五本木クリニック院長ブログ

オリンピック精神に反するけど、スポーツは精神面に悪影響を及ぼす可能性があるという説


健全な精神は健全な肉体に宿るは間違い?!

東京でオリンピックが開催されることになりました。オリンピックと言えば「健全な精神は健全な肉体に宿る」という言葉を憶いだしてしまう私ですが、実はこの言葉は全くオリンピックとは関係なかったのですね。近代オリンピックの父クーベルタン男爵が言ったのは「参加することにこそ意義がある」でしたが、「健全な精神は・・・・」はローマの詩人ユベナリスの言葉だったようです。

 

青少年がスポーツをすることは健康面だけでなく、精神面でも良い影響があるということで皆さんの常識だと思います(商業主義に走りがちな一部のスポーツは除きますが)。高校野球、高校サッカーなども近年は少しコマーシャリズムに毒されすぎている様な気がしていたのですが、「それって本当かな?」と意地悪な気持ちが毎年恒例の箱根駅伝をダラダラとお正月に見ていてムクムクと湧き出てしまいました。

 

ネット上でも勝利至上主義であるとか、テレビなどに左右され商業主義に走りがちという意見もでています。それは置いといて本当にスポーツは肉体だけでなく、精神面に好影響を与えるのか、医学的にアプローチしてみました。 Too_much_weekly_sport_seems_to_be_as_bad_as_too_little_for_teen_wellbeing___company_bmj_com http://company.bmj.com/より

 

過度の運動は精神的健康に良くない!

色々と医学論文を探し求めた所、有りました、有りました!「Too much weekly sport seems to be as bad as too little for teen wellbeing」というタイトルの論文がBMJ(November 20, 2013)に。毎週スポーツを行なう事は良い事なんですが、やり過ぎは精神面に悪響を与えるのです。実は若者の精神面に対して運動が良い影響を与えるか、それとも与えないかという単純な問題に対してはエビデンスと呼ばれるものは無かったのです。それを今回A. Merglenという人たちがスイスのローザンヌ地方の若者16歳から20歳について調べました。スポーツを週に3.5時間しかしない短時間グループ、週に3.6から10.5時間行なう中くらいのグループ、週に10.6から17.5時間の長時間グループ、そして問題の週に17.5時間以上行なっているグループの4つに別けて調査は行われました。精神的に健康であるか?という基準はWHO-5というものを用いました。
www_psykiatri-regionh_dk_NR_rdonlyres_0B58B24F-1C1D-48F6-A2A2-EC8203E067F0_0_WHO5_Japanese_pdf www_psykiatri-regionh_dk_NR_rdonlyres_0B58B24F-1C1D-48F6-A2A2-EC8203E067F0_0_WHO5_Japanese_pdf 2              このような質問です

この得点が13未満だと精神的な健康度に問題ありと判断されます。この結果

・一番スコアが高かったのは10.6から17.5時間運動のグループ

・最低のスコアは3.5時間未満グループ

となっていました。気になるやり過ぎグループ17.5時間以上は中等度の運動を行なっているグループと比較して精神的に健康でない、とされた率が高くなっていました。

・中等度の運動で精神的に健康ではない率は9.3%

・運動やり過ぎで精神的に健康でない率は18.3%

 

スポーツをしないのも良くないが、やり過ぎはもっといけない

今回の結果から「健全な肉体に健全な精神が宿る」と推奨されるスポーツの時間は週当たり14時間とされました。日本の高校で行なわれている体育の時間が週当たり2−3時間ですので、これでは充分では有りませんので、課外活動とか部活としてスポーツをすることが精神面での健康には必要となってきます。 運動部活動の在り方に関する調査研究報告_(中学生・高校生のスポーツ活動に関する調査研究協力者会議)_:文部科学省
文部科学省の運動部活動の在り方に関する調査研究報告 (中学生・高校生のスポーツ活動に関する調査研究協力者会議)によると上記のようになっていて、体育の時間と合わせると適度な時間配分になっていて、日本の学生スポーツ界は健全なのではないかと言えます。

 

でも、高校野球などで強豪校といわれる所は合宿で共同生活を送っていますので「いじめ」「上級生による体罰」などが発生してしまうのは、実質的に体を動かしている時間だけでなく仲間と過ごす時間が長くなると精神的なストレスがお互いに発生して「精神的に健康」では無くなってしまうのかも知れません。

↑ページTOPへ

関連記事

素直に感動!?韓国で整形した女性の「美しくなるまでの過程」の記録写真を見てイメージ

素直に感動!?韓国で整形した女性の「美しくなるまでの過程」の記録写真を見て

韓国美人を目指す過程が明らかになった 常々どちらかというと韓国美容整形をdisってきた私ですが、日韓の関係もこじれにこじれている現状を考えるとお隣の国ですので、できれば友好的な関係を結べれば良いのですが・・・。隣国の大統 […]

ええっ!!バイアグラを飲むと皮膚がんになっちゃうの!!??

■バイアグラなどのPDE5阻害薬が皮膚がんの原因という説 ED改善薬として世界中のオッサンを歓喜させたバイアグラ、医療関係者はシルデナフィルなんて呼びますが、この夢の薬を服用すると皮膚がんになりやすい、なんてことを言いだ […]

ジカ熱が原因でリオ五輪が開催不能!!??デング熱より症状が軽いのになぜ?イメージ

ジカ熱が原因でリオ五輪が開催不能!!??デング熱より症状が軽いのになぜ?

■ジカ熱のためにオリンピックの開催場所が変更になる可能性 ジカウイルスによる感染症であるジカ熱の流行が原因で、2016年のリオデジャネイロオリンピックの開催場所を変更する話がいよいよ本格的になってきました。 2015年か […]

コーヒー1杯を余分に飲むと糖尿病のリスクが減る!!コーヒーVS紅茶も決着か?イメージ

コーヒー1杯を余分に飲むと糖尿病のリスクが減る!!コーヒーVS紅茶も決着か?

■コーヒー論争に決着がついたようです コーヒーが体にいいだの、ガンに効果があるだの、いやいやそんなことないよ、紅茶は比較していないじゃん、なんてコーヒーを取り巻く健康関連問題に取りあえずの決着がついたようです。例えば ・ […]

デブだとモテない理由が医学的に判明した!?女性が本能的に避けるわけとは?イメージ

デブだとモテない理由が医学的に判明した!?女性が本能的に避けるわけとは?

■肥満の人がモテるかモテないかの議論は避けます 一般的に太っているとモテないとされています。もちろん個人の好みでそれは違うという意見もあるでしょうが、とにかく痩身を目指した様々な方法論が話題になっていますし、ダイエット商 […]