五本木クリニック院長ブログ

脂肪吸引の危険性「死亡率ってどのくらいなのでしょうか?」


■脂肪吸引に対するFDAの見解

脂肪吸引はあくまで気になる部分の脂肪を減らす、見た目の形状を整えるものであり痩せることを目的とした治療ではありません。

liposuction_3
このくらいの形状を整えるために行われるべきです。
http://www.webmd.com/よりお借りしました。

体重減少を目的としない脂肪吸引術に対してもFDAはここくらいしつこく注意を喚起しています

・感染症
・脂肪塞栓
・内臓穿孔
・血腫
・神経圧迫と神経麻痺
・皮膚の壊死
・火傷
・体液の不均衡
・麻酔の毒性
さらに脂肪吸引は肥満の対策ではなく、体型を整える治療であると定義付けています。
重篤なリスクとしてこんなに沢山列記されています。それでもアメリカでは多くの人が毎年脂肪吸引を受けています
更に詳しい情報はFDAのサイトを参照ください。

liposuction_1
ここにかなり詳しく説明が載っています

■私が実際に見学した米国の美容外科事情

今から10数年前に脂肪吸引の研究の為にアメリカの複数の病院・クリニックを見学させてもらったことがあります。そこで日本とアメリカの美容医療の大違いが一つありました。アメリカでは大がかりな美容治療を行った場合、入院を推奨するのですが入院施設がないクリニックもあります。

その様な条件のクリニックは治療が済むと裏口に救急車が待機しています。その救急車は術後の患者さんをしかるべき病院に搬送します。手術を担当した医師はその病院に当日、又は翌日に必ず診療にいき術後の経過をチェックして退院時期を判断します。ほとんどの症例は翌日退院するのです

日本で美容手術を受けた患者さんの経過観察のための入院を受け入れてくれる施設は私が知る限りありません。

liposuction_2
http://thereconstructionway.blogspot.jp/2011/02/liposuction.htmlからお借りしました
実は皆さんが考えているより大がかりな治療です

つまり、安全を確保するため少なくても一晩は経過を観察する必要がある手術・治療は日本ではクリニックレベルでは不可能なのです。

当院では脂肪吸引手術は十分な経過観察が必要な治療と考えていますので、現時点では行っていませんし、今後も行う予定はありません。

■脂肪吸引の死亡率は日本でははっきりしません

よっぽど医療サイドに不注意があって刑事事件化されない限り、マスコミで脂肪吸引での死亡が取り上げられることはありません。

法律上は異状死であるので警察に届ける義務がありますが、特に手術中でなく帰宅してからの死亡は合併症として扱われ事件化することが少なくなってしまうのです。

もちろんトラブルはトラブルですので、民事で係争中のものは存在するようですが、その数を調べることは事実上不可能になっています。

■脂肪吸引の死亡率は海外では報告されています

FDAが公表しているデータですと

10万回脂肪吸引がおこなわれると20ー100人が死亡しているデータが存在するとあります。
単純計算すると最悪の数字は1000人に一人死亡していることになります。そこには追記として自動車事故で死亡する人は10万人中16人とあり、脂肪吸引のリスクと比較してみてください、とあります。

最もすくないものは10万回の治療で3人の死亡となっているものもあるのですが、FDAはとにかく脂肪吸引は外科治療であり、死亡を含む重篤なリスクがあることを忘れないようにとくどいほど強調しています。

■今後の余計な脂肪を取り除く対策法は

脂肪を減らすことは多くの方が望む、しかし実現が難しい厄介なことです。FDAも厚労省も適切な食事と適切な運動を第一に推奨していますが、それで思い通りの体型が得られないからみなさんが悩んでいるのです。

安全に部分的に脂肪を取り除く方法は日本でも確立した治療となっています。

img_lipo_eg2
この程度の脂肪除去は当院のライポソニックスで十分可能です

しかし、肥満全体を改善するにはやはり適切な食事管理と運動(別にいきなりジョギング・水泳を始める必要はありません)を行う必要は絶対的な条件になってしまいます。脂肪吸引にしろ、脂肪融解法にしろ部分的に体型をシェイプアップする手段と考えていただいた方がいいと思います。

↑ページTOPへ

関連記事

女性はご注意を!!ウエストと乳がんの密接な関係・・・2サイズアップでリスクが高まる??!!イメージ

女性はご注意を!!ウエストと乳がんの密接な関係・・・2サイズアップでリスクが高まる??!!

■最近、スカートがキツくなっていたら要注意かもです 世の中、ダイエット、痩身、サイズダウン、そんな情報ばかり出回っています。肥満とがんのリスクの関係は以前おつたえしました(関連エントリー 明らかに肥満がリスクになるガンが […]

値段が高けりゃ体に良い食事、と思ってしまう悲しい人間の習性!!??

■食品業界の方、価格を上げればバンバン売れますぜ!!?? 健康ブームが加熱すると非常に高価な食材がもてはやされてしまうような現象がおきます。例えばオーガニック食品。農薬や化学肥料まみれの野菜より手間暇かけたので、当然一般 […]

やっと解明した糖尿病と砂糖の関係 肥満についてはまだ不明イメージ

やっと解明した糖尿病と砂糖の関係 肥満についてはまだ不明

■砂糖→肥満→糖尿の図式 糖尿病って名前から砂糖を取り過ぎると肥満になって糖尿病になるイメージを持っている人が多いと思います。じゃ、砂糖自体が糖尿病になるか、という疑問に対しての解答は実はハッキリしていませんでした。 以 […]

メタボ基準をクリアするには、ウエストを細くすればいいんでしょ!?イメージ

メタボ基準をクリアするには、ウエストを細くすればいいんでしょ!?

■メタボの基準にからみます! メタボリックシンドロームの基準は「高血圧」「糖尿病」「脂質異常」の内、二つ以上が基準値を超え、これに加えて腹囲(ウエスト)が男性で85センチ、女性で90センチ以上であることです(測定する部位 […]

糖質制限ダイエット 健康によくないみたいイメージ

糖質制限ダイエット 健康によくないみたい

■糖質制限ダイエットで他の異常が増える チョッと古いかもしれませんが、食事は一日一回でいいとか、糖質を制限するとダイエットに効果があるとか結構話題になっていましたね。とりあえず何でも挑戦してみて自分の体で試さないと気が済 […]