五本木クリニック院長ブログ

磁気で血行を良くして、コリをほぐすって何が根拠なんだろう?


■たった一つの論文が磁気が血行を改善することの根拠だった、磁気が体に良いという説

以前から気になっていた治療法があります。磁石をつかった磁気による健康法です。磁気により血行が良くなり、肩こりなどが解消するってよく見かけるアレです。医療現場で使われる磁気を利用したものとしてはMRIがよく知られているのではないでしょうか?MRIは核磁気共鳴画像法と呼ばれる検査方法で正式名称はMagnetic Resonance Imagingで頭文字をとってMRIと呼んでいます。放射線を使用するCTと違って人体に対する影響がないために、病状を確実に把握するためには現代医療では切っても切れない検査方法となっています(検査費用が高額なのが欠点です)。

full-body-magnetic-therapy-set-6_gif__600×480_
海外ではこんな磁気治療器も販売されています。MagneticTherapyMagnets.comより

厚生労働省も効能を認めて告示112号で効能の表記を認めていますので、一般の方が安心して利用するのもうなずけることではあります。でも、なんでも懐疑的に考えてしまう私ですので、厚生労働省が何を根拠として効能を認めたのか調べてみて、そりゃ驚きましたです、わたし。

「皮膚貼付用磁気治療具の治療効果について」という論文があって執筆者は中川恭一となっていますが、この論文をもとにして、効果効能があると判断された経緯がありました。その後、続々と磁気の治療効果に対する論文が出されていますが、とにかく効果効能を厚生労働省が認めたのはこれが根拠となってるのは間違いありません。 磁気治療具の治療効果について 効果が十分にあるもであれば、別に文句を言う必要はないと思いますが、実はこの論文はかなり問題があるものなんです。結果的にこの論文では効果を90%となっていますので、メチャメチャ優秀な治療方法です・・・でも、この効果判定なんですが、なんとハガキによるアンケート調査の集計に基づいているんです、コリャ本当に驚いた!! www_bsigroup_jp_upload_PS-Assessment_Certification_Documents_Notification112_pdf www_bsigroup_jp_upload_PS-Assessment_Certification_Documents_Notification112_pdf-2

 

■大手電機メーカーも磁気健康市場に参入

カネボウの化粧品による白班被害が昨年話題になりましたが、この機能性化粧品を厚生労働省が認めた根拠となるカネボウが提出したデータに貼付された論文自体は白班の危険を訴えていましたが、この警告を含む研究論文を上手い具合いに加工・加筆・削除して承認を受けていたことが後日発覚しています。

実際に医学の知識を持っていないか、統計学的理論を全く理解していない人がお役所にいる可能性が大です。さらにこの磁気治療は大手電機メーカー等も参入していますので、普通の人は安心して購入してしまうのも当たりまえのことです。磁気が人体に影響を及ぼす可能性は限りなくゼロに近いので、副作用が引き起こされていないのは不幸中の幸いと言えます。

■もっともらしい磁気治療の説明

磁石の磁気を利用した治療法は紀元前からギリシャでは使われてたそうですが、その後もヨーロッパを中心として流行し、19世紀には肩こりの治療効果があるとして一般化しました。その後の物理化学分野の進歩によって磁気の研究おおく行なわれて、皆さんも耳にしたことがあるはずの「フレミングの法則」とか「ガウスの法則」とか「アンペールの法則」なんてものが見つけられました。このなかでも特にフレミングの法則は何とはなしに皆さんの頭の中に残っているものではないでしょうか?もちろん磁気治療機の説明にもしつこいくらい登場します。 FLR_jpg__778×514_

■「フレミングの法則」で血行を促進するのが磁気治療の科学的な理論!!??

磁石または磁気を発するものによって、血行を促進して、筋肉のこりをほぐし、乱れた自律神経を整えるという様な効果を磁気治療器は謳っています。基本的な理論は「磁気で血行が良くなる」というものから様々な効果効能が導きだされています。じゃ、本当に磁気・磁力で血行って良くなるのでしょうか?

血液成分はプラスイオンとマイナスイオンのものがあり(プラス・マイナスの電荷を帯びたものでは無いようです、彼らの理論としては)、これに磁力を浴びせることによって「フレミングの左手の法則」が働くことによって血液の流れが促進され血行が良くなる、らしいです。多分、血液中の赤血球にヘモグロビンが含まれていて、そのヘモグロビンは鉄を含んでいるから磁力に反応するということなんでしょうね。実は様々な研究によって血液は磁力に影響を受けないし、磁気健康治療器の効果もプラセボの域を超えないことが明らかになっています。もちろん、医学の研究は自由な世界ですから、それに対する反論を中心とした論文も探せば見つかるでしょうけど。

もし、血液が磁石に影響されるとしたら、赤血球が磁力によって引きつけられて血管壁にくっ付いてしまって逆効果なんじゃないでしょうか?当然、血行不全を引き起こし、脳梗塞や心筋梗塞起こしますよ。

↑ページTOPへ

関連記事

トンデモ系医師のニューフェイス?「うがいにインフル予防効果なし」・・・これは誤解を招きますぜ!!イメージ

トンデモ系医師のニューフェイス?「うがいにインフル予防効果なし」・・・これは誤解を招きますぜ!!

■うがいは効果なし・・・でも、鼻うがいは効果あり、ってヤバいぞ!! 別に「女性自身」、あるいは取材を受けられた医師に恨みがあるわけじゃないですが、記事の内容があまりにもお粗末、武士の情けでトンデモ記事にご協力された医師の […]

遺伝子検査で病気のリスクを予測することは可能、しかし結果が判ったところで予防方法が無い病気も多数あるイメージ

遺伝子検査で病気のリスクを予測することは可能、しかし結果が判ったところで予防方法が無い病気も多数ある

■将来の病気の発症を予測する遺伝子検査、医師自身はどのように考えているのか? 人間の遺伝子(ヒトゲノム)を世界中の研究者を動員して解読できたのは2003年です。思ったより少ない3万個(現在は間違いが修正され2万程度)とい […]

ビタミンB17の効果と作用、っていうかそんなビタミンあったんだ??!!イメージ

ビタミンB17の効果と作用、っていうかそんなビタミンあったんだ??!!

■ビタミンB17という不思議なビタミン?? 先日、米国の爆撃機のことを調べていました。B52(ベトナム戦争で使用)、B29(日本を爆撃)、そしてB17という第二次世界大戦で初期の頃、日本の誇るあの零戦がカモにした爆撃機を […]

週刊現代「飲んではいけない薬」シリーズは木を見て森を見ずだ!!イメージ

週刊現代「飲んではいけない薬」シリーズは木を見て森を見ずだ!!

■薬はすべて利益と不利益があるんですけど いやーしつこいしつこい、週刊現代の「飲んではいけない薬」「やってはいけない手術」シリーズ。掻いてあること全部が全部間違いではないし、かといって全面的に信用・信頼して良い記事で埋め […]

お酒を飲んで顔が赤くなる人は注意!!飲みすぎると糖尿病になっちゃうんだってさ!!??

■お酒を飲んで顔が赤くなるということは・・・ アルコールを大量に飲める人、あるいは少量のアルコールでも顔が真っ赤になって気持ち悪くなる人がいます。アルコールハラスメントが認知されることによって、無理やり飲みたく無い酒を飲 […]