五本木クリニック院長ブログ

皮膚呼吸で体内に水素が浸透する「水素風呂」、なんだか怪しげだぞ!!


■医師が監修しているとのヘルスケア大学の水素水の話が怪しげ!!??

ヘルスケア大学という医師が執筆あるいは監修したとされる健康情報サイトがあります。ウェルク問題で信頼度の低い医療情報サイトは自主的に消滅する運命だと思っていたのですが、ヘルスケア大学は粘りますね〜。実は初期のヘルスケア大学には私も記事を投稿したり、監修を手伝ったことがあります(無報酬)。時を経るとともにページ数増加目的なのか、雑な医療情報、非医学的・非科学的な内容が増えたために現在では協力を辞退しております。姉妹サイトとも言える「スキンケア大学」ではこんなことさえつい最近まで行われていました・・・スキンケア大学、ホメオパシー化粧品を認定して大丈夫でしょうか??

未だにヘンテコな医学情報満載の医療情報サイトのヘルスケア大学ですが、このような記事を掲載して大丈夫なんでしょうか?縁が切れたといえ、いっときでも関わったサイトの今後が心配でなりません。


http://www.skincare-univ.com/article/006594/より 

■ヘルスケア大学参画ドクターが監修って何?

まず、この水素水をお風呂に入れたと思われる「水素風呂」の効果・効能の検証は置いといて、「ヘルスケア大学参画ドクター」という謎の文言は何を意味するのでしょうか?以前監修を行った医師がWELQ騒動によって協力解消をしたため一時的対応、あるいは責任の所在を複数の医師に持たせるためにそのような記載になったのか?

◎スッゲー悪意を持った考え方だと、外注あるいは社内で記事を書いたけど、監修する医師が見つからなかった場合もあり得ますよね

そうなるとヘルスケア大学の記事も実はWELQ方式の寄せ集めの可能性も出てきますから、ヘルスケア参画ドクター、って書き方は改めた方がよろしいかと老婆心ながら書き添えておきます。

では、水素風呂の効果について検証していきますね。まず

水素の分子は非常に小さい(ナノレベル)ため、他の物質では入り込めない細胞の隙間にまで入っていくことができます。

前掲ページより これにかなーり違和感をお持ちになった医療関係者、理系うるさ型オッサン多数と予想します。

何でもかんでも分子量が小さけりゃ、細胞の隙間から体内に入るのでしょうか?万が一、水素分子はナノレベルなんで細胞の隙間から体内に入り込んだとして、その水素が血中に取り込まれて血流として全身を駆け巡るらないと人体に効果はないと思うんですけど・・・。そんなこと、ちょっと考えれば不可能ってわかるんじゃないでしょうか、だってこの記事は

◎肌呼吸によって水素が皮膚から吸収されて、全身を駆け巡るという不思議な理論

によって、水素風呂の効果を説明しています。

◎ところで「肌呼吸」ってなんですか?(笑)

これに続く文章では「皮膚呼吸」という一瞬医学用語っぽい話が出てきますが、これも怪しげです。だって

◎人間って皮膚呼吸なんかに全く頼っていませんもの!!

人間はカエルやサンショウウオじゃないので、呼吸は肺を中心に行っています。「皮膚呼吸」って化粧品業界の一部が使用している言葉であり、肌が厚く体自体が大きくなった人間が皮膚呼吸に依存していたら、即酸欠になりますもんねー。

■もっともらしく参考文献を記載しているけど・・・

記事の最後に参考文献として水素の医学的効用を研究されている太田教授の論文が記されています。参考文献を引用したヘルスケア大学の記事は

皮膚呼吸によって体内に入り込んだ水素が全身に巡り渡るまでには、約7分と言われています。ですので、水素風呂の効果を得るためには、ぬるめの温度で10分以上を目安に入浴する必要があります[1]。

http://www.skincare-univ.com/article/006594/より 

となっていますが、太田教授の論文は皮膚呼吸で全身に巡るために7分必要なんて言っていませんし、水素ガスが全身に行き渡るのに10分と書かれています、さらにこのデータは「論文としては未発表です。」とも記されています。

9.2. Hydrogen Bath
H2 easily penetrates the skin and distributes throughout the body via blood flow. Thus, taking a warm water bath with dissolved H2 is a method of incorporating H2 into the body in daily life, especially in Japan. It takes only 10 minutes to distribute throughout the whole body, as judged by measuring hydrogen gas in expiration (unpublished results).

