五本木クリニック院長ブログ

カテゴリー: 日本の医療レベル

2015年11月18日「SSRI」と称される、うつ病の薬への大きな疑問、こんなに一気に患者さんが増えてんの!!??

■SSRIという「うつ病の薬」、使用量も半端ない増加だけど日本人ってそんなに病んでいるの? トンデモ系の某医師から製薬メーカーの御用医師とか、政府の御用医師というありがたい尊称をいただいている私ですが、うつ病の特効薬的な […]

2015年11月17日高齢者の定義の見直しを検討中、じゃあ「老人は幸福」と言う話は本当だろうか?

■幸福度を数値化できるのか?という素朴な疑問 WHOによって高齢者の定義は65歳以上となっています。でも、個体差がかなり大きく64歳でも70歳以上に見える人もいますし、80歳でも60歳代に見える人もいます。一般的には数十 […]

2015年11月15日日本脳炎って過去の病気じゃないんだよ、今年日本でも発生したこと知っていますか?

■日本脳炎って名前だけど、日本では年間数例しか発生していなかった(過去形) 日本脳炎って病気はどなたでも耳にしたことがあると思います。実はここ数十年間日本では年間数例しか発生していない過去の感染症のイメージが強いのですが […]

2015年11月13日胃の検査でバリウム飲んでいる医師がいたら手を上げて!!

■胃の検査でなぜ未だにバリウムを飲むのか?という素朴な疑問 胃がんの検診あるいは健康診断で未だにバリウムを飲ませているところがあります。人間ドックでも若干バリウムによる胃のチェックを行っているところも見受けられますが、バ […]

2015年11月12日今年から4価のインフルエンザワクチンが使用されるけど、価格の上昇が気になる方へ

■昨年と今年のインフルエンザワクチンは違うんだよ!! 「今年のインフルエンザの予防接種って昨年と比較して高くね?」という声が聞こえますが、その一因として昨年使用したインフルエンザの予防接種のワクチンと今年のものはかなり違 […]

2015年10月01日インフルエンザ予防接種は効果がありません、という毎日新聞の報道への疑問が満載!!

■大々的に取り上げた「インフルエンザ予防接種は効果がありません」という記事 毎日新聞にこんな記事が載っていました。 「インフルワクチン:乳児・中学生に予防効果なし 慶応大など、4727人調査」 http://mainic […]

2015年08月30日ニセ医学!!近藤誠医師の「がん放置療法」は放置しましょう!!その2 エジプトのミイラはがん転移が少ない理由は発がん率が低かったから!!??

■エジプトのミイラのがんは骨転移が少ない・・・発がん率が低かった?? 近藤誠先生の「がんもどき理論」に患者さんも医療サイドも振り回されています。枝葉末節や専門的な反近藤論は多数ありますが、近藤先生の思考が間違っている、思 […]

2015年08月28日ニセ医学!!??近藤誠医師の「がん放置療法」は放置しましょう!!その1 100年以上前のデータで説明したって意味ないです

■近藤誠先生の「がん放置療法」の正しさはこのグラフで読み取れる!!??ワケないじゃん!! 近藤誠先生の「本物のがん、がんもどき」論争は病理学の専門家が判定すれば、即解決なんです・・・しかし、病理を専門とする医師はどの科の […]

2015年08月21日シワに直接注入するのは古い、新しいヒアルロン酸の使い方はボリュームアップとハリを蘇らせてタルミを治すのだあ!!

■シワの治療といえばヒアルロン酸とボトックスだけど・・・ 簡単にシワを目立たなくする方法として、ボトックス注射やヒアルロン酸の注入もかなりポピュラーな美容皮膚科のメニューになってきました。深いシワといえばほうれい線を人が […]

2015年08月19日「給食で死ぬ!!」という話と「給食がないと痩せる!!」という話、どちらも事実ならかなり怖い。

■給食で死にはしないと思うけど、給食を頼りにしている人もいるという話もありまして ひょんな切っ掛けで「給食で死ぬ!!」というタイトルの本を買ってしまいました。内容はある中学の校長が給食の内容を変えたところ、あら不思議、非 […]

2015年08月18日「人食いバクテリア」と呼ばれる溶血性連鎖球菌の感染者が急増!!って言っても情報が少ない!!

