五本木クリニック院長ブログ

カテゴリー: 日本の医療レベル

2014年06月23日遺伝子検査は医療に画期的な貢献をしている、でも「遺伝子検査ビジネス」にはご用心を!

■病気の診断に遺伝子検査は画期的な役目を果たしている 遺伝子治療というものもありますが、今回は診断に役立っている遺伝子検査について、そして悪徳業者が紛れ込んでいる「遺伝子ビジネス」について考えてみます。遺伝子検査というと […]

2014年06月14日鍼灸で使用される「ツボ」ってWHOで決められていたの??でも「経絡」は理解不能です

■どうしても理解ができない鍼灸におけるツボの理論 まちのどこにでも見かける鍼灸院、整形外科の治療に満足しないお年寄りの最後の頼みの綱的存在であることは否定できません。健康雑誌などでも「やせるツボ」とか「むくみをとるツボ」 […]

2014年06月12日「お薬手帳を断ろう!」という動きは当然です、本来の機能を果たしていないんですから!

■そもそもなぜ「お薬手帳」ってなんのためにあるのか? お薬手帳という制度(薬が処方された場合に薬の種類とか飲み方を書いたシールを貼るための手帳)はある事件が切っ掛けになっています。1990年代に抗ウイルス剤と抗がん剤両者 […]

2014年06月11日「にんにく注射」を流行らせた芸能人御用達クリニックが倒産!?

■にんにく注射ブームを作った医療機関が倒産だって!! 医療機関の倒産って珍しいことですが、全く無いわけではありません。当院のように個人でやっているクリニックは医師が高齢のために閉院してしまうことは有りますが倒産はまず考え […]

2014年05月31日「足がつる」こむら返りを一発で治す方法を見つけました!!検証済みです。

■原因はさまざまなコムラ返りですが 夜中に突然襲って来る「こむら返り」いわゆる「足がツル」症状の治療法として決定的なものは無いとされています。治療・予防が難しいといわれる医学用語でいうところの「筋クランプ」、正式には「腓 […]

2014年05月26日リンパ浮腫には手術が有効、マッサージだけでは限界があります

■手術後のリンパ浮腫と呼ばれる副作用? 乳がんや前立腺がんの手術のあとに「リンパ浮腫」とよばれる症状が出現することがあります。せっかく手術は成功したのに足が浮腫んだり、腕が浮腫む症状です。その対処療法として「リンパマッサ […]

2014年05月18日インフルエンザの特効薬は効果がなかったらしいです・・・国が備蓄したのはどうするんだろう?

■すでに効果がないと判定された抗インフルエンザ薬 インフルエンザが猛威を振るった前シーズンですが、さらに新型インフルエンザの登場などでクローズアップされたけど現時点ではパンデミック状態にはなっていないのでホットしています […]

2014年05月17日今だから言える検査しないでもインフルエンザを見分ける方法があります

■2014年も猛威を振るったインフルエンザですが・・・ 今シーズンっていうか2013年から2014年に流行したインフルエンザは少し特徴がありました。A型のインフルエンザが流行する時期にあのノロウイルスが流行した為に、ノロ […]

2014年05月09日後悔先に立たず、入れてしまったイタいタトゥーを消す方法

■タトゥーの芸術性は認めます 私はタトゥーや刺青を入れることを批難してはいません。日本のお祭りで全身に刺青を入れている人がお神輿を担ぐ姿って日本的な美意識を刺激されてしまいます。下町のお風呂屋さんに行くと今でも背中に見事 […]

2014年04月25日無用の長物の代名詞「虫垂」は実は重要な働きをしていた!?

■お腹の手術のついでに盲腸も取っておきました! 今から数十年前はお腹を開いた手術のとき「将来、盲腸になるといけないので取っておきましたよ」という会話が自然に病院内で行われていました。実際は虫垂なんですが、なぜか一般的には […]

2014年04月24日薄毛の薬はあるのに「白髪を治す薬」ってなんで無いんだろう?

■ハゲ・薄毛の薬はあるのになんで白髪の薬ってないの? 私は幸いにして薄毛の傾向はありませんので、禿げる心配は全くしていませんが、白髪がすこし目立ってきました。ハゲは遺伝的な要因がありますので、家系的には私は白髪の遺伝子を […]

2014年04月20日外資系製薬会社のあまりにも酷い「表情シワ治療」の広告宣伝手法(怒)般若顔だって!!

■外資系製薬会社の問題 日本では武田が製薬会社としては最大ですが、世界的に見ると売り上げで14位なのです。つまり、世界的な視野でみた場合、日本の製薬会社は中小企業。しかし、薬が売れる市場として見た場合、日本は大きなマーケ […]

2014年04月18日血圧の基準値が人間ドック学会と高血圧学会で違うってどういうことよ?

