五本木クリニック院長ブログ

乳がんは性ホルモンと関連しているが、男性ホルモンが多くても発症リスクが増加!?


乳がんの発症率は日本では18人に1人とされています

日本の女性が乳がんを発病する率は欧米と比べは少ないのですが、年々増加しているがんであることは間違いありません。

数字で見る乳がん|TBSピンクリボンプロジェクト

ピンクリボンプロジェクトからお借りしました

残念ながら乳がんを発症する方は日本では増加傾向にありますが、啓蒙活動や手術方法の改良や治療薬の開発により亡くなってしまう方の上昇曲線を鈍らせることができています。

性ホルモンの量で乳がんのリスク・発症率が20%から30%増加

若い女性で性ホルモンが多いと発がんリスクが高まるという驚きの論文がでました

以前から閉経後の女性においては性ホルモンの血液中の濃度と乳がんの発症のリスクが関連しているとの論文が多数出されていました。性ホルモンが乳がんの発生に関連しているのは間違いの無い事実ですが、男性で言えば前立腺がんが男性ホルモンに関連しているのは否定できない事実なのに発症に対してどのような影響を及ぼしているのは残念ながら現時点でははっきり解明さていないこととよく似ています。年を取れば取るほど発症率が高まるのがどのようながんでも一般的ですので、ご自身でも気をつける方が増えていくために早期発見も可能になって、乳がんの治療成績の改善が年々高まっています。一方で乳がんになる方の20%は閉経前に診断されることを考え合わせると、若い年齢の女性もがんの早期発見のために、乳がんも意識していただく必要があります。

今回の論文はLancet Oncology(2013;14:1009-1019)に発表されたオックスフォード大学の疫学の研究者の論文です。性ホルモンが多いと乳がん発生リスクが高まるという結論でした。この性ホルモンにはエストラジオール・エストロン・エストラジオール等だけでなく男性ホルモンとしてしられているテストステロンも関連していました。

今回の方法は50歳未満の閉経前の女性を対象として、乳がんと診断される前の性ホルモンの濃度のデータを収集して回帰分析という方法で検討しました。結果として性ホルモンの濃度が高まれば高まるほど1.08から最高で1.30倍乳がんになってしまう、つまり発症率が大きくなっていたのです。しかし、プロゲステロンと乳がんのリスクは相関関係が認められませんでした。

Sex_hormones_and_risk_of_breast_cancer_in_premenopausal_women__a_collaborative_reanalysis_of_individual_participant_data_from_seven_prospective_studies___The_Lancet_Oncology

しかし、女性のホルモンは月経の周期にかなり左右されるものですから、閉経後のホルモンと乳がんリスクとの関係の様に事前に乳がんになるリスクを判定することは月経前の女性には適さないような気がします。乳がん発症のリスクが高い遺伝子は女優のアンジェリーナ・ジョリーの件で一躍有名になりました。男性の前立腺がんでも発症リスクを高める遺伝子が存在していることがわかっています。しかし、それ以外のどのような因子ががん発症リスクを高めるか?ということは乳がんでもはっきりしていませんので、今回の研究が解明への第一歩になることは間違いありません。

Sex_hormones_and_risk_of_breast_cancer_in_premenopausal_women__a_collaborative_reanalysis_of_individual_participant_data_from_seven_prospective_studies

乳がん検診頼りでなく、初期症状を自分でチェックすることが重要

乳がんの初期の症状はしこりで気付きます

いきなり痛みがでることはあまりありません。鏡で見た時や、お風呂で体を洗っているときに「おやっ、いつもと違うぞ」と感じるのが初期症状だとお考えください。しこりだけでなく陥没している部分があったり、左右差も初期症状とされています。できれば後述する「乳がんのセルフチェック」を参考にして閉経後の人は月に一回、閉経前の方は生理後一週間くらい経ってから定期日を決めて行うと良いでしょう。

