五本木クリニック院長ブログ

美容整形でヒアルロン酸を入れすぎると悲惨なことになります。特に鼻や眼の下は壊死や失明のリスクが。


☆鼻の修正・再建手術を行ってきた経験から

当院は鼻を高くする「隆鼻術」と呼ばれる美容整形治療は行っておりません。理由としてはプロテーゼと呼ばれる人工物を鼻に挿入することによって鼻筋を通して、また鼻の高さを出そうという治療はまず間違いなく時間と共にトラブルを招くからです。

特にL型プロテーゼと呼ばれるものを鼻に入れてしまうと、最悪の場合は鼻の先端の皮膚をプロテーゼが突き破って飛び出してきてしまいます。

☆ヒアルロン酸の鼻への注入は安全か?

プロテーゼの挿入が鼻を高くする美容治療に適さないために、その代替案として鼻へヒアルロン酸を注入しているクリニックもあるようです。

sippai_3

もともと体内にある成分なので安全なはずですが・・・。
http://deus1.com/hyaluronic_acid_gel_EN.htmlよりお借りしました

ヒアルロン酸は元々人間の体を構成する成分ですから、異物反応を起こすことがなく安全に美容外科・美容皮膚科で使用されていることは知られていることです。しかし、人体と同じ成分で作られているために自然に吸収されてしまうという運命を持ち合わせているのです。

つまり、安全だけと長持ちはしない、ということです。

しかし、美容医療材料を開発するメーカーはヒアルロン酸の効果を長くするために様々な工夫をしています。一般的にヒアルロン酸は半年位で吸収されてきますが、今では2年近くも吸収されない工夫がされたヒアルロン酸も発売されています。ヒアルロン酸の安全性は人体を構成するものと同じことに基づいていますので、吸収されるということは異物として認識されない安全性の証明でもおあるのです。

当然、当院では長期間効果が持続するヒアルロン酸は採用していません。

☆ヒアルロン酸注入での悲惨な結果

海外の文献・論文・症例報告では日本では考えられないようなヒアルロン酸による悲惨な副作用・失敗が掲載されていました。

sippai_1
http://woodlandsplasticsurgery.blogspot.jp/よりお借りしました

ほうれい線にヒアルロン酸を注入する場合も、気を付けないと鼻の血管を詰まらせてしまいます。経験のある医師には起こりえないことですが・・・。

当院は他院での整形治療の失敗を再建・修正する治療・手術を得意としていますので、積極的に失敗症例を世界中から情報収集しています。

失敗1.ヒアルロン酸の大量注入

アジアの症例です。低い鼻を高くすることを望んだ患者さんの要求に応じるままに、大量のヒアルロン酸を鼻及び鼻筋に注入したことによって鼻の表面の皮膚が腐ってしまったものです。専門用語では「壊死」した皮膚という表現を使用します。

この場合、L型プロテーゼで鼻の先端の皮膚が破けて飛び出すメカニズムと似ています。

大量にヒアルロン酸が表面の皮膚を押し上げ、その力によって皮膚に十分な血流が回らないことによって、鼻の皮膚に十分な栄養・酸素が行き渡らないためにこのような結果になってしまったのです。修復・再建手術としては正常な皮膚の移植しか選択肢はありません。悲惨なことです。

失敗2.経験不足・知識不足が起こしたヒアルロン酸による塞栓

この症例はお隣の国で起きた失敗例です。結局失明まで起こしてしまったようです。鼻と眼の周りにヒアルロン酸を注入したようですが、その周辺は実際はかなり血管が豊富に存在しています。

また、皮膚のすぐ下には目の周りに血液を送りこむ太めの血管が存在します。十分な医学知識を持たない経験の浅い医師によって引き起こされたトラブルと予想されます。

このトラブルは皮膚の壊死だけでなく、失明まで引き起こしていたのです。ヒアルロン酸を目の血管へ不注意にも注入してしまったために、血管がつまってしまって血液の流れを止めてしまったのです。

解剖学的に十分な知識のある医師では考えられないような症例です

☆日本ではどうだろう

日本でもヒアルロン酸を注入しすぎて過矯正と呼ばれる状態で当院を訪れる患者さんが多く見受けられます。ほとんどのヒアルロン酸は時間と共に自然に吸収されるので経過観察という選択をする場合あります。

sippai_2

経験の豊富な医師のもとで安全に治療することが重要です

http://www.youtube.com/watch?v=TxvK0xue8tsより

どうしてもすぐにヒアルロン酸を無くしてほしいという希望に対しては、ヒアルロン酸を溶かす薬剤を使用する場合もあります。しかし、長期効果をうたったヒアルロン酸の場合、余計な成分が邪魔をして思いどおりに無くすことができない場合もあります。

ヒアルロン酸の利点は自然に近いということ、弱点は利点によって吸収されるということ。この二点を頭に入れておけば多くのリスクは回避できます。それともう一つ

「美容皮膚科とはいえ医師の経験値は必ず参考にする必要があります。」

bnr_hiaruronsan-648_150

↑ページTOPへ

関連記事

一発でアゴのたるみをスッキリさせる方法見つけました!ついでにフェイスライン・ほうれい線もスッキリ。イメージ

一発でアゴのたるみをスッキリさせる方法見つけました!ついでにフェイスライン・ほうれい線もスッキリ。

■アゴのたるみはなぜできるか? 民放の健康番組やNHKの「ためしてガッテン」でも取り上げられていましたが、アゴのたるみを気にしている人が多いのですね。特にある一定の年齢以上の方は睡眠時の無呼吸症候群の原因に成っている的な […]

素直に感動!?韓国で整形した女性の「美しくなるまでの過程」の記録写真を見てイメージ

素直に感動!?韓国で整形した女性の「美しくなるまでの過程」の記録写真を見て

韓国美人を目指す過程が明らかになった 常々どちらかというと韓国美容整形をdisってきた私ですが、日韓の関係もこじれにこじれている現状を考えるとお隣の国ですので、できれば友好的な関係を結べれば良いのですが・・・。隣国の大統 […]

目の下のたるみ、って自分で解消できるんだろうか?治療するならこんな方法がありますよ!!イメージ

目の下のたるみ、って自分で解消できるんだろうか?治療するならこんな方法がありますよ!!

■目の下のたるみの原因は? 男女ともに年齢とともに気になってくるのが「目の下のたるみ」です。重力によって肌全体が下方向へ引っ張られるためにどうしても、皮膚が薄い目の下はたるんできてしまいます。また老化によって肌自体のハリ […]

僭越ながら電子書籍を出しました!!美容皮膚科・美容整形に関する内容です。イメージ

僭越ながら電子書籍を出しました!!美容皮膚科・美容整形に関する内容です。

■正しく理解されていない美容治療 美容皮膚科・美容外科って「キレイになりたい!!」「若返りたい!!」と考えていても、床屋さんや美容室にいくようなワケにはいきませんよね。テレビでビフォア・アフター的な美容整形が興味本位に取 […]

修正手術への取り組み 鼻プロテーゼの問題点イメージ

修正手術への取り組み 鼻プロテーゼの問題点

☆まだ行われている手術 L型プロテーゼを使用しての隆鼻術の危険性を以前お伝えしましたが、いまだに危機感を持たないで治療を行っている美容外科医がいることに憤慨しながらブログをかいています。鼻筋を通して鼻先を整える治療に対し […]