「Recent Progress Toward Hydrogen Medicine: Potential of Molecular Hydrogen for Preventive and Therapeutic Applications」(Curr Pharm Des. 2011 Jul; 17(22): 2241–2252.より引用)。

皮膚呼吸で吸収された水素が全身に行き渡るのに7分と書いた、その直後に水素風呂の効果を得るためには10分必要ってなんなのでしょう(笑)。

太田教授のせっかくの研究成果をこのような形で利用して、いかにも医学論文の裏付けがありまっせ的手法に惑わされてしまう一般の方は多いのではないでしょうか?

ちなみに私は水素水自体をこのように考えております・・・素朴な疑問「水素水って健康によいのですか?」には「いいえ、あなたが期待している効果はありません」とお答えします。

■どう見ても入浴することによって、皮膚呼吸を利用して水素が体内に入ると解説しているじゃん

ヘルスケア大学の水素風呂の記事では、普通の呼吸によっても水素が体内に入り込むことも書いていますが、少なくとも強調したい点は「水素風呂」+「皮膚呼吸」と読み取れます。水素ガスが人体にある程度の影響を及ぼすことに対しての研究は今現在も多数行われています。しかし、多くの研究は直接水素ガスを吸入するものです。水素水自体の効果・効能も多くの疑問点が指摘されています。皮膚呼吸が人体にとって本当に大きな影響を及ぼすのであれば、このような現象が認められるかもしれません。

でもね〜、皮膚を通過して空気は体内に入り込まないし、皮膚って基本的には汗とかを排出する働きを担っているし、外から安易に異物が入り込まないように防御しているし、人体の形を維持しているだけなんだけどなあ・・・。水素風呂で効果があった、という人の皮膚の構造ってスッカスカなんでしょうかね?

↑ページTOPへ

関連記事

素朴な疑問「あくびはうつる」のは本当だろうか?カメレオン効果で説明できます。イメージ

素朴な疑問「あくびはうつる」のは本当だろうか?カメレオン効果で説明できます。

■あくびはうつる、って思っていますよね、本当でしょうか? ニセ医学を批判するブログを多く書いてきて、少し心が荒んでしまったので、子供が質問するような「あくびってうつるけどどうして?」との素朴な疑問に対して医学的・化学的に … 続きを読む

週刊ポスト「ブラック病院の見分け方」を自己チェックしてみたら・・・。

■ブラック病院という言葉、病院じゃないけど気をつけたい 医師は労働者か、労働者ではないか、という問題が陰でこっそり発生しています。病院勤務の医師に課せられた仕事量と言ったら半端無いです。そうなるとどうしても労働基準法が定 … 続きを読む

母親を「鮭やマグロは有害物質を含有」で危機感を煽る能力開発・知能UP専門家はやっぱりトンデモさん!!

■鮭やマグロは水銀やPCBで汚染されているので、胎児や乳児に悪影響説を悪利用??? 水銀やPCB(ポリ塩化ビフェニル)が人体に有害であることは医学的な常識です。水銀・PCBを含む食物を食べた母親によって胎児や母乳で育てた … 続きを読む

有名人ご愛用ニセ医学、謎の生体エネルギーと電気誘導翻訳装置、広告塔にならないことを祈りますイメージ

有名人ご愛用ニセ医学、謎の生体エネルギーと電気誘導翻訳装置、広告塔にならないことを祈ります

■生体エネルギーは擬似医学、エセ医療の典型例です EXILEのATSUSHIさんが通常の科学・医学の解釈では疑問符だらけのグッズを愛用していることが、先週の週刊文春で取り上げられていました。擬似医学・インチキ医学に対して … 続きを読む

「ほくろ占い」を参考にして手術で顔のほくろを取ったら運勢は変わるか?イメージ

「ほくろ占い」を参考にして手術で顔のほくろを取ったら運勢は変わるか?

■ほくろ占いで運勢・運命が変わるか?の症例研究発表です 1:私の運勢の変化 私のクリニックは炭酸ガスレーザーを最初に導入しました。私自身も小鼻のほくろを取り除きました。当院が皮膚科・泌尿器科の他に美容皮膚科を掲げる第一歩 … 続きを読む