■人食いバクテリアと言われる理由 溶連菌とかレンサ球菌というのは膀胱炎の原因菌でもあり、私も日常の診療でごくごく普通に付き合っているバイキンです。しかし、今世間の注目を集めている「劇症型溶血性連鎖球菌」は筋肉が壊死して、 […]

2015年08月05日小学生の1割に肝機能障害!!という新聞報道は正しいのか?

■香川県の小学4年生の血液検査で1割以上に異常値!! 2015年8月3日の読売新聞夕刊で「小4肝機能異常1割」という衝撃的な見出しの記事がありました。香川県の8264人の小学4年生に採血を行い、その結果として ◎異常値が […]

2015年07月15日山本太郎議員、精神科の薬を飲んだふりして吐いてはいけませんよ!!

■精神科の多剤併用療法は批判の的だけど、勝手に調節してはダメ!! 精神科や心療内科に通院している患者さんの中には、お腹がいっぱいになるほどの薬を処方されている人を時々というかよく見かけます。「なんで同じような作用の薬を重 […]

2015年06月21日「ゼオミン(Xeomin)」は新たなしわ伸ばし治療の定番になるか?「ボトックス」を超えたかも。

■シワ治療の定番ボトックスの欠点を補った「ゼオミン(Xeomin)」 切らないでシワを改善する治療の代名詞「ボトックス」ですが、繰り返し使用することによって ◎「抗体」が作られることによって、効果がでなくなる可能性 が以 […]

2015年06月18日ボトックスの種類と特徴、代表的な3つのボツリヌストキシン製剤について

■ボトックス、ボトックスと気軽に呼んでいますけど、実は商品名です シワを治療する注射薬として一般名化している「ボトックス」ですが、実はこれは商品名であり美容領域で使用されるものは「ボトックスビスタ」、多汗症や痙性斜頸など […]

2015年04月25日ニキビ治療の新薬「デュアック配合ゲル」、過酸化ベンゾイルとクリンダマイシンが入っているけど・・・。

■デュアック配合ゲルはニキビの特効薬??蛇足じゃないの? 2015年はニキビに悩まされている人にとっては喜ばしい年となっています。日本では薬として承認されていなかったけど、世界的にはニキビ治療の標準成分とされている「過酸 […]

2015年03月20日ボトックスの副作用、それほど心配ないけど治療する医師の実力が副作用を招く!!

■そもそもボトックスの働きは神経の伝達を阻止することなんで、副作用が気になりますよね!! ボトックスは神経の伝達を阻止して「筋肉を縮めなさい」という命令を「縮めません」と拒否することによって、シワを作ろうとする筋肉の動き […]

2015年03月14日【朗報】ニキビ治療の新薬「ベピオゲル」保険適用、「BPO 過酸化ベンゾイル」が主成分、世界標準のにきび治療が可能に!!

■過酸化ベンゾイル「BPO」入りのニキビの特効薬が今年の4月から使用できる 以前から日本で保険診療で使用できる「ニキビ治療薬」は世界基準から数十年遅れていると主張してきました。2008年にやっと「ディフェリンゲル」がニキ […]

2015年03月12日乳酸菌やビフィズス菌で花粉症対策、という話。なぜ、ヨーグルトが花粉症に効果があるのか?

■腸内細菌を整えると花粉症などのアレルギーに効果がある、という話はそもそも・・・ 春の花粉症は「スギの花粉」がアレルギーの原因である「アレルゲン」になって引き起こされるアレルギー性鼻炎とアレルギー性結膜炎をまとめて表した […]

2015年03月11日美肌治療の基本「ケミカルピーリング」は「皮膚がんの治療」にも効果があるんだって!!

