五本木クリニック院長ブログ

気になる頬のたるみ解消するなら、これが一番の方法だと思うんだけど。


■頬のたるみを改善するためのマッサージやエクササイズなんてやっても時間の無駄!!

頬のたるみはとにかく老けた印象を与えます。若い人でも徹夜続きとか仕事がハードだと、ご自分の顔を鏡で見て「こんなに疲れた顔になっちゃってんの」とか感じるではないでしょうか?

年をとると肌の弾力が無くなり、さらに重力の影響でどうしても肌はたるんできます

そして肌のたるみは残念ながら一番目立つ場所である頬に出ます。そうなんです

老けたイメージが一番出やすいのが、頬のたるみです

この頬のたるみをブルドッグ顔なんて表現をしている人もいますが、これはデリカシーの無い表現だと思います。そこで当院一押しの顔のたるみを改善する治療法がウルトラフォーマー3なんです。言葉で説明するよりはまずはこんな感じの治療です。



この頬のたるみを改善するウルトラフォーマーはその場である程度の効果を確認できます。さらにジワジワと効果が出てきて、一般的には3ヶ月程度で頬のたるみ改善効果がピークに達します。

■ウルトラフォーマー3の頬のたるみ改善効果ってこんなにあるんだぞ!!

私も昨年にこのウルトラフォーマー3を試しています。当時は色々なトラブルを抱えていて(医療面じゃなくて、ある健康関連サイトとの揉め事)、本当にクッタクタでした。患者さんには先生はいつも若いわねぇ、なんてヨイショされながら診療していたのですが・・・後でお見せしますが、左の写真のような感じになっていました。

こんな頬が垂れ下がった状態で日常の診療をしていると、患者さんから「先生、病気?」とか「先生、家でなんかあったの」とのお言葉を掛けられました

「いやー、ある健康情報サイトとゴタゴタがあってさー」なんて答えても、お年を召した患者さんは「???」ってレスポンスでした。

こんなクタビレタ顔した医師に患者さんも診察されたくないだろうし、こっちも毎日鏡に映る自分を見ていたら嫌になってきます。気持ちもさらにダウン、これじゃあ、まともにバトルもできないです。人は見た目じゃないけど、ある程度の若々しさはリーダー(小さいながらも経営者です、私は)には求められるのでは無いでしょうか。

以前は暇なときに「院長もなんか美容の治療しますか」って優しい声をかけてくれていたスタッフもここ数年は地元以外からの患者さんも多数来院されるようになったので、院長はほったらかし状態でした。しかし、この頬がたるんで生気を失った顔を見て「院長、その顔のたるみは流石にまずいです。ウチは美容もやってんですよ」と思い出してくれたかのように、声をかけてくれたのです(しかし、院長がバトルをしていても自業自得と解釈しちゃう、たくましい当院スタッフってある意味すごい)。

>ウルトラフォーマー3は顔の皮膚と筋層を三段階に渡ってHIFUと呼ばれる超音波を照射することが可能ですこのHIFUは実は私の専門である泌尿器では前立腺の手術に使用されているシステムであり治療理論やシステムは熟知していましたので、安心して当院の美容専門医師の治療を受けた次第です。ウルトラフォーマー3で治療した私の使用前使用後はこんな感じになっています。



これ背景の光の具合も違うし、肌の色も違うからなんか画像を細工したんじゃないのとケチを付ける方もいましたけど・・・同じ日に撮影したわけじゃないし、当院にフォトショップ職人はいないしね。あっ、これ肌の色がかなり違っているのは、ウルトラフォーマー3で治療してから、複数回プールに行ったから日焼けしているだけです。

■よくある質問はウルトラフォーマー3って痛いの、ダウンタイムはどのくらい?

私の場合、ウルトラフォーマー3のフルコースを一回受けただけですが、現時点でも効果は残っています。そろそろ追加の治療の時期ではあるのですが、なぜか愛すべき当院スタッフは優しい声をかけてくれません(ブログを読んで優しい声をかけてくれたらプチボーナスも密かに検討しているんだけど)。

ウルトラフォーマーは痛くも痒くもなかった

もっと早く声を掛けてくれよ、当院美容スタッフ!!痛さって非常に個人差があるものですが、今のところウルトラフォーマー3で治療を受けた患者さんから「院長、めっちゃ痛かったじゃないの、キーッ!!」とのお怒りのお言葉は頂いておりません。

よく美容の治療で「ダウンタイムはどのくらいありますか」というご質問を受けます。一般的にダウンタイムはいつもの日常生活に戻れる期間を意味します。

ウルトラフォーマー3のダウンタイムは私の場合はゼロ!!※個人の感想です(笑)

だってこの治療を受けたのはお昼休みの暇な時間で、その後は普通に診療していましたもん。痛みとダウンタイムに関しては個人差がありますので、以前書いたブログの後半に当院スタッフの感想(※あくまで個人の感想です・・・しつこいか)が書かれていますので、やってみたい、試して見たい方はお読みください。

最新のウルトラフォーマー3体験レポートを50才代の女性から頂いていますので、書き添えます。

ウルトラフォーマーⅢで顔のたるみを改善、体験レポート!!

