ドクター松下ブログ

“たるみ” といえば糸で引き上げる方法。20種類以上ある糸の中から、専門家がすすめるベストな糸はこれだ!


糸でたるみを引き上げる“スレッドリフト”とは?

気軽にたるみを改善する方法としては、レーザーや高周波、超音波などで肌を刺激して、コラーゲンを増やす方法がありますが、多少ハリはでるものの、引き上がるところまではなかなかいかず物足りなさが残ります。

たるみを取る方法で、1回で最も効果があるのは、やはり手術です。メスで切って余分な皮膚を切り取り、引っ張り上げる方法です。しかし、体にメスを入れるとなると、ダウンタイムや痛み、傷あとなど不安な要素が多く、なかなか踏み切れません。

そこで登場したのが、スレッドリフトです。スレッドとは英語で「糸」の意味で、トゲやひっかかりのついた特殊な糸を皮下に埋め込み、たるんだ皮膚を糸に引っかけて引き上げる方法です。

スレッドリフトで使う糸はまさに雨後のたけのこ状態

スレッドリフトが世界で初めて発表されたのが2001年で、それ以来、その手軽さからブームになり、今やリフトアップといえばまず糸で引き上げるという時代になっています。

針を刺して皮膚の裏側に糸を埋め込むだけなので、腫れや痛みも軽度で、傷あとの心配もなく、施術時間も短時間で即効性があり、仕上がりも自然という優れた方法です。

登場以来15年以上が経過して、その間にどんどん改良が加えられ、いろいろなメーカーが独自の糸を開発し、様々な種類のスレッドリフトが、まさに雨後のたけのこのようにどんどん出てきています。

ネットで「スレッドリフト」を検索してみると、20種類以上が出てきます。五十音順にざっとあげてみると、

アプトス

Uki-Uki リフト

ウルトラVリフト

エックストーシス

Kuru-Kuru リフト

ザ・リフト

J リフト

ショッピングスレッドリフト

シルエットリフト

スプリングリフト

3D リフト

Z リフト

ダブルハートリフト

トルネードリフト

ナチュラルVラインリフト

N-COGスレッドリフト

ネオVリフト

ハッピーリフト

Barb( バーブ)リフト

VOV(ボブ)リフト

マルチ トーシス

ミラクルリフト

ミントリフト

リードファインリフト

ワプトス

など、山ほど出てきます。

一般の方が、それぞれの糸の違いを把握したり、自分に一番合う方法を自ら選択することはまず無理で、結局は、医師にすすめられるまま、言われるままに、よくわからずに治療を受けているのが現状です。

当院でもスレッドリフトはいち早く導入し、新製品が出るたびに、まず医師やスタッフで試してみて、使用感の良いもの、しっかり効果の出るものをよく吟味して採用してきました。

毎年のように改良された、より良い糸が出てくるので、当院の一押しの糸も短期間でどんどん変化しています。

2018年10月時点で一押しの糸は “ VOVリフト”

刻々と変わるおすすめのスレッドリフトですが、2018年10月時点で一押しの糸は、“ VOVリフト ”です。

以下のような改良点があります。

(1)糸の素材が改良され、より効果が長持ち

体内に埋め込む糸は、溶けないタイプの場合は、異物としてずっと残ってしまい、後からトラブルが発生してくる可能性があるので、当院ではすべて溶けるタイプの糸を使っています