■スキンケアの基本中の基本のケミカルピーリング 美容皮膚科や皮膚科でもにきび対策・にきび跡対策でケミカルピーリングが使用されるようになり、ホームケア用のピーリング剤まで登場しています。(関連エントリー 美肌ケアの基本中の […]

2015年03月09日美容外科医が親しい友人だけにする、7つの内緒話「こんな患者さんは困る」!!

■患者さんの無理難題にほとほと困っている美容外科医・・・米国の場合 米国の美容外科技術は間違いなく世界一だと思っていました。高い技術力の裏でこんなことを美容外科医達は親しい人にこぼしていたとは・・・日本の美容外科医の方が […]

2015年03月01日シミ取りレーザーの特徴と注意点・・・後悔しないために最低限の知識もちましょう!!

■まだまだ進化し続けるシミ取りレーザー レーザーは魔法の機械ではありません。シミ取りレーザーと多種多様であり、進化もどんどんしています。15年くらい前に導入したのQスイッチルビーレーザーはメインテナンスとレーザーの機械自 […]

2015年02月23日日本で開発されたマラリアのワクチンがアフリカで大活躍する可能性が大いに期待できます!!

■日本で開発されたワクチンがアフリカで大活躍する可能性!! マラリアといえば、熱帯地方での感染症というイメージが強いのではありませんか?実は韓国でもマラリアは発生していて、温暖化が進むと日本でもマラリアを媒介する「ハマダ […]

2015年02月15日美容整形医がバカにされる理由、W-PRPとか勝手な名称をつけるからじゃないの??

■W-PRPのように明確な理論なしに、勝手に独自のネーミングをつけてしまう美容整形の世界 例えば「PRP」注入療法は野球選手の田中マー君が肘の治療につかった方法で、日本でも厚生労働省が再生医療の一つと位置付けている美容整 […]

2015年02月13日福島で子供に「甲状腺がん」が発見された、という記事は冷静に考える必要があります。

■福島原発の影響で甲状腺がんは本当に増加しているのか?という素朴な疑問 福島の原発事故が被災地域の方に多大な損害を与えているのは事実です。自宅に帰ることができない、財産が無に帰した、という金銭的・心情的な負担は被災地域外 […]

2015年02月05日薬が多い、とお嘆きの方へ・・・医師はなぜ大量の薬を処方するのか?

とにかく薬の数が多すぎ!! 日常の診療を行っていると、ダブった薬を処方しないためや飲み合わせの問題を避けるために今飲んでいる薬を全て尋ねます。「これはサプリだから言わないでいいよね」と考えないで健康食品であるサプリもぜひ […]

2015年01月22日野菜ポリフェノールは長寿と関係ない、って話は本当なんでしょうか??

■長寿の秘密、ポリフェノールの効果が否定されつつある現状 フレンチパラドックスに始まった「ポリフェノールは長寿の秘訣」という話が最近になって、長寿とポリフェノールはあんまり関係ないんじゃない的な論文が増えています。なかで […]

2015年01月21日「ほうれい線」を消すことは整形なんだろうか?美容整形って言葉の不思議。

■ほうれい線を消す治療を「整形」って呼ぶことへの抵抗感 美容外科、美容皮膚科でシワを消したり、シミを消すことを「整形した」「美容整形した」と呼ぶ人が未だにいます。特にちょっと可愛くなった芸能人を見つけると「整形疑惑」的な […]

2015年01月11日「紙」VS「iPad」医学業界用語「ムンテラ」はどっちが効果的?

■「ムンテラ」という医学業界用語の意味は? 仕事・業界によって独特の用語がありますよね。例えばお寿司屋さんでワサビを「なみだ」、醤油を「むらさき」とかお茶のことを「あがり」と呼んだりします。御会計の時も、回らない系お寿司 […]

2014年12月05日食物アレルギーは検査じゃわからない??!!

