ドクター松下ブログ

鼻プロテーゼの輪郭が不自然に浮き出た例


■L型プロテーゼの輪郭が浮き出てきた!

今日ご紹介するのは、29歳、女性Hさんの鼻トラブルです。

Hさんは、約10年前に、全国にチェーン展開する有名な大手美容外科クリニックにて鼻にL型プロテーゼを入れました。術後の仕上がりにはとくに不満なく、順調に過ごしてきました。

 しかし、2~3年くらい前から、鼻筋が右側にずれてきたのと、鼻先に丸くプロテーゼの輪郭が浮かび上がってきたのが気になり始めました。

また、鼻筋が異様に光って見え、いかにも中に硬い棒状の異物が入っていますというのがわかるくらいに輪郭が浮き上がって見えて、整形したのがバレバレの鼻になってしまいました。

 

初診時のHさんの写真がこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

正面から見ると鼻筋全体が向って左側に偏っています。また、鼻先の皮膚が白く変色し、少し丸く突き出ているように見えます。

 

下から見ると、鼻先に丸いでっぱりがあるのがよくわかります。その部分を触ると皮膚がとても薄くペラペラになっています。L型プロテーゼの角の部分が皮膚の裏側から突き上げていて、今にも皮膚を突き破りそうな状態です。

 

横から見ても、鼻先のやや下の部分に不自然な段差が見られます。

 

  L型プロテーゼで一番問題なのが、90度折れ曲がる角の部分が鼻先の皮膚を裏から圧迫して、皮膚がだんだん薄くなってくることです。そうなると中のプロテーゼが透けて見え、皮膚が白っぽく見えたり、圧迫された皮膚が血流障害を起こし赤く変色したりします。さらに皮膚が薄くなると、プロテーゼの輪郭が丸く浮き出てきて、最悪の場合は皮膚が破れ、プロテーゼが飛び出してくることがあります。

今回のHさんの症状は、まさにL型プロテーゼによるトラブルの典型例ですね。

このまま放置すると、皮膚が赤くなり、小さな穴が開いてそこから汁が出てきたり、化膿して腫れたりするようになります。(下の写真は別の症例です)

ここまでくると、限界です。すぐにでもプロテーゼを取り出さないと皮膚に大きな穴が開いてプロテーゼが飛び出てくる危険性が大です。

そのまま放置すると、別の症例ですが、下の写真のように白いシリコンが飛び出てしまうのです。こうなると、穴が開いた部分に永久に傷跡が残ってしまいます。


 

■唯一の治療法は自己組織移植法

このように、異物によって薄くなってしまった皮膚の厚みを戻す方法は自己組織移植しかありません。

クリニックによっては、L型プロテーゼを抜いて、薄めのI型プロテーゼに入れ替えるところもありますが、異物を入れ続ける限り皮膚の厚みを戻すことはできません。

また、L型プロテーゼの角に圧迫され丸くもりあがっていた部分は、プロテーゼを抜くだけだと、その部分が逆にへこんでしまう(陥凹変形)可能性が高いので、自己組織を移植してへこみを埋め合わせる必要があるのです。

Hさんは当院にて、プロテーゼを抜いて、自己組織(筋膜、軟骨)に入れ替える手術をおこないました。

手術前後でどのように改善されたか見ていただきましょう。左が術前、右が術後6か月の状態の写真です。

 

向かって左方向にずれていた鼻筋がまっすぐ中央にきれいに通っています。また、不自然な棒状に浮き上がっていた鼻筋が自然なラインに落ち着いています。

 

丸く浮き出ていた部分がなくなり、自然な形に改善されています。

 

横から見ると、鼻先の段差が改善され、不自然な溝状の陰も消えています。

 

 

 

 

 

 

↑ページTOPへ

関連記事

キズをキレイにする方法~美容外科で縫ったキズはなぜキレイなのか?イメージ

キズをキレイにする方法~美容外科で縫ったキズはなぜキレイなのか?

キズあとを消すことはできるのか? 長年美容外科医をやっていてよく聞かれるのが「美容外科ならキズあとを消せますか?」という質問です。 残念ながら、美容外科で縫ったとしても、まったくキズあとなく手術をすることはできないのです … 続きを読む

自己組織移植による鼻の修正手術で、組織を取った後の傷あとは大丈夫?

自己組織移植とは? 鼻の美容整形でプロテーゼを入れた後、いろいろなトラブルが発生した場合には、異物であるプロテーゼを抜いて自己組織に入れ替える方法がベストです。 この自己組織移植とは、自分の体の組織(骨、軟骨、筋膜、真皮 … 続きを読む

幼い子どもと触れ合うために鼻のプロテーゼを抜いた例

 子どもの頭突き攻撃を受ける鼻プロテーゼ 今回紹介するのは、33歳の女性Kさんの例です。 Kさんは10年以上前に、ある有名美容外科にて、鼻にL型のプロテーゼを埋め込む整形手術を受けました。 Kさんには現在、1歳の男の子が … 続きを読む

鼻のプロテーゼ、20年以上たつと中でどうなっているのか?驚きの変化をお見せします

■鼻に入れたプロテーゼの耐用年数は20~30年 50代の女性Gさんは、約35年前に某美容外科にて鼻にL型のプロテーゼを入れました。 術後半年後くらいから、右の鼻の穴の入り口付近にイボのような小さなでっぱりがあるのに気づき … 続きを読む

ブログはじめました!イメージ

ブログはじめました!

平成元年に医学部を卒業し、医師となってから、はやいもので、今年でもう28年が経とうとしています。   私の専門は形成外科(けいせいげか)という外科系の一分野なのですが、一般にあまりなじみがなく、よく整形外科(せいけいげか … 続きを読む