五本木クリニック院長ブログ

政治家改造計画②どうしても気になります 福島瑞穂元党首の額のしわ 追記あり


■この方をメディアで見るたびに治療がしたくてたまらなくなることがあります。

職業柄お会いした人のシミが気になってしようが無くなるときがあります。当院が最初に導入したレーザーの中にシミを取るためのQスイッチルビ-レーザーというものがありました。

◎レーザー治療の先輩医師に「レーザー治療をやりだすと、ひとのシミが気になって、気になって頭から離れなくなるよ」

と不思議なアドバイスを受けました。

確かにその通りになってしまいました。面白いようにシミが綺麗になるレーザーの威力に魅了された私は会う人、会う人のシミが気になってついに「お金を払いますから、あなたのそのシミとらせてください!」意味不明な発言をしてしまいそうな自分を制御するのに苦労した時期がたしかにありました。現在ではシミ取り自体が日常茶飯事の診療になったので、そこまでの気持ちになることはありません。

ボトックス治療もしわがバッチリ取れるために、人のしわが、特に額のシワが気になってしようが無い時期が一時ありました。これもその他の治療と同じように多くの患者さんを治療していくうちに、そこまで気になることは無くなりました。例外の一人を除いてです。

追記 政治家改造計画で福島瑞穂さん以外に小沢さん舛添さんを取り上げました。当時は飛ぶ鳥を落とす勢いだった皆さんですが、その後様々な問題が噴出して、「落ち目」になってしまいました、このブログが原因ではないことを祈ります。

■福島瑞穂党首の眉間のシワ

社民党をマスコミが取り上げる時は、福島議員が他の議員に対して厳しい反対意見を述べる状況が多く感じられます。怒りをもって原発に対して持論を展開していた時も当たり前のことですが、厳しい表情の福島議員の顔が新聞・雑誌に掲載されていました。

中には悪意があるのでは、と勘繰られるような写真・映像もありました。

瑞穂0
写真はここからお借りしました。

そのような福島議員を目にするたびに「眉間のしわを取りたい」という私の勝手な欲望が湧き上がってくるのです。そこでもし、福島党首さんのシワを改善したらどうなるか?とフォトショップを駆使してシュミレーションをしてみました(一部で広告代理店が作っているのではないか、という意見がありましたが100%自炊の家内制手工業です)。眉間の縦シワは欧米では難しい表情・怒っている表情に見えるためボトックス治療でナンバーワンの部位です。ちなみに日本ではおでこの横ジワが一番人気です。

↓          ↓           ↓
mizuho.1

■福島瑞穂さんのシミもやっぱり気になります

額のシワを改善すると、私が罹った「シミを取りたい」病が発症してしまいました。多くのシミが散在していますので、レーザーよりはフォトRFオーロラでの治療が最適と判断しました。

↓         ↓            ↓
mizuho.2

このシミはコンシーラー等のお化粧で隠すことが可能な範囲でしょうけど、夏の参議院選挙での応援演説で想像を絶する紫外線を浴びますとさらに目立つようになりますので、治療時期は早ければ早いほどより良い結果が得られます。

■よくよく見ると福島瑞穂議員は眼瞼下垂だね

視野を妨げるくらい上瞼が垂れ下がる状態を眼瞼下垂といって、治療は保険対象となっています。福島議員がTVで少し顎をあげて上から目線で討論相手に発言している場面が気になっていました。その為に、必要以上に興奮しているように見えてしまいます。

しかし、今回じっくりとお顔を拝見していたら気づきました。眼瞼下垂ぎみなのですね。

上瞼が垂れ下がって視野をふさぐために頭を少し後ろに反らすことによって、上瞼の下から相手を覗きこくような状態なのです。これで深い額のしわの理由もわかりました。おでこにシワを寄せることによって上瞼を引き上げようとしているために、横ジワがドンドン深くなってしまったのです上眼瞼拳上術を行って視野の確保をすれば、ボトックスで治療した横ジワも今度は出来にくくなると思われます。

↓          ↓            ↓
mizuho.3

可愛らしい顔になってしまいました。党首として古だぬき与党議員を相手にするには嘗められてしまうかもしれません

■ここまできたら、ついでにこんな治療はいかかでしょうか?

ここからは余計なお世話になってしまいますが、可愛らしくなった顔に、目の下の弛みによるシワと目袋を改善すると
↓          ↓            ↓
mizuho.4

◎美的感覚は見た目のものであり、その方の内面的美しさを反映するものとは限りません。

モチロン逆もあります。その様な難しいことは考えなくても明らかに美しくなった、すくなくとも美肌を獲得して老化現象の象徴を改善できたことは間違いありませんよね。

■さらにこの治療でこんなになれるんですよ!!

