五本木クリニック院長ブログ

インナードライとは?女性を悩ます大問題・・・顔の洗いすぎと保湿がポイント


■しらなかったよ、「インナードライ」なんて言葉

冷房の季節になると、診察室で女性患者さんがよく訴えられる言葉で

◎「インナードライ」という医学用語ではない美容用語があります。

どなたが最初に言い出したのかは不明ですが、一言で皮膚の状態を表したグッドな言葉です。インナーマッスルという用語が一般化したように、将来お肌の悩みを伝えるために多用されるようになるであろう、という私の勝手な予想(これが今まで結構当たっています)に基づき私の勉強の意味もあり、ここで詳しく考えていきたいと思います。

インナードライって、どんな症状なのか

インナードライ肌は表面上の皮膚はテカテカしていているのに、肌の内側には張りの無いカサカサなタルミがちな肌の状態を表しているようです。現時点では脂性乾燥肌といわれている状態に近いものが多いようです。医学的に解釈すると真皮細胞の水分を保持する力、美容用語では保水力に問題が発生していて、このような症状が引き起こされているのです。

■保湿をすればするほど,肌がドライ(乾燥肌)になる理由

インナードライの場合、人間の皮膚はうまく作られていて表面が乾燥していると感じると自然と皮脂が分泌されような構造になっています。それによって見た目の肌は「テカテカ」になってしまいます。
dryskin.1
↑     ↑      ↑

干上がった砂漠のような状態natural-homeremediesより

皮脂は皮膚表面をコーティングして真皮の潤いを保つための働きをしています。しかし、表面をコーティングしているのに、内部の水分が足りなくなっていくのでしょうか?

■肌のきめとセラミドの関係を知ろう!!

キメが乱れているということは、医学的には表皮がダメージを受けていてマイクロスコープで見てみますと、細かい傷がついているのです。

肌に潤いを与える「セラミド」という物質があります

表皮に傷ができている=隙間ができている状態であればこのセラミドが外部に漏れ出てしまいます。

skin-graphics

skinmdnatural.comより

セラミドはヒアルロン酸やコラーゲンと比較しても圧倒的に保水力が高いとされてる物質です.

■インナードライ肌対策は洗顔方法から見直そう

診療していてお顔のトラブルを抱えている方の大きな傾向として「洗顔のしすぎ」「こすりすぎ」<が挙げれています。肝斑がおおきな問題として取り上げれれていますが、実は肝斑の原因もこすりすぎであるとの説が強くなっています。

化粧品によるインナードライ対策としては肌のきめを整える、セラミドを補給するということがポイントになってきます。しかし、外からいくらセラミドを補給しても表皮に傷がついてキメが整っていないと、結局効果のないこと繰り返しすっぴん状態はもちろんのこと、表面に油分の強い化粧水を使用してもまったく効果がなく、よけいテカテカした肌に見えてしまいます。

Splash
beautyramp.comより

洗いすぎ、こすりすぎによって皮膚自体が炎症がおきて通常の傷跡が黒ずみができるのと同じメカニズムで肝斑が発症するのです。とにかく洗顔はやさしく、朝と夜で十分です。油が浮いてくるといってしょっちゅう洗顔するのは×です。

↑ページTOPへ

関連記事

牛乳有害論、言い出しっぺはだれだ!!??

■とにかく牛乳を目の敵にしている一派がいるんですけど・・・ 「牛乳=からだに良い」と当たり前のように思っていました。実はわたしは牛乳を直接飲むというよりは、牛乳あるいは生クリームを主体としたシチューとかパスタの大ファンで […]

整形後遺症!?何故こんなことになったかを勝手に推測しましたイメージ

整形後遺症!?何故こんなことになったかを勝手に推測しました

■中国で活躍(暗躍)する韓国の美容整形医師 今日、たまたま隣国の美容整形事情についての取材を受けていたところに、こんなショッキングな画像が飛びこんできました。 元ネタは中国語なんで困るんですが、当院の松下医師は中国語が堪 […]

男性にも更年期障害があるので治療はアナボリックステロイドを使います。ドーピング違反にはなってしまいます。イメージ

男性にも更年期障害があるので治療はアナボリックステロイドを使います。ドーピング違反にはなってしまいます。

☆ドーピングに引っかかるスポーツ選手 当院の患者さんでスポーツ選手も多いのですが、薬を処方する場合は「ドーピング検査」にかなり注意を払って使用しています。特にオリンピック選手の場合、薬を服用するとき注意しなければいけない […]

カロリー制限食は長寿食、との話は本当?嘘?イメージ

カロリー制限食は長寿食、との話は本当?嘘?

■長寿であるための食事って本当に存在するのか? 先日、カロリー制限食の一つであるケトン食によって転移したがんが消え去ったとの記事をネット上で見かけました。それに関する書籍を購入して(これは珍しくAmazonさんで新書ゲッ […]

ストレスとがんの関係・・・実は有りそうで無いようです!!イメージ

ストレスとがんの関係・・・実は有りそうで無いようです!!

■ストレスでがんになる・・・どうもこの説は怪しいようです 多大なストレスががんを発生する、って話はなんとはなしに「そうだよね」的な解釈をしてしまいがちです。身近でも多忙、あるいは度重なるトラブルが原因となって「がん」にな […]