五本木クリニック院長ブログ

妊娠中にインフルエンザになると、子供が双極性障害になるリスクが上昇・・・なんと約4倍!追記あり


☆ワクチン不要論もあるようですが・・・
決して私はワクチンなんでもOK派ではありません。今回の子宮頸癌ワクチンに対して、効果が全くないとか副作用が酷すぎるとの風潮に振り回され、腰の引けた対応をとってしまった厚生労働省。

情報を十分にインフォメーションしなかったことが大きな原因と思われます。

毎年話題になるインフルエンザワクチンですが、少し早いのですがインフルエンザワクチンに関する報告がありましたので、インフルエンザワクチン不要論者、猛毒説論者の方も、お時間がありましたら目を通していただき、ご意見をいただけると助かります。

flu_1

特にオレは風邪ひいたことないからインフルエンザワクチンなんて必要ない、といっているオッサンを良く見かけます。そんなオッサンでもお子さんが受験期になると「女房にいわれてインフルエンザの予防接種受けに来ました」というのも冬の風物詩です。

風疹ワクチンが胎児に重大な問題を引き起こすことが、知られていますので昨年から風疹ワクチンの接種ブームがおきて、ワクチン不足がささやかれ出しています。流行が報道されてから皆が殺到するので配給が間に合わなくなってしまうのです。風疹ワクチン空白世代をもたらしたのも行政の毅然とした態度の無さに責任があります。

インフルエンザワクチンは定期接種と違い、受けたい人が受ける予防接種です。今回はインフルエンザワクチンはやっぱり打っといたほうがいいですよ、という内容でブログを書いていきます。

☆以前からいわれていた妊娠中のインフルエンザ感染のリスク
Gestational Influenza and Bipolar Disorder in Adult Offspringという題名でJAMAに掲載されていました。実はこれまでも妊娠中にインフルエンザ感染をおこすと子供が統合性失調症リスクが高まることや今回のように双極性障害との関連が、なんかあるんじゃないかなと囁かれてはいました。

双極性障害とはwikiによりますと

双極性障害(そうきょくせいしょうがい、英: bipolar disorder)は、躁状態(躁病エピソード)およびうつ状態(大うつ病エピソード)という病相(エピソード)を繰り返す精神疾患であり、気分障害の一つである。統合失調症と並び、二大精神疾患と言われている。古い呼び名

いわゆる躁うつ病といわれている病態です。

イメージとしてこのように説明しているところもあります
BPD
http://www.personal.psu.edu/からお借りしました

もちろんインフルエンザになったから必ず子供は双極性障害を引き起こすというわけではありませんし、双極性障害の子供の原因がすべて妊娠中にインフルエンザ感染によるとういうことを言っている訳ではありませんので、早とちりしないでくださいね。

☆結果は
今回のデータはchild Health and Development Study(CHDS)という妊娠と子供の成長に関するデータをあつめた研究に参加している健康保険維持機構の中のカルフォルニアに住んでいる人、19000人を追跡調査して導かれた結果です。

・妊娠中インフルエンザ感染した母親から生まれた子供はそうでない母親から生まれた子供と比較して双極性障害になるリスクが3.8倍に増加していた
influenza_infection_2

・特に妊娠中期と妊娠後期の感染で上記のリスクは高かった(症例数が少ないので再検討の必要あり)

上記のようなショッキングな結果が出てしまったのです

☆じゃ、どうすればいいの?
・妊娠の予定のある人はインフルエンザのワクチンを事前に接種する
・妊婦は症状のある人とは接触しない
という一般に言われていることを行うしかないのです。風疹の場合は夫が風疹に罹って、奥さんに移さないように男性側も積極的に風疹ワクチンを打つことの重要性が以前より知られるようになりました。

pregnant-flu-486
http://www.medicalobserver.com.au/からお借りしました

しかしインフルエンザが生まれてくる赤ちゃんが成長してその後、双極性障害を起こしていたなんてこと、あまりみなさん知らないことだったのではないでしょうか?

母親になる方がシーズン前に予防接種をすることは当然ですが、家族で妊娠予定がある方は家族全員が予防接種する必要があります。

あなたがインフルエンザに罹ってしまったけど、どうしても仕事に行かなければならなく会社に出勤した場合、近くに妊婦さんがいたらひょっとしてインフルエンザを映してしまうかもしれません。

インフルエンザワクチンは自分だけのためでなく、周りのお年寄りや子供への感染を防ぐ意味もありますし、それだけではなく生まれてくる赤ちゃんの将来のも大問題を引き起こすきっかけになるのです。

これでもインフルエンザワクチンは不要でしょうか?

追記 こんなブログも書きました 2016年2月22日
危険!!「妊娠中に葛根湯を飲んでも大丈夫」というネット情報は間違いだらけ!!

↑ページTOPへ

関連記事

インスタの反ワクチン界隈がスゴイことになっている件、怖い、怖い。

片山さつき氏厚生労働相に!!との報道には驚かされましたけど・・・ 内閣の改造人事に関して某大新聞社が誤報を流し、医療関係者は奈落の底に一瞬ですが落ちました。 「片山さつき氏が厚労相」は誤り 医療関係者が冷や汗たらりとなっ […]

妊娠中にインフルエンザになると、子供が双極性障害になるリスクが上昇・・・なんと約4倍!追記ありイメージ

妊娠中にインフルエンザになると、子供が双極性障害になるリスクが上昇・・・なんと約4倍!追記あり

☆ワクチン不要論もあるようですが・・・ 決して私はワクチンなんでもOK派ではありません。今回の子宮頸癌ワクチンに対して、効果が全くないとか副作用が酷すぎるとの風潮に振り回され、腰の引けた対応をとってしまった厚生労働省。 […]

米国健康情報サイトを医学知識に乏しいライターが翻訳するとトンデモになった「MY LOHASの一例」!!??

■役に立つ健康医学情報も医療を知らない人が記事を書くと・・・ ウェブ上には健康や医療に関する情報が溢れかえっています。本当に健康に役立つ記事があったも、その内を十分に理解していないちゃっかりやのライターさんが寄せ集めた情 […]

「自分の子どもに薬を飲ませない」小児科医さん、 芳しいトンデモ臭がプンプンです。

■自分の子供に薬を飲ませないで他人様の子供には薬を処方するのでしょうか? 「小児科医は自分の子どもに薬を飲ませない (いらない薬、いらないワクチン教えます) 」(鳥海佳代子著 マキノ出版)という、衝撃的なタイトルの本が1 […]

この医療ジャーナリストは、インフルエンザワクチンの効果は明らかになっていない、と述べていますが・・・。

■医療ジャーナリストともあろう方が「インフルエンザワクチンの効果は明らかじゃ無い」??? インフルエンザワクチンの効果をこれっぽっちも疑っていなかった私が間違っていたのか、それともインフルエンザワクチンの効果は明らかにな […]