乳がんの検診は自分で気付かないものを見つけるのが目的

乳がんの早期発見のために自治体が積極的に検診を行っている地域もあります。目的はご自分で気づかない、セルフチェックでわからない早期の乳がんを見つけるためのものですので、マンモグラフィーを使用した検査が推奨されています。このマンモグラフィーは読み取るのに熟練が必要なために過剰診断が問題になった時期もありましたが、現在ではその面もかなり改善されています。またマンモグラフィーは日本人の乳房には合わなく、非常に痛みが伴うなんてことが噂された時代もありますが、小さい乳房でも問題なく検査ができるようになっています(男性の乳がんだって発見できるくらいですから)ので、ご安心ください。

簡単にできる乳がんのセルフチェックを是非行いましょう

乳がんってご自分で「しこりがある」といって医療機関を受診される方が多い病気です。ということはセルフチェックで早期発見が期待できる病気でもあります(残念ながら男性特有の前立腺がんはセルフチェックはまず不可能ながん疾患です)。ポイントとしては生理前後は乳房が張り気味で敏感になっていて適していません。しこりがあっても即、乳がんではありませんので、「がんだったら嫌だな。」なんて思わないでなるべく早く医療機関に相談することをお薦めします。

乳がんセルフチェック・検診_-_ピンクリボン運動___コニカミノルタ
http://www.konicaminolta.jp/pinkribbon/check/より

乳がん手術後の乳房再建手術も保健適応になりました

乳がんの手術で乳房を失うということは男性からは想像もつかないくらい女性にとっては深刻な問題でした。失った乳房を再建する手術は今まで健康保険が使用できませんでしたが、2013年から健康保険を使って乳房再建手術ができるようになったのは喜ばしいことです。まだ、100%患者さんサイドに立った運営ではないので、これからさらに患者さんのニーズと実情にあった制度に改善していくことができると良いですね。

最近、ブログに力が入りすぎて長文にはなるわ、画像は少ないわで「読みにくい!」とのご指摘を受けましたので、今回はなるべくスッキリした文章にして、画像も入れ込んでみました。いかがでしょうか?

↑ページTOPへ

関連記事

魚を食べて乳がんを減らそう!私が出会った中国人医師と天安門事件の思い出イメージ

魚を食べて乳がんを減らそう!私が出会った中国人医師と天安門事件の思い出

☆今でも思い出す天安門事件の当日 世界の目を中国に向けた「天安門事件」の当日(1989年6月4日)ですが、私は学会でドイツにいました。腎がんが肝臓に転移したものを治療する方法の発表を私はしたのですが、その学会には珍しく中 […]

タバコ規制の結果が出たようですが・・・寿命を20年延ばした!?イメージ

タバコ規制の結果が出たようですが・・・寿命を20年延ばした!?

  1964年から行なわれたタバコ規制の50年目の結果   米国でタバコの有害性が訴えられ国を挙げての規制が行なわれて50年が経過しました。米国民にこの規制が健康面で利益を供与したのかの判定(?)が行 […]

高濃度ビタミンC点滴療法で「がん治療」??・・・高城 剛さん、これこそニセ医学ですよ!!

■週刊現代がまともになったと思ったら・・・ 医療批判をこじらせてトンデモ系になりかねなかった「週刊現代」、先週号と今週号のインチキがん免疫療法批判記事は多く医療関係者から「良記事」との評価を受けています。と思ったらウェブ […]

近藤誠医師「がん放置」のニセ医学に対抗するためには集団訴訟!!??

■「がんもどき」理論の近藤誠医師の悪影響は果たして・・・・。 慶應大学医学部の元放射線科医師近藤誠医師が独自の理論?は「がんは治療するべきでない」「放置しておけばいい」「転移するようながんはもともと悪いがん?であって治療 […]

とうとうやっちまった!!??例の「ブロリコ」のアフィリエイト広告。「がんは治る」は速攻でアウト!!

■特許取得、医学界の権威が推奨する東大が発見したサプリ「ブロリコ」、でもねえ・・・ いくら体に良いと考えられているサプリメントであっても、広告で効果効能を書いてしまうことは、薬機法等の法律に違反します。 そこで編み出され […]