上記ブログ読むの面倒臭い方は、ウルトラフォーマー3体験レポートを50才代の女性から頂いていますので、書き添えます。

「ウルトラフォーマー三層の感想です4.5ミリ3ミリ→フェイスラインにやや鈍痛がありましたが、我慢出来る程度でした。2ミリ→施術可能範囲が広いためか痛みを強く感じ、レベルを1番低くしてもらいました。施術直後から夜まで鈍痛がありましたが我慢出来る範囲でした。翌日には今まで受けたどの施術よりも肌の引き締まりを感じました」

ありゃありゃ、この方は鈍痛を感じているし、痛みも強く感じたとのこと。さらに夜まで鈍痛とはかなりシビアかつネガティブな感想をどーもありがとうございます(怒)。でも痛みやダウンタイムは人それぞれ、ということを正直に書いておきますね(多分、明日あたり美容スタッフ及び美容部門医師から私は冷たい視線を浴びることでしょう)。

もう一人感想を頂いております。40才代女性です。

「施術中は骨に響く様な痛みがありましたが、麻酔なしでも耐えられる痛みでした。施術後からフェイスラインのリフトアップ感を実感しました。1週間程、筋肉痛の様な痛みがありましたが、2ヶ月くらいは効果が持続した様なきがします!」

まあ、若干の痛みはあったけど麻酔なしでOKってことですね。筋肉痛のような感じはHIFUが下の層まで達して、筋膜を収縮しているからなんです(言い訳じゃないよ)。効果の持続は2ヶ月かぁ(冷汗)。このような良くない情報もしっかり伝える五本木クリニック院長ブログでした(絶対、明日はスタッフにいじめられるから仮病で休もうかなあ)。

上記ブログ中で「今回このブログを読んだで治療を受ける方は、院長ブログ愛読者価格(詳細は秘密)で顔のたるみ改善治療を行わせていただきますね」と書いちゃっていますが、今は通常料金を頂いております(交渉力に自信のある人はメールでもいいですし、電話でもいいですから「院長のブログを読んだんだけど」とネゴって見てください・・・お問い合わせ・お申し込み、電話は 0120-70-5929 です)。

↑ページTOPへ

関連記事

白い歯は若々しく見えると言われていますが、ホワイトニングの効果のある食べ物ってあるのでしょうか?イメージ

白い歯は若々しく見えると言われていますが、ホワイトニングの効果のある食べ物ってあるのでしょうか?

☆ホワイトニングって流行していますが・・・。 今から20年前くらいにハワイで現地友人に会うためにオフィス街(クリニックも集中)を訪れた時、歯科クリニックは歯を白くする「ホワイトニング」の看板広告が乱立していました。中には … 続きを読む

ボトックスの失敗・・・原因は3つに絞られる!!イメージ

ボトックスの失敗・・・原因は3つに絞られる!!

■ボトックスの失敗の原因を追究してみると・・・ ボトックスというシワを改善する治療方法が日本で行われだしたのが10数年前、一般的にシワを伸ばすと認知されだして女性ファッション誌などで取り上げられだして10年くらい経過して … 続きを読む

キレイに瘦せたいなら炭水化物を食べなさい、って狙い過ぎでしょう(笑)!イメージ

キレイに瘦せたいなら炭水化物を食べなさい、って狙い過ぎでしょう(笑)!

■炭水化物を制限すれば瘦せます 糖質(炭水化物)の制限によってダイエットする方法は間違いなく、体重を減らすことができますし、血糖値を下げます。私が炭水化物ダイエットをdisる様なブログを書いたのは「瘦せられるけど、長期的 … 続きを読む

顔のたるみを改善する「フェイスリフト治療で死亡」って、エステでPRP注入療法は米国でも当然違法です 追記有りイメージ

顔のたるみを改善する「フェイスリフト治療で死亡」って、エステでPRP注入療法は米国でも当然違法です 追記有り

■フェイスリフトの治療で死亡者が!米国のエステで起きた事件 フェイスリフトって言葉は美容の世界では切る手術や皮膚を切らないで糸を入れたり、レーザーを使って皮膚の弾力性を取り戻し、老化と重力によって引き下がった顔のタルミを … 続きを読む

外資系製薬会社のあまりにも酷い「表情シワ治療」の広告宣伝手法(怒)般若顔だって!!イメージ

外資系製薬会社のあまりにも酷い「表情シワ治療」の広告宣伝手法(怒)般若顔だって!!

■外資系製薬会社の問題 日本では武田が製薬会社としては最大ですが、世界的に見ると売り上げで14位なのです。つまり、世界的な視野でみた場合、日本の製薬会社は中小企業。しかし、薬が売れる市場として見た場合、日本は大きなマーケ … 続きを読む