五本木クリニック院長ブログ

問題の子宮頚がんワクチンの効果は・・・ 性病には非常に有効でした。


☆副作用が重篤すぎる
痛みを副作用の項目に入れたために90パーセント近くの方が副作用を感じ、中には継続する痛みに苦しんでいる人もいます。

☆効果と副作用の悩ましい問題
子宮頸がんはヒューマンパピローマウイルスが原因として知られています。予防のできるがんとして予防接種が世界中で行われています。子宮頸がんに本当に効果があるの?という方もいますが効果は実証されています。

日本では近年本格的に厚労省の指導のもと予防接種が行われましたが、あまりにも多く報告される副作用に厚労省は腰の引けた対応をおこない国民に不信感をあたえていることはみなさんご存知のことと思われます。

HPV16型と18型をターゲットとした2価ワクチンであるサーバリックスが日本で子宮頚癌の予防接種として最初に厚労省に認可されました。
子宮頚癌だけを防ぐならサーバリックスで十分なのですが、性器コンジローマなどの原因となる6型と11型も含む4価ワクチンがガーダシルの名前で日本でも使用されています。

ダウンロード
当院はガーダシリルの接種を行っておりませんので、今回のブログの内容に合わせてオーストラリアで使われている物の写真です

☆4価のワクチンのがん以外の結果がでました
オーストラリアは2007年から積極的にワクチン接種を行って来ましたが、5年経過した時点での効果をまとめたものが今回投稿されました。今回、ガーダシルを使用した結果がでました。
Genital warts in young Australians five years into national human papillomavirus vaccination programme: national surveillance data BMJ 2013;346:f2032

子宮頸がんの発生についてはもう少し長めのスパンで無いとデータは出てこないと思います。今回は性病の一つであるコンジローマに対する効果判定でした。

☆結果のまとめ
2007年と2011年の尖圭コンジローマの発生状況を比較したものです。
この期間、希望者にたいして予防接種は無料で行われました。

・21歳未満の女子11.5パーセントから0.85パーセントに激減
・21-30歳の女子で11.3パーセントから3.1パーセントに激減
      
ちなみに

・21歳未満男子も12.2パーセントから2.2パーセントに激減
  予防接種はしていませんよ!

hpv_1

残念ながら当然と言えば当然ですが30歳以上の方にはあまり利益は無かったようです。

さらにこのような調査をする場合は必ず必要とされるのが対照群と呼ばれる、この場合は予防接種をしない人と比べてどうか?と比較することが重要になります。その結果は

hpv_2

こんなに差がついています。なんと予防接種をしていた人は2011年の時点でコンジローマになった人は0人でした。

コンジローマに対する予防効果は接種をした人だけでなく、それ以外の人にも恩恵があったのです。予防接種の本来の目的である感染の拡大を確実に防ぎました・・・性病ですけど。

☆同性愛者の感染も調べてある さすが!
同性愛者またはバイセクシャルの方についても調べてあるのはさすがと言えます。残念ながらこの傾向のある方たちにはHPVワクチンによる恩恵は無かったようです。

hpv_4
⇒女子がコンジローマにならない
⇒バイセクシャルがコンジローマにならない
⇒同性愛者(男)がコンジローマにならない
という図式は成り立たなかったようです
だから、男性も予防接種を!という意見はでていません。

☆性病に効果があることははっきりしましたが
今後の厚労省の動きはどうなるのでしょうか?性病の予防も大事なことですが国家をあげて積極的に予防接種を行うことは当然、現在の日本では本来の目的とはかけ離れたものとの意見が主流ではないでしょうか?

しかし、性病であっても国民の健康問題であるのはHIV(エイズ)を持ち出さないでも明らかなことです。

性行動に対する考え方は国によっても違いますし、年齢・世代によっても違ってくるのは当然です。しかし、みんなで考えていく必要があるのは異論のない所だと思います。そのためには胡散臭い情報ではなくしっかりした情報のソースが重要となります。
オーストラリアの保健省のHPはHPV school vaccination programとして詳しくでワクチンの問題を取り上げています。

hpv_6
こんな感じのかわいいHPです

行政が主導する健康問題は積極的な啓蒙活動と情報の公開、そして行政の毅然たる態度を厚生労働省にも見習ってもらいたいと思います。国民に情報が伝わっていなけりゃ、全く意味がありません。

官報に公示してあるよ、という昔ながらの体質はかわらないのでしょうか?女性が厚生労働省の次官になったいまが変わるときではないかと強く思います。

↑ページTOPへ

関連記事

山本太郎議員、精神科の薬を飲んだふりして吐いてはいけませんよ!!

精神科の多剤併用療法は批判の的だけど、勝手に調節してはダメ!! 精神科や心療内科に通院している患者さんの中には、お腹がいっぱいになるほどの薬を処方されている人を時々というかよく見かけます。「なんで同じような作用の薬を重複 […]

かかりつけ医の「町医者」が専門的なことを言っちゃいダメなのかよ(怒)!!イメージ

かかりつけ医の「町医者」が専門的なことを言っちゃいダメなのかよ(怒)!!

なんでもかんでも専門医に診てもらうのが正解でしょうか? ご自分が病気になった場合、かかりつけ医に相談するか、ご自分でネット検索して細分化された専門医に相談するか、迷った方って意外に多いのではないでしょうか?当院の場合、地 […]

若気の至りでいれちまったタトゥーですが、レーザー単独で消すことも可能ですイメージ

若気の至りでいれちまったタトゥーですが、レーザー単独で消すことも可能です

若者の間で、ファッション感覚で気軽にタトゥーを入れる方がいます 年齢を重ね、就職や結婚を切っ掛けに「コリャまずい」と思って来院 速攻でタトゥーを消して欲しいと来院される方が増えています。私の知人で正義感溢れる好青年がいま […]

インフルエンザの特効薬は効果がなかったらしいです・・・国が備蓄したのはどうするんだろう?イメージ

インフルエンザの特効薬は効果がなかったらしいです・・・国が備蓄したのはどうするんだろう?

すでに効果がないと判定された抗インフルエンザ薬 インフルエンザが猛威を振るった前シーズンですが、さらに新型インフルエンザの登場などでクローズアップされたけど現時点ではパンデミック状態にはなっていないのでホットしています。 […]

インフルエンザ予防接種ワクチンは打たない派の方へ・・・なんで判ってもらえないんだろう?追記ありイメージ

インフルエンザ予防接種ワクチンは打たない派の方へ・・・なんで判ってもらえないんだろう?追記あり

インフルエンザワクチン無効派陣営の教科書「前橋レポート」 「前橋レポート」と呼ばれる報告書が提出されました。インフルエンザワクチンの集団予防接種に疑問をもった前橋市の医師会が中心となって行なった調査です。きっかけは197 […]