原因で子宮頚がんになるのだとしたら、4歳以下の子供が子宮頚がんで亡くなっている事実をどう説明できると言うのでしょうか?

伊藤純子 facebook

これが事実であったとしたら、医学界はパニックになります。

私は様々なキーワードを使って4歳以下の子供が子宮頸がんで亡くなった事例を内外問わず探しまくりましたが、検索能力が至らないのか、発見できません。こんな特殊な症例が仮にあったとしたら、間違いなく難しい論文でなくても、地方会レベルであったとしても報告されているはずです。

悪魔の証明的に考えると、今まで伊藤純子市会議員を批判してきた医師を黙らせるには、

4才以下の子供が子宮頸がんで死亡したことを明らかにした一次ソースを提示すれば良いだけなんです

ぜひぜひ勉強不足の医師たちをギャフンと言わせてくださいね。

タミフルをグラクソは販売していないけど

伊藤純子市会議員は信頼できるフォロワーがいると信じているFacebookの他の投稿でこんなことを述べています。

伊藤純子です。「子宮頚がんワクチン」の見解をめぐり、ツイッター上で炎上している件、自宅や事務所には一切ないのですが、市議会の事務局に抗議の電話やメールが寄せられているようです。殆どが匿名なので、特に何もしていないようですが、私のツイッターに...

伊藤 純子さんの投稿 2019年10月27日日曜日

そこにはこんな単純な間違いが記載されています。

タミフルを販売していたのはスイスに本社があるロッシュであり、日本では中外製薬が販売元になっていました。HPVワクチンをグラクソは販売していますが、

グラクソはタミフルとは全く関係なく、この陰謀論的な話は成り立たないことになります

どうも伊藤純子市会議員は一次ソースを確認するという習慣が無いのかもしれませんね。

伊藤純子市会議員がそもそも言いたいことはこれらしいけど

伊藤純子市会議員はこのようにご自分のお考えを明確に述べています。

https://twitter.com/110junkoito/status/1189381051207913473より

彼女の論点は「あくまで子宮頚がんワクチンが必要か」とのことです。そう言えば、こんなことを述べていましたっけ。

https://twitter.com/110junkoito/status/1187256669782212614より

子宮がん検診を行っていれば、子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)接種は必要ない、というロジックですよね、それ以外の解釈が出来る場合はお知らせください。

私はこんなに優しく注意喚起をしているのですよ。

https://twitter.com/kuwamitsuosamu/status/1187548358681825281より

ちょっと嫌らしい言い回しだったかも。

とにかく子宮頸がん対策はまずはHPVワクチン接種であり、その後も検診もマスト事項であることに対して、日本だけでなく世界中が揺らぐことはありませんし、揺らいでではなりません。

そもそも、伊藤純子市会議員のヘンテコなご意見への私の批判はここから始まりました

各地に悲惨な被害をもたらした台風で、昨年と本年に訪れた八ッ場ダムのことを調べていたら、伊勢崎市の伊藤純子市会議員が八ッ場ダムの功績を称えたツイートにぶち当たり、この方の存在を知りました。

その後、伊藤純子市議とのHPVワクチンをめぐる不毛なやりとりが、TLに大量に流れ込んできました。伊藤純子市会議員と遣り合っている人のほとんどが、医師で特に産婦人科を専門とする先生が目立ちました。

伊藤純子市会議員のツイートを見てみると、とにかくヘンテコなご意見が多く、医学的な知識もなさそうな変な人と見過ごしていたのですが、このツイートを見た私は怒ってこんなツイートをしました。

「おい!!」とちょっと乱暴な声かけをしてしまったのは良くなかったと反省していますけど、この伊藤純子市会議員の発言を読んだ多くの医療関係者は怒りを抑えるのに苦労したでしょうし、

闘病中のがん患者さん、がんサバイバーの方、がん患者さんのご家族は怒りと共に悔し涙を流されたと思います

まだまだ伝えたいことは山盛りあるのですが、どうも伊藤純子市会議員はまともな文献をお読みになっていない様子なので、もし万が一目に入ってくれれば良いなあ、とほのかな期待を寄せながらブログにしました。

ちなみに産婦人科医のきゅーさんはこんな感じのメールを伊藤純子議員に出したようですが、長文のためか返信はもらえていないようです。

伊藤純子議員があんまり酷いから、伊勢崎市議会にメールしちゃったよ

きゅーさん先生、返事がきたらぜひ教えてくださいね。

ナイスタイミングでこんな記事もありました。

https://news.yahoo.co.jp/byline/katasekei/20191029-00148750/

あと、私が落とし所と言ったのは、意固地にならないで間違いは間違いと認めることです。他のご意見にあるような議員辞職ではありませんよ。

私は一昨日の夜に誤解を招きそうなツイートをして、自分の軽率な行動に対してこんなブログを書き反省しています。

大失敗、危うく炎上の可能性もあった、私のステロイドに関するツイート。

Twitterのプロフィールによれば「正論」路線を踏襲する真正保守であり、公式サイト(http://www.isesaki.ne.jp/junks/profile/index.html)によれば、素晴らしい経歴をお持ちであっても、間違ってしまうことはありますから、早めにご自分の間違いを認められた方がよろしいかと。

まだまだ、間違いというか誤認というか一次ソースを確認していない様子がわかる発言がてんこ盛りですが、長文になるのでこの辺りで本日はやめておきます。

↑ページTOPへ

関連記事

反ワクチン派の方々への質問、「地球平面説を信じていますか?」

全ての問題を解決する「陰謀です」を駆使するトンデモさん達 反ワクチンのムーブメントに押し流されそうな人の多くの背景には孤独感とか漠然とした不安感があると思われます。中には自分は他の人より、世の中で隠されている真実を知る機 […]

古くて新しい病気?結核について・・・調べたら驚きの結果が!!

死因10位の結核、日本でも毎日6人が結核で死亡!! こんな記事を目にしました。 外国人の結核 昨年1667人で過去最多…留学生増が要因 yomiDr.より 他の新聞だとこんな感じです。 若年の結核新規患者、外国生まれ1割 […]

yomiDr(ヨミドクター)から子宮頸がんワクチン推進の記事が消えた謎!!イメージ

yomiDr(ヨミドクター)から子宮頸がんワクチン推進の記事が消えた謎!!

昨日まで読むことができた「子宮頸がんワクチン」記事が突然削除!! 子宮頸がんワクチン接種をめぐる問題点をテレビ等の報道でご存知の方も多いかと思われます。私はほとんどのワクチンに関しては積極的な推進論者なのですが、子宮頸が […]

HPVワクチン、いわゆる「子宮頸がん予防ワクチン」の効果と安全性は???イメージ

HPVワクチン、いわゆる「子宮頸がん予防ワクチン」の効果と安全性は???

副作用が大きく報道されている子宮頸がん予防ワクチン 子宮頸がんの発生を抑えるとされる「子宮頸がん予防ワクチン」は日本で承認された時点では定期接種ではなかったので、ワクチンに対する情報を早くキャッチした方が自己負担で行なっ […]

ディズニーランド発の「はしかパニック」の原因はワクチン反対派??ワクチン自閉症原因説の根拠は崩壊!!

ワクチンのチメサロールが自閉症の原因という大誤解 ワクチンに含まれている保存剤のチメサロール(水銀化合物)が自閉症の原因じゃないか、と欧米で騒がれて10数年が経過します。子供の健康被害に敏感になるのは親として当然であり、 […]