■たしかに健診と人間ドックは違いますが 先日、健診、検診、人間ドックというのは目的が違うと言う話をブログに書きましたが、検査の基準自体にも違いがあるという話はしませんでした。オッサン達は特に肝機能の検査結果を気にしますし […]

2014年04月13日健診と検診は違います、さらに人間ドックも。

■健康診断と検診は別物です 新年度を迎えて健診が始まる事業所も多くなっているのではないでしょうか?「ケンシン」と呼んでいますが「健診」と「検診」は全く別物である、ということご存知だったでしょうか? 健診は正式には健康診断 […]

2014年04月10日男性更年期障害は治療法があるけど、エクオールは女性の更年期障害を救えるか?

■男性の更年期障害は決めてがあります 女性にとって更年期障害はいつかやってくるいや~な症状です。でもこの更年期障害が男性にもあるということが多くの人に知られるようになってから数年しか経過していません。原因としてテストステ […]

2014年04月05日気功で病気が治るか、気功の研究は文部科学省からも助成金をもらっているけど。

■民間療法にハマったらついに到達しました、気功まで 最近おばあちゃんの知恵的な民間療法にハマっている私ですが、とうとう「気功」にまで研究の対象を拡げてしまいました。私たちの世代はノストラダムスの大予言、UFO, ユリゲー […]

2014年04月03日金儲け主義の悪徳開業医の手口曝露します。

■高騰する日本の医療費の元凶は不正請求? 消費税がアップして、アベノミクスの効果もまだハッキリしない景気ですが、皆さんにぜひ医療費も見直していただきたいのです。保険診療を受けると基本的にはどんな治療をして、どんな検査をし […]

2014年03月26日4月の消費税アップで医療費は増えるのか、減るのか?

■医療費は消費税がかかっていません 「先生、4月から消費税がアップするので早めに来院しました!」と駆け込んでくるおばさんが増加しています。でも、医療費ってもともと消費税って掛かっていないことご存知でしたか?せっかく予定を […]

2014年03月25日残念、「テンペ菌発酵のお茶」という効果がありそうな健康食品を医師が解説したら、逆に怪しげになってしまった。

■テンペ菌で発酵させたお茶の効果は血糖値を下げる テンペ菌と言うカビを使った発酵食がインドネシアの伝統的な民間医療食品として親しまれているようですが、これにお茶を加えた健康食品が目につきました。成分であるテンペ菌は血糖値 […]

2014年03月16日米国ガン学会で発表!との健康雑誌にダマされてしまった、私。

■米国ガン学会とは多分American Association for Cancer Researchのことだと思うんだけど 米国ガン学会で発表!○○○でガンから生還者が続出、という新聞の広告にノセラレて書店に走ってしま […]

2014年03月11日残念でした、花粉症の新薬は2014年6月からの販売って今シーズン間に合わない!

■この新薬は画期的な花粉症を根本から治す薬なんですけど即効性はありません 症状を抑えるのではなく、花粉症を根本から治療する、つまり完治させる治療薬が2014年4月から正式に薬価収載されます。薬価収載されるということは、厚 […]

2014年02月19日サプリメント使用に積極的に反対する意見がアメリカで出た!!

■米国予防医学専門委員会がサプリメント反対表明 日本においてはサプリメントは健康食品という扱いであって、あくまで食べ物だけど健康の為になるんだよ、という解釈によるスタンスを行政は取っています。中には過剰広告・過大広告が問 […]

2014年02月17日美容で痩身などに使われるエステのキャビテーションとは効果あるのかな?ニセ医学との話も物理系専門家の間では・・・。

美容で使われる「キャビテーション」っていう用語の怪しさ キャビテーションで痩身をとか、脂肪を分解とかの言葉がエステ系のネット上広告や折り込み広告で氾濫しています。私のブログを読んでくれている方は理系の小うるさいオッサンが […]

2014年02月15日若気の至りでいれちまったタトゥーですが、レーザー単独で消すことも可能です

■若者の間で、ファッション感覚で気軽にタトゥーを入れる方がいます 年齢を重ね、就職や結婚を切っ掛けに「コリャまずい」と思って来院 速攻でタトゥーを消して欲しいと来院される方が増えています。私の知人で正義感溢れる好青年がい […]

2014年02月14日自殺をなくそう!簡単な質問で自殺のリスクが予想できるというお話

とにかく防ぎたい自殺者の増加 今までも何回かブログで「自殺」について書いてきました。なぜ自殺にこだわるかと言いますと、私に高校時代の友人が数名自殺によって亡くなっているのです。周囲に取っては唐突な死ではありますが、本人は […]