■アレルギー検査があてになら無い?? 花粉症の人やアトピー性皮膚炎の人は多分一度は血液検査で特異的IgEって血液検査をしたことがあると思います。ハウスダストやスギなどに対して反応が出ていると「鼻水の原因はスギですね」とか […]

2014年11月30日ボトックスの失敗・・・原因は3つに絞られる!!

■ボトックスの失敗の原因を追究してみると・・・ ボトックスというシワを改善する治療方法が日本で行われだしたのが10数年前、一般的にシワを伸ばすと認知されだして女性ファッション誌などで取り上げられだして10年くらい経過して […]

2014年11月09日その名も「ザリフトThe Lift」という新しい糸を使ったフェイスリフト治療、頬や顎のたるみに効果!!

■「ザリフト」は、某美容外科みたいに腫れたり、出血したり、つっぱり感が残ることはありません 糸を使ったフェイスリフトで大問題が起きています。某美容外科が独自のネーミングをつけているのですけど、切らないで顔に糸を挿入してた […]

2014年11月08日エボラ出血熱、国内で二人目の感染疑い!!「接触感染じゃないとうつらない」という説明で十分か?

■「エボラ出血熱は接触感染で感染が広がります」って言われても具体的にどんなことが接触になるのか? 感染症の感染経路は空気感染・飛沫感染・接触感染の3感染経路がしられています。今回、大騒ぎになっているエボラ出血熱ですが、本 […]

2014年10月23日僭越ながら電子書籍を出しました!!美容皮膚科・美容整形に関する内容です。

■正しく理解されていない美容治療 美容皮膚科・美容外科って「キレイになりたい!!」「若返りたい!!」と考えていても、床屋さんや美容室にいくようなワケにはいきませんよね。テレビでビフォア・アフター的な美容整形が興味本位に取 […]

2014年10月20日自閉症の原因は水銀では無い、「キレート治療」で治すことはできません

自閉症をキレート治療で治すという嘘 自閉症で悩んでいるご両親を対象とした、インチキ医学治療がなされていて、それに対して放送作家であり東京自閉症協会・日本自閉症スペクトラム学会の会員である高橋秀樹さんが猛烈に怒っています・ […]

2014年10月19日エボラ出血熱、日本で感染拡大させない為の方法として注意は必要だけど、パニックを起こすことはない!!

■エボラ出血熱について正しい情報を得るためには 西アフリカを中心としてエボラ出血熱の感染が拡大して深刻な問題となっています。さらに、アメリカをはじめエボラ出血熱流行地域で援助活動を行なっていた人が感染して、自国に戻って治 […]

2014年10月18日やっぱりいました、タトゥーを入れてみました・・・すぐ取りました、って人

■オシャレで気軽に入れてしまうタトゥー 以前ブログで若気の至りで入れてしまった、タトゥーを恋愛、結婚、そして子育てを気にやっぱり除去しようという人が多いって話をご紹介しました(入れてしまったイタいタトゥーを消す方法)。 […]

2014年10月10日ノーベル賞を受賞した青色LEDってニキビの治療に使用されています

■ノーベル賞の青色LEDをちゃっかり使用してニキビを治す方法 いやー、日本人の快挙!!ノーベル物理学賞を3人同時に受賞なんて、山中教授のiPS細胞で盛り上がった日本の科学者の努力をさらに盛り上げてくれます(幻のノーベル賞 […]

2014年10月08日漢方薬は副作用が無いと思っていませんか?高齢者ほど危険な漢方薬の副作用。

■副作用が無くて体に優しい漢方薬神話 漢方薬って効果がマイルドで副作用が無いって思っている方が多いのではないでしょうか?漢方薬だって薬ですから当然副作用があります。副作用が全くないって言い切れる医薬品は生理食塩水だけなん […]

2014年09月23日お米を食べてぐっすり寝ましょう!?お米には快眠効果があります。これでダイエットは大成功??

