五本木クリニック院長ブログ

リンパマッサージに効果を求めるなら、まずは情報のダイエットを!!


■リンパマッサージで検索するといいかげんな記事が

「リンパマッサージ」というキーワードでネット検索すると上位30位までは、医学的に正しい情報を伝えているものが全くありませんでした(2014年3月現在)。出てくる記事は「リンパマッサージで小顔」「リンパマッサージでデトックス」「リンパを流してダイエット」という感じのものばっかりです。
医学的にリンパをマッサージして、浮腫を改善させる方法がありますが、本当にリンパマッサージを必要としている人に情報がつたわらないという、ある意味危険な状態になっているのが、リンパマッサージ系業界です。
リンパマッサージ_-_Google_検索

陸上自衛隊のメンタルヘルス教官の下園氏も「情報に触れすぎるのがマイナス感情を生み出す」というようなことを言っています。精神的安定に対しても情報の集め過ぎがマイナスになるように、リンパマッサージも溢れかえる間違った情報のダイエットが必要です。

がんの手術の跡に、腕や下半身のリンパ浮腫に悩ませられる患者さんがいますが、それを治療するのがリンパ浮腫のマッサージであり、決して小顔や足瘦せ、ダイエットを目指したものではありません。

■間違った知識でリンパを流しても、ダイエットできるわけがない

リンパ管とリンパ液をリンパと漠然と呼んでいます。体中に細胞で消耗された栄養のカスをリンパ管を流れて最終的に体外に排出されることは間違いありません。また、リンパは体を外敵から守る為に組み込まれた人間の自然の防御システムです。小顔やダイエットの為に存在するものではありません。
リンパ管の途中にはリンパ節と呼ばれる(喉をが痛い時に首にグリグリができますが、その場所です)が体の各所にあるのですが、免疫系に対して重要な細胞が含まれていますので正しい知識を持たないで「リンパを流す」とトンでもないことが起きる危険も考えられます。

ダイエットがブームですので、リンパマッサージでダイエット効果を目指すものが多く目につきます。それらの間違いは以前ブログでかきました。特に気になるのが東洋医学との合わせ技の「経絡リンパマッサージ」です。

cellulite_massage-1_jpg__907×584_

■正しいリンパの流れを理解

リンパの流れを正しく理解して、健康に役立たせるためには信州大学の大橋教授が書かれた本を参考にすることをお勧めします。医師が書いたから正しいとは限らないことは、一時期話題になった近藤氏のがんと戦わない系の本がありますが、この大橋教授の書かれたものは疑い深い私でも医学的に疑問を感じる記述はありませんでした。

www_kokusen_go_jp_pdf_n-20120802_1_pdf

国民生活センターの把握しているマッサージ等による危害件数 http://www.kokusen.go.jp/より

■混乱を招く医学的リンパマッサージと痩身の関係

医学的に確立されたリンパによる浮腫の治療は手術と弾性サポーター、そして「リンパドレナージ」という方法だけです。リンパドレナージをリンパドレナージュとフランス語を使ってそれらしいムードを醸し出している非医療系業界もあります。
がん研の有明病院ではリンパ浮腫外来を開設して手術後のリンパ浮腫に悩ませられている方の治療を行っていますが、「リンパドレナージュ」という言葉を使用しています。そんな医療にも敏感なアンテナを張り巡らせているリンパマッサージ業界、恐るべしです。
リンパ浮腫治療室|がんに関するサポート・ご相談|がん研有明病院
がん研 有明病院HPより

■今後のリンパマッサージの予想

間違いなく免疫系を高めて何でも治っちゃうという論法を振り回してくるのは、かなり高度の確率で予想されます。
もちろん、信州大学の大橋教授の本を参考として自分に都合のいいとこ取りの論法を使用して。でも、一つだけ注意しておきますね、病気を第三者が治療する、あるいは治すことは医師又はそれに準ずる国家資格を持ったものでないと違法になります。
また、病気の診断を下すのは医師だけに許された行為です、たとえ鍼灸・マッサージの国家免許を持っていても診断を下すことは違法となりますので、それを知っているだけで怪しげな業者に引っかからないで健康被害を防ぐことが可能になります。

↑ページTOPへ

関連記事

【ネット広告の闇】ダイエットする前に骨折の治療を優先しようよ!!

ダイエットする前に骨折の治療をお願いします!! 美容系サプリメントのフェイク広告が特にニュースアプリで盛んにタレ流されています。 特にダイエット系サプリの画像加工や動画加工はひどいもので、昨日こんなブログを書きました。 […]

せっかく危険な脂肪吸引をしても1年後にはリバウンドしてしまうという悲劇イメージ

せっかく危険な脂肪吸引をしても1年後にはリバウンドしてしまうという悲劇

■リスキーな脂肪吸引という美容手術 簡単に余分な脂肪を取る方法として脂肪吸引治療があります。十分な経験のある医師が行う治療は効果もありますし、危険性も少なくなるのですがチャラい医師が運悪く担当になってしまうと、効果はもち […]

乳酸菌が体内に吸収!!??は無いけど、本当に花粉症に効果はあるのか?

■アンチエイジング専門医が乳酸菌についてヘンなこと言っているけど 某健康情報というか美容に関するサイトでヘンテコ記述を見つけちゃいました。 ヨーグルトは腸内環境を整えるには効果的ですが、特に38℃程度に温めると(ラップを […]

トマトジュースの効能って血圧だけじゃなくて、乳がんリスクも減らすみたい。イメージ

トマトジュースの効能って血圧だけじゃなくて、乳がんリスクも減らすみたい。

トマトジュースって健康に良いイメージがありますね トマトってリコピンとかビタミンとか豊富で健康に良いとされています。海外では「トマトが 赤くなると医者が青くなる」というおばあちゃんの知恵的(最近、私すごく気にっています) […]

ダイエットや健康法として低炭水化物食と低GI食は別物と考えたほうがよろしいようで・・・。イメージ

ダイエットや健康法として低炭水化物食と低GI食は別物と考えたほうがよろしいようで・・・。

■確かに低炭水化物食はダイエットに効果はある 炭水化物を制限する糖質制限ダイエットとか低炭水化物ダイエットとかローカーボダイエットとか呼ばれる減量方法について賛否があることは多くの方はご存じでしょう。確かに糖尿病の治療に […]