2014年02月12日ビッグダディ 美奈子さんのタトゥーというか、刺青についての解決策

タトゥーを消したいという希望が急増 今年になってから当院に突然「タトゥーを消したい」とか「刺青をレーザーで取れないか?」という問い合わせが殺到しています。当院としてはタトゥーの除去は以前から普通に行なっていた治療であり、 […]

2014年02月09日景気が悪いと将来「認知症」が増える!経済問題と健康は密接な関係あり

認知症と不況の密接な関係 安倍首相になって景気が回復傾向にあると報道されていますが、実感している方は少ないのではないでしょうか?日本経済は長い不況の時代を早く抜け出す事が大きな問題になっていますが、経済状況が悪い為に病気 […]

2014年02月02日花粉症の民間療法に厚生労働省は冷たすぎです(笑)。

■「花粉症の民間医療について」の厳しい評価 春になると多くの人を悩ませる花粉症ですが、二月にスタートするのはスギが原因物質アレルゲンとなり、アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎、さらに肌荒れの原因になっている場合もありま […]

2014年01月30日N1H1インフルエンザが大流行、今回のワクチンは当たったか?

新型インフルエンザと呼ばれたN1H1インフルエンザ 今期もインフルエンザが大流行しています。患者さんがよく口にする言葉として「今回のインフルエンザワクチンは当たるんですか?」という素朴な疑問です。インフルエンザは遺伝子を […]

2014年01月25日男のアンチエイジングをテストステロンというホルモンから考えてみた

男のくせにアンチエイジングだと!(怒) アンチエイジングという言葉が一般的になってまだ十年は経っていません。初期のころはアンチエイジングではなく「アンタイジング」なんて英語風に私たちは使用していましたが。アンチエイジング […]

2014年01月21日なぜか髪の毛が黒々な中国指導部、世界一老いを恐れる指導者達

髪の毛が真っ黒な中国指導部の皆さん 中国指導部の人がひな壇にズラッとならんだ姿って、なんか不自然じゃありませんか?老人が中心となっている指導部の皆さんの髪の毛が、揃いに揃って黒いんです。また薄毛と申しましょうか、ハゲの方 […]

2014年01月19日やっぱり医者は金儲け主義だ!という話

金儲け主義の開業医の傾向 医師は金儲け主義者が多い、その為にいらん薬を処方して、無用な検査を繰り返し行ない、儲かる予防接種のワクチンを薦める・・・との意見をお持ちの方が多数存在することは重々承知しております。格好をつける […]

2014年01月15日認知症を診断する簡単な方法、二つ質問するだけでOKってホント!?

  認知症の診断ってそんなに簡単かな?   高齢者社会で問題になってくるのは「認知症」。私の年代になると自分の親が元気であってもすこしでもトンチンカンな対応をした場合「親父、大丈夫かよ?」と思ってしま […]

2013年12月13日レーシックをして、老眼に悩まされ後悔している私(涙)

■レーシック手術への不信感? 患者さんから近眼に対するレーシックを受けた方が良いかを相談された場合、私の経験上からはレーシック手術は積極的におすすめはしていません。ものすごい強度の近視に高校時代から悩まされていた私ですが […]

2013年12月02日わかりやすく解説します、インフルエンザ予防接種の効果の有効率・・・かなり誤解されています

■インフルエンザワクチンの有効率の考え方、知ってますか? インフルエンザワクチン接種などでつかわれる「有効率」の本当の意味を知っている人ってかなり少ないと思います。例えば60パーセントの有効率のあるワクチンと言われると1 […]

2013年11月28日インフルエンザ予防接種ワクチンは打たない派の方へ・・・なんで判ってもらえないんだろう?追記あり

■インフルエンザワクチン無効派陣営の教科書「前橋レポート」 「前橋レポート」と呼ばれる報告書が提出されました。インフルエンザワクチンの集団予防接種に疑問をもった前橋市の医師会が中心となって行なった調査です。きっかけは19 […]

2013年11月20日3人中2人は治らない!カネボウ白班事件の元は論文の誤解釈

■反省の色が無い「カネボウ」 こんどは化粧品の中身を入れ間違えて販売したカネボウ。HPに発表しているというけど、見つけられないインフォメーションしてどうするんだ!と怒りを感じている方も多いのではないでしょうか?「たいした […]

2013年10月15日「中間管理職の死亡率が271パーセントも急上昇!!」職業別の死亡率と死因の調査結果があります。

☆日本人の職業別の死亡率が判明 以前から職業によっての寿命が違うことがささやかれていました。実際に生命保険料なんかも私たち医師は数十年前は危険な作業をおこなう労働者の人と同じくらい若死にする職業とされていました。その大き […]