本当に余計なお世話かもしれませんが、私としてはここまで見た目の若々しさを取り戻したのですから、年齢の為か、不規則で多忙な仕事のためか弛んだ、フェイスラインを改善したくなります。ハッピーリフトで簡単に改善できます。

↓          ↓            ↓
mizuho.5

■これ以上は当院の範疇を超えますが

此処まで若さを取り戻し、美しい表情になりました。
メイクさんに眉毛や目の周りのケアのアドバイスを受け、美容師さんに髪型を気分一新ロングを提案してもらい、カラコンを入れたら

↓       ↓       ↓
mizuho.6

これじゃ、迫力不足・貫禄不足で党首の風貌としては適さないかもしれませんね。

■以下追記です

その後日本の政界も大きな動きがありました。2013年第23回参議院選挙で社民党は惨敗。その責任を負う形で福島みずほ議員は社民党党首を辞任しました。とにかく与党に対して反対、なんでも反対を貫き通す姿に、先輩である土井たか子さんを思い出しますが、土井さんも場合の「ダメなものはダメ」という反論不可能なロジックが懐かしいですね。明らかに土井さんの方が大物感があったことは間違いありません。

ジリ貧になった社民党の元党首である、本年2016年7月に行われる参議院選ではなりふり構わない選挙活動が、「選挙違反なんじゃないの!!」とツイッター等で指摘されるていたらくです(タスキをかけていても演説・連呼はしていないから選挙違反じゃない、と弁護士でもある福島さんはおっしゃるでしょうけどね)。

ふじやまぱぱさんのツイート___社民党の__福島みずほ_、埼京線車内でたすき、支援者はのぼり、アウトでしょう。追及したら逃げました。画像悪くてすみません。_https___t_co_Mbm6vG12TD_

http://hiros-network.com/2348.html より 

非常に細かいことで申し訳ないのですが、福島瑞穂議員のオフィシャルサイトの写真ってなぜか「目を閉じがち」なものが多く見られます。眼瞼下垂の症状がこのブログを書いた2013年5月19日当時より進んだのかもしれませんね。

政策|社民党_福島みずほ_参議院議員(比例区)

福島みずほキャンペーンページ(http://www.mizuhoto.org/election/policy/)より

福島さん、目をくっきり開いて世界における日本の置かれた現状をぜひご覧くださいね、もちろん眼瞼下垂の治療を受けて。2016年7月1日に追記と内容を一部修正を行いました。

↑ページTOPへ

関連記事

3歳から脱毛サロン通いが自然な流れ、ってワケないじゃん!!

■なんの意味があって3歳から脱毛サロンに通うのか!!?? よそのお子様が茶髪であっても、パーマでクルクルでも、ジャンボ尾崎のように後ろの毛が長くても(最近あまり見かけないか)、口出しする気は一切ございません。でもさあー、 […]

ニキビに悩む10代の若者の3分の1に自殺願望、治療する医師側に問題あり!追記ありイメージ

ニキビに悩む10代の若者の3分の1に自殺願望、治療する医師側に問題あり!追記あり

■ニキビに関するショッキングな報告はオーストラリアの学会誌 「Australasian Journal of Pediatrics and Child Health」に掲載されていたものです。 ニキビに悩む子供の24%が […]

大韓航空「ナッツ姫」は美容に関心の高い女性だった、だからナッツにこだわったんです!!多分(笑)イメージ

大韓航空「ナッツ姫」は美容に関心の高い女性だった、だからナッツにこだわったんです!!多分(笑)

■財閥が支配する韓国の象徴「ナッツ姫」をかばって見よう、と思ったのですけど・・・。 国民の生活の二極分化が進んでいる韓国、財閥支配の悪影響の象徴的な事件が「ナッツリターン」の主役である「ナッツ姫」です。彼女はなぜ、ナッツ […]

危険、危険!!エステや自分で黒子を取るのはやめましょう!!

■なかにはホクロ占いに影響されてほくろを取る人もいるようですけど ブログを書き出した当初にホクロ占いを参考にして、ホクロをとったらどうなるか、なんてブログを書きました。 「ほくろ占い」を参考にして手術で顔のほくろを取った […]

【閲覧注意】夏本番なのに美容皮膚科医の万全のシミ予防対策を守らなくてこんな感じになってしまった!!

■夏本番です、シミ対策は万全でしょうか? 最近は紫外線が健康面に与える悪影響について多くの方が知るようになって、美容にちょいと関わっている私としては喜ばしいことです。じゃあ、以前から紫外線による悪性黒色腫の話とか出来てし […]