五本木クリニック院長ブログ

酵素療法って医学的には否定されていますが、信者が多いのは医療サイドの問題かもです、ニセ医学だけど。


■酵素にも色々ありまして・・・ガンが治るはやめてください!

先日から酵素によるダイエットとかそれにまつわるビジネスに対して批判的なブログを書いているにはワケがあるんです。というのも大手の○田酵素のように「健康と美容に」的な表現をとっているなら何も問題はないのですが、アトピー、喘息などの病気が治ってしまうとか、「ガンが治った!!」なんてものは非常によろしくないのです。

なぜならガンの場合、医療不信の方がいらっしゃることは当然承知しています。特に末期ガンで発見された患者さんに対して、お手上げです的な心ない発言をする医師がいることは否定しません。しかし、少なくとも一定レベルの成績を挙げることが科学的方法で立証されている治療方法があるんですから、エビデンスに乏しい酵素食品で自然治癒力をアップして治そう、なんて選択をしてしまう患者さんは悲惨な結果になるのが明らかだからです。

当院でも実際に疑似医学ビジネスに手を染めた経歴の患者さんがいますが、まっとうな医療治療を今では素直に受け入れています・・・ご自身でも疑似医療ビジネスを行っていた当時も「これは本当に効果があるんだろうか、でも愛用者が効果があるっていっているんだから」と自分を納得させていたそうです

■どんな理論でも最初から科学的・医学的に破綻している酵素栄養学

酵素栄養学って医学分野があるわけではなく、ある特定の人たちが「今の医学は遅れている、これからは酵素栄養学の時代だ!」と勝手に暴走しだした疑似医学なんです。1940年代後半にエドワード・ハウエルと言う人が唱えだした考え方らしいのですが、一般向けの本とし1980年以降に出版してからブームが起こったようです。

しかし、古くからある学説??のわりには全うな医学書で「酵素栄養学」ってものはありませんし、当然医学部で学ぶこともありません。

不思議なことにこの酵素食品とローフーディズムは親和性が高いようで、なんでも生で食べましょう!酵素イッパイの食品とともに!的な流れが酵素栄養学至上主義の本やサイトでは目立ちます。多分、少ない医学・生化学的知識の著者たちは酵素が熱によって変成してしまうことは理解してるんですね。

■酵素が体に良い説の先駆者は日本人でした!?

私が調べた範囲では脇田政孝著「医学を超えた健康法 酵素療法の実際」という本が1955年頃に出版されていますので、酵素栄養学の父エドワード・ハウエルさんが一般向けに本を出した時期より早いんです、日本人の方が酵素は健康にいいです説を一般的に広めたのは。恐るべし日本人疑似医学力、と感心していたらヤッパリ外国にはかないません。

スクリーンショット_2014_06_18_23_44

マックス・ゲルソンと言う人が「ゲルソン療法」という治療法?を唱えだしました・・・これが生の野菜を中心にしたローフード(生食)ブームの始まりと考えられます。あの「コーヒー浣腸」を言い出したのもこの人です。

日本人にアドバンテージがあったかに思われた疑似医療ですが、残念ながら「ハウエル+ゲルソン」のタッグチームには適わなかった模様で現在の日本の酵素健康法は「酵素+生食」が主流となっている状況です。

■本場の米国では確実に否定されている酵素ダイエット

米国ではアメリカがん協会が酵素療法(Enzyme Therapy)に対しての判定を下しています。

スクリーンショット_2014_06_18_23_15

スクリーンショット_2014_06_18_23_18

スクリーンショット_2014_06_18_23_21

http://www.cancer.org/より一部抜粋

・概要 酵素サプリメントはがんの治療には役立ちません

・医学的証明 酵素ががん治療に効果があったとする証拠はありません

ということを警告しているんです。もう一度繰り返します、酵素食品が健康に良さそうといって普段あまり食べない野菜類を積極的にスムージーであれ、サラダであれ摂取することは良いことです。健康のために食事に気を使うことも大切なことです。

しかし、酵素を含む食品を積極的に摂取しても、なーんの効果も酵素自体は直接人体に現しませんし、ガンが治るワケは無いのです。

酵素食品が健康に良いと宣伝しまくっている人、セミナーなどで酵素の有効性を強く訴えている方は「病気が治る」的な表現はぜひ改めて頂きたいと存じます。

↑ページTOPへ

関連記事

「ほうれい線」って男が一番気にしていた「シワ」だったらしい。イメージ

「ほうれい線」って男が一番気にしていた「シワ」だったらしい。

■男のシワは年輪だぜ!なんて言っていると・・・。 以前から当院では男性のシミについてはキレイにしようよ!と訴えかけていますが、シワに関しては「男の年輪だから、あんまり気にしないでいいじゃない」的な対応をしてきました。シワ … 続きを読む

ポリフェノールの効果って健康に良いのか、悪いのかハッキリしろ!!イメージ

ポリフェノールの効果って健康に良いのか、悪いのかハッキリしろ!!

■リンゴのポリフェノールの効果 「りんごが赤くなると医者が青くなる」「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざが欧米にあり、赤い色の食べ物は健康にいいんだよ、というおばあちゃんの知恵です。トマトジュースが乳がんの … 続きを読む

美容整形で韓国旅行をする日本人を韓国側はどの様に思っているのか?論文発見。イメージ

美容整形で韓国旅行をする日本人を韓国側はどの様に思っているのか?論文発見。

■異文化圏で上手く美容整形治療が受けられるか? 美容整形を韓国で受ける方が増えているということはお聞きになってる方も多いと思います。受け入れ側の韓国では治療に訪れる日本人はどの様に受け止められているのか気になるところです … 続きを読む

「年齢ペプチド」って何?DHA・EPAとも違う、VPPとIPPという血管をしなやかにする成分らしい。イメージ

「年齢ペプチド」って何?DHA・EPAとも違う、VPPとIPPという血管をしなやかにする成分らしい。

■年齢ペプチド、とは・・・血管をしなやかにする乳が元の健康成分らしい 「血管年齢」という呼び方があります。血管が動脈効果を起こし、心臓や脳の血管がしなやかさを失うことで、心筋梗塞や脳梗塞・脳出血が起きるため、血管がしなや … 続きを読む

シワを消すと「うつ病」に効果がある!という情報は事実なのかを追及しました。イメージ

シワを消すと「うつ病」に効果がある!という情報は事実なのかを追及しました。

☆うつ病の方の厳しい表情の改善を目指すと・・・ うつ病やうつ症状に悩ませられている方が日本では急増しています。現代病ともいえる現象です。 男女共に働き盛りであり、また子育てなどストレスがかかりやすい30歳から50歳台に多 … 続きを読む