2013年10月13日30歳でなっても「五十肩」・・・これからは「凍結肩」と呼ぼう!画期的な治療があるようです

■五十肩って江戸時代についた名前です 何かの拍子に方に痛みを感じ、腕が上がらなくなったことってありませんか?これを「五十肩」って呼びますが、三十歳代でなっても、70歳代でなっても「五十肩」という病名が付きます。 医学上の […]

2013年10月12日女スパイの蜜の罠「ハニートラップ」に引っかからない方法が医学的にはあります

■外交官や海外駐在員がおちいる「ハニートラップ」 フジTVで「ハニー・トラップ」という番組が始まるようですが、ナイスタイミングでこの「ハニー・トラップ」に関連する論文を見つけました。海外に駐在していると現地の綺麗な女性に […]

2013年10月11日「手術ミスの4分の1は単純なことが原因」だけど、手術ミスを防ぐ方法はあるか?・・・医療事故防止は簡単な事です。

■手術ミスの原因をよくよく調べてみると 手術のミスによって取り返しのつかない被害を受けることがあります。あまりにも重大なミスの場合はマスコミを賑わすことも多くなります。特に人為的なミスの場合、医師の力量や経験値、また非常 […]

2013年09月28日非常識にもほどがある!美容整形外科医の子供が患者である芸能人のことをTwitterで暴露したらしい?!

考えられない事態 医師は患者さんに対して「守秘義務」というものがあります。患者さんの病状はモチロンのことその他の診察・診療内容を第三者に漏らしてはいけないというものです。ですから、万が一患者さんが犯罪者であっても簡単に治 […]

2013年09月27日手相整形が日本や韓国でブームって本当なワケないですよね!

■まだまだ美容整形発展途上の中国ですが 中国の美容整形事情を調べていたら衝撃的なサイトを発見しました。なんとレーザーを使って手相を変えてしまうという美容整形の方法。もちろん目的は手相を変えることによって人生を変えよう、と […]

2013年09月21日一発でアゴのたるみをスッキリさせる方法見つけました!ついでにフェイスライン・ほうれい線もスッキリ。

■アゴのたるみはなぜできるか? 民放の健康番組やNHKの「ためしてガッテン」でも取り上げられていましたが、アゴのたるみを気にしている人が多いのですね。特にある一定の年齢以上の方は睡眠時の無呼吸症候群の原因に成っている的な […]

2013年09月13日心臓移植したマウスとオペラの関係を研究して日本人がノーベル賞!? ・・・イグ・ノーベル賞でした

☆たまたまイグ・ノーベル賞のブログを書いた日が発表日だった 本日「痛っつ!あそこをジッパーに挟んだ時の対応法「イグ・ノーベル賞」受賞のまじめな論文。」というブログを書いたのですが、その日にイグ・ノーベル賞を日本人研究者が […]

2013年09月03日骨折した女性を診たらDVを疑え!16%が一年以内にパートナーに暴力を受けていた。

☆海外の男性は・・・乱暴? Intimate partner violence (IPV)という言葉をご存知ですか?パートナーから身体的や精神的に暴力を受けることを表した言葉です。日本ではDVと呼ばれることが一般的ですが […]

2013年09月01日「痛みの王様」尿路結石の発作は繰り返すことが多いですが、治療法はいまいちです。

病気の痛みベスト3とは 痛みを感じる病気は数多くありますが、痛みのベストスリーにあげられるのがくも膜下出血、心筋梗塞、尿路結石と言われています。一番痛いのがくも膜下出血、二番目が心筋梗塞とされています。 上図の色が付いた […]

2013年08月29日やっと乳がんの術後の乳房再建手術が保険適用されました・・・でも、もう少し患者さんのこと考えて欲しかった

■やっと保険適用になった 7月1日からインプラントによる乳がんの術後の乳房再建術が保険適用となりました。乳がんの治療は手術が中心ですから、せっかくがんを取り除くことが出来ても女性として乳房が無くなってしまうことは精神面で […]

2013年08月26日フランス人形に憧れた?総額2000万円整形サイボーグ「ヴァニラさん」の全身整形を見て「美」について考えた

■整形美人を見て何故か連想された安部公房の壁 私が初めてヴァニラさんの存在を知ったのは数か月前です。あまりテレビを見ることが無いのですが、たまたまテレビのスイッチを入れたら、バラエティ番組「私の何がイケないの?」で整形サ […]

2013年08月19日お昼休憩中にサクッと首のリフトアップしちゃう、当院のスタッフ・・・そんなに気軽で大丈夫かね?

■美容整形とは明らかに違う美容皮膚科 美容整形というと鼻を高くする手術をしたり、豊胸手術をしたり、中には大がかりな顎の骨を削るものをイメージします。血もでるし、治療後は手術部分が腫れあがるし、包帯ぐるぐるまきです。 当院 […]

カテゴリー: 日本の医療レベル
↑ページTOPへ