五本木クリニック院長ブログ

宿便ってなんだろう、本当に万病のもとなんだろうか?医学用語だって混乱


■宿便は医学用語ではありませんは、間違い?

「どっさりしたい方、スルスルっと出したい方」なんて表現のサプリが氾濫しているようですが、果たして宿便とはなんでしょうか?web上では医師が質問に答える形で「まず、宿便は医学用語ではありません」と始めることが多いのですが、本当でしょうか?

◎実は「宿便」という言葉を使用した医学論文があります

「宿便性上行結腸穿孔の 1 例」というチャンとした医学誌(日本消化器外科の専門誌)に掲載されているのです。こんなことが起きるので一般の方は宿便と便秘の違いとか、残便感・すっきり排便できないとか、宿便をスッキリだしてデトックスなんてものに惑わされてしまうのは当然のことです。

impaction_abn_jpg__476×469__と_LINE

まずは宿便とは果たしてどのような状態を示し、一般的にはどのような使い方をされ、さらに故意に誤解を招くような広告手法が取られているのかを整理してみます。

便秘は美容の大敵!!??毒素を出してデトックスのウソとホント

「宿便」というと「デトックス」「毒素」って言葉を連想する人も多いんじゃありませんか?

■宿便・便秘・停滞便の違い

「宿便が万病のもと」「宿便をスッキリさせてお肌がツルツル」「宿便を解決して楽にダイエット」なんて感じの表現の広告や健康雑誌を目にしない日は無いくらいです。少しでも気になって調べたことがある人は

1.宿便が腸のヒダにくっ付いているのは医学的に間違い

2.宿便なんて言葉は医学用語にない

3.宿便と便秘は異なるもの

というような情報は持っていると思います。まずは宿便とはどのような状態を一般的にはイメージとして持ち、さらにそれを利用してサプリや健康法を売り込んで(?)いるのかを考えていきます。多くの方が参考にするウィキペディアでは宿便を滞留便とも呼ばれる、との表現をしています。さらにダイエット・健康食品関連で呼ぶところの宿便は腸の壁のひだの凹んだところにたまり込んでいる便のことで疑似科学的であり医学的には証明されていない、としています。そうなると日本消化器外科学会の論文はどうなってしまうのでしょうか?

・医学的解釈・・・腸にとどまった大便

・ダイエット・健康雑誌的解釈・・・腸の壁に長年こびりついた大便

と大きく別けて考えると良いです。医学的に腸に留まった大便を停滞便と呼び、一部の医療関係者の間で「宿便」と呼ぶこともある為、医学専門誌にもこの言葉が使われてしまったのです。

一方、ダイエット系で使われる宿便という用語を上記に解釈をした場合は、明らかに間違いです。というかそんな状態はどんな検査方法をとっても確認できませんし、それを診たという医療関係者もありません。

■「宿便」という用語が一人歩きをしだしている

ダイエット本や読みやすく興味を引きやすい健康本などの中には「宿便は腸壁にこびりついた便ではなく」とここまでは正しい見解なのですが「体内の毒素が排出されるデトックス効果」の一つである、となんだかわかったようなわかっていないような表現の記述を見受けます。

これこそ大間違いなんです。腸の壁は新陳代謝によってはがれ落ちてきますし、胆のうを中心とした消化系の粘液が分泌されてきますので、いくら腸を洗浄しようが、絶食しようが大便のようなものは排出されてきます。

「何でお前、そんな見てきたようなこと強気で言えるんだ!」と熱く反論される方、「待ってました、実際に見ました、私」なんです。昨年末人間ドックを受けた際にズルをして、十分に空腹にしない上に下剤も正しく使用しないで大腸内視鏡の検査時に残留した便が発見され大恥を掻いた私が、ポリープ切除に際しては長期間の絶食状態+過量な下剤の使用を行なって自信満々で診察台に横たわったのですが・・・あったのです、腸の中に何かが。担当してくれた医師は「あっ、絶食しても胆汁系がでますからね!」とあっさり、私に告げました。

つまり私の場合、便のように見えたのは胆汁系の排泄物であり、食事関係からのものでは無かったのです。

■じゃあ、それがデトックスの効果じゃん

それは絶食によって体内の毒素が排出されたのですよ、今まで体を蝕んでいた毒素が宿便となってでてきたんじゃないですか、なんて言われると「なるほど」と納得してしまいそうです。こうなるとこの絶食状態で出てきた便様のものが、毒素なんだか単純に腸の細胞が新陳代謝によって剥離してきたものや胆汁であるかを見分けないといけません。

多分、疑似科学系、オカルト系、エセ健康医学系の方は私におっしゃるでしょうね「それは現代の科学では解明できないあなたのカルマが出てきたのです」。毒素もカルマも定義がハッキリしないので証明できないし、当然反証もできないのです。

反証することが可能なものを「科学」と呼びますが、証明はもちろんのこと反証もできないものは、科学でもありませんし、医学でもありません。くれぐれもご用心ください。

多分、この話題は今後も続けます。

↑ページTOPへ

関連記事

遺伝子検査は医療に画期的な貢献をしている、でも「遺伝子検査ビジネス」にはご用心を!イメージ

遺伝子検査は医療に画期的な貢献をしている、でも「遺伝子検査ビジネス」にはご用心を!

■病気の診断に遺伝子検査は画期的な役目を果たしている 遺伝子治療というものもありますが、今回は診断に役立っている遺伝子検査について、そして悪徳業者が紛れ込んでいる「遺伝子ビジネス」について考えてみます。遺伝子検査というと […]

ビール擁護本を読んだら、ミイラ取りがミイラになってしまったぞ!!イメージ

ビール擁護本を読んだら、ミイラ取りがミイラになってしまったぞ!!

■ビールいいやつ説の健康本 夏場のポケモンGO後のビールのうまさにメキメキでっかくっなてしまった自分のお腹。憎っくきビール、全てビールが悪いのさ、とグレかかっていた私です。「やせたい人は、今夜もビールを飲みなさい」(安中 […]

美容で痩身などに使われるエステのキャビテーションとは効果あるのかな?ニセ医学との話も物理系専門家の間では・・・。イメージ

美容で痩身などに使われるエステのキャビテーションとは効果あるのかな?ニセ医学との話も物理系専門家の間では・・・。

美容で使われる「キャビテーション」っていう用語の怪しさ キャビテーションで痩身をとか、脂肪を分解とかの言葉がエステ系のネット上広告や折り込み広告で氾濫しています。私のブログを読んでくれている方は理系の小うるさいオッサンが […]

肥満の原因は社会格差・経済格差にある、は間違っている!!経済格差と肥満の深い関係イメージ

肥満の原因は社会格差・経済格差にある、は間違っている!!経済格差と肥満の深い関係

■肥満と経済格差の関係 先進国で低所得者に肥満が多い、その理由は運動する余暇を確保出来ない労働環境、手料理を作ることができない長時間労働、安易なジャンクフードによる過剰なカロリー摂取が原因だと考えられています。日本でも所 […]

糖質制限ダイエット 健康によくないみたいイメージ

糖質制限ダイエット 健康によくないみたい

■糖質制限ダイエットで他の異常が増える チョッと古いかもしれませんが、食事は一日一回でいいとか、糖質を制限するとダイエットに効果があるとか結構話題になっていましたね。とりあえず何でも挑戦してみて自分の体で試さないと気が済 […]