五本木クリニック院長ブログ

ほうれい線って知ってましたか? ヒアルロン酸で治療します


■「ほうれいせん」てごぞんじですか?

実は私は美容医療を行うようになって法令線(ほうれいせん)という言葉を初めて知りました。医学的には鼻唇溝と呼びます。この法令線は豊麗線なんて素敵な字で表現する場合もありますし、豊齢線と書くこともあります。私は何でほうれいせんと呼ぶのか理由が分からなかったのですが、美容専門の松下医師に尋ねたところ面相学、占い用語だと教えてもらいました。ハッキリ確定した文字がありませんので「ほうれい線」と書かせていただきます。
hyaluronic_acid_gel-resized-600

■治療にコラーゲンは今は使われないようになりました

以前はほうれい線の治療にはコラーゲンが主に使用されていました。コラーゲンの効果はなかなか評判がよかったのですが、一つだけ欠点があります。古い時代に使用されていたコラーゲン(1970年代)は牛由来のコラーゲンでした。狂牛病等の問題が発生して使用できなくなったのです。その後ヒトの皮膚をもとにした安全なコラーゲンが開発され、日本の美容治療ブームに乗って大ヒットしました。しかし、これにも欠点がありました。コラーゲンは異種蛋白であるために、数パーセントの方がアレルギー反応、拒絶反応が確立的に起こってしまうのです。そこでヒアルロン酸が登場しました。
ヒアルロン酸は色々な場所に使用が可能です
 ↓     ↓     ↓
filler

■ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸は元々人間の体にある成分ですし、異物として認識しませんので事前にアレルギー反応、拒絶反応を調べるための皮内テストの必要性がありません。また分子量を変えることができますので軟らかいヒアルロン酸~硬めのヒアルロン酸の複数のラインナップが現在ではありますので、部位に応じたヒアルロン酸を適切に選択することが可能となりました。
これは柔らかめのヒアルロン酸です 目のまわりなどに使用します
 ↓     ↓       ↓
hiaruronn2
額、眉間にも使用されますが、今回はほうれい線の治療に対して考えていきます。

■ほうれい線に対するヒアルロン酸の効果

ヒアルロン酸の利点は治療直後から効果を実感できる点です。ヒアルロン酸を細い針でほうれい線に沿って注入していきます。針を使うので内出血のリスクがありますが、当院では特殊な方法で注入しますので現時点で内出血で困った状況になった経験はありません。痛みに関しても針の痛みは塗る麻酔や貼る麻酔で回避することができますし、なれた方ですと冷却麻酔のみで治療を行っています。ほうれい線はたるんだ頬の筋肉・皮膚がさらに重力の影響で下に垂れ下がって生じます。たるみについて以前ブログに書きましたのでご参照ください。本来ならば皮膚を引き上げるリフトアップの治療が必要ですが、この症例にあるような軽度のほうれい線であればヒアルロン酸の注入で解決します。
↓     ↓        ↓
hyaluron 1
効果の持続ですが、ほうれい線に対しては比較的硬めのものを使用します。ヒアルロン酸は固めの方が持続性は優れています。なかにはハイドロキシアパタイトが含まれた非常に硬いヒアルロン酸もありますが、異物を使用しないところがこの治療法の利点でもありますので、当院では採用しておりません。
ほうれい線に使用した硬めのヒアルロン酸です
↓     ↓       ↓
hiaruronn1hard

ヒアルロン酸の料金は割と高めですが、現在キャンペーンを行っております。HP上では公開しておりません。
お手間をお掛けしますが電話にてお問い合わせいただくか、メールでお問い合わせください。

bnr_hiaruronsan-648_150

↑ページTOPへ

関連記事

男性ホルモンは力の象徴だけど、精力剤の広告にビンラディンを使うか!?イメージ

男性ホルモンは力の象徴だけど、精力剤の広告にビンラディンを使うか!?

■男性ホルモンは闘いのホルモンだけど 先日から何回か男性ホルモンや男でも更年期障害があるという話や、ホルモンと免疫の関連などをブログで書いて来ました。Facebookでもこちらが中年男性であると認識されると、精力剤関連と […]

バイアグラ100ml男と呼ばれない方法を伝授します!!??悪用禁止だよ。イメージ

バイアグラ100ml男と呼ばれない方法を伝授します!!??悪用禁止だよ。

■とりあえずバイアグラは100mlではなく、100mgです 松居一代さんVS船越英一郎の泥沼的な夫婦喧嘩で有名になったバイアグラ。実はバイアグラの単位はミリグラム(mg)であり、体積の単位であるミリリットル(ml)だとト […]

メタボより怖いサルコペニア肥満、やっとサルコペニアの診断基準ができた??イメージ

メタボより怖いサルコペニア肥満、やっとサルコペニアの診断基準ができた??

■「サルコペニア」ってなんだ?? サルコペニアという言葉を最近耳にしませんか?加齢によって筋肉が弱ることによって転倒すると、骨折もしやすくなりますし、転倒・骨折にり入院生活が長くなると「寝たきり」「認知症」の危険も増えて […]

「これからは美容整形より審美歯科の時代だ!!」米国大統領選挙を観て思ったこと。イメージ

「これからは美容整形より審美歯科の時代だ!!」米国大統領選挙を観て思ったこと。

■CNNで大統領選挙を観ていたらピカピカの真っ白い歯にばかり目がいった トランプ大統領誕生という大方の予想を裏切った結果になった米国大統領選挙。海外の政治家にとって肌のお手入れ、シワの修正、たるみの改善はマスト事項との話 […]

罪作りだよなあ、「認知症に水が良い」とNHKは言うけれど。

■今のご時世、一次ソースを明らかにしない医療情報はあてにならないぞ!! 昔々、いい加減な健康医療情報を寄せあつめたサイトがあり、根拠のない医療情報満載なその軽率なサイトはついに閉鎖となりました。ちょっと昔に医師監修として […]