■ダイエット中に不眠で悩ませられるのはお米を食べないからかも?? ダイエット中ってイライラしたり、熟睡ができないって話を良く聞きます。その反動・リバウンドでドカ食いして、せっかくのダイエット計画もオジャンなんて経験を繰り […]

2014年09月19日「違法助産院、出血多量で死亡事故」の院長と「首捻り乳児死亡事故」の代表の共通点が気になる

■またまた非常識な医療関係者が事故を引き起こした 先日、乳児の免疫力を高める、と称して赤ちゃんの首を不自然に捻って死亡事故を起こした無許可のマッサージ類似行為を行なっていたNPOの代表がマスメディアに取り上げられました( […]

2014年09月14日誤診の被害にあわない方法 医療ミスの一つ「誤診」について・・・木を見て森を見ず

■医療ミスのうち誤診はなぜ起こるんだろう 開業医歴18年目に入ってきた私ですが、誤診って何で起こるんろうと考えてしまうことが最近多くなってきます。命に関わる誤診は医療過誤の訴訟でマスメディアに取り上げられます。些細な誤診 […]

2014年08月22日誤解すると危険!!健診の基準値が変わったわけではない「新たな健診基準範囲」の解説です

■日本人間ドック学会と健保組合連合会の発表をマスメディアが誤解して報道したという事実 人間ドック学会150万人のデータを解析して、「新たな健診の基本検査の基準範囲」というものが発表され、今まで異常値とされていたものが「基 […]

2014年08月11日告白します、実はインフルエンザワクチンの効果が弱まっていました

■ワクチン推進派として痛いデータ 積極的にインフルエンザワクチン等の摂取を推進している私ですが、ここで告白します。2012年から2013年のシーズン、つまり一昨年のインフルエンザワクチンはイマイチでした。現時点でエポラ出 […]

2014年07月27日全身脱毛300円!!って脱毛専門エステはどんな料金システムになっているんだ??

■全身脱毛が300円でできるという常識破りのエステの広告 レーザーによる脱毛は医療機関でのみ治療を行なうことが厚労省ならびに各保健所から通達されています。レーザーの種類としてはYAGレーザーやアレキサンドライトレーザー、 […]

2014年07月23日握力が強いと長生きする、という報告を勘違いしないようにしましょうね!!

■握力と死亡リスクの関係 日本抗加齢学会というアンチエイジングを主に扱った学会があります。そこで先日、日本における疫学調査の対象として有名な「久山町」でやっぱり「握力が強い人は長生きだった」という報告があったのです。多分 […]

2014年07月11日「健康食品」の表示方法を国が再検討しているらしいけど、余計なお世話かも!?

■そもそも健康食品とは 「健康食品」って気軽に使っていますけど、そもそも健康食品ってなんだかご存知でしょうか?健康に害を及ぼさない食べ物、あるいは健康になるための食べ物という解釈で大きな間違いはないのですが国側はいくつか […]

2014年07月07日HPVワクチン、いわゆる「子宮頸がん予防ワクチン」の効果と安全性は???

■副作用が大きく報道されている子宮頸がん予防ワクチン 子宮頸がんの発生を抑えるとされる「子宮頸がん予防ワクチン」は日本で承認された時点では定期接種ではなかったので、ワクチンに対する情報を早くキャッチした方が自己負担で行な […]

2014年07月06日「虫歯を治す歯磨き粉を発明!?」日本人女性歯科医はノーベル賞受賞間違いなし!!??

■STAP小保方さんより先にネイチャーに掲載された女性歯科医 小保方さんですが、超能力者の真贋を見分けるため風の環境下でSTAP細胞の再現実験を行なっています。実は小保方さんより以前に「ネイチャー」にノーベル賞級の発見を […]

2014年07月04日「ジャバラ果汁」は花粉症に効果がある、医学的に説明している名誉教授のコメントが余分です

■地域振興にも役立っている「ジャバラ」なのに、良い話が残念な結果に 「ジャバラ」と呼ばれる柑橘類が和歌山県の北山村で収穫され、この果汁が花粉症に効果があって村のおじいちゃん、おばあちゃんが一生懸命に収穫しているという良い […]

カテゴリー: 日本の医療レベル
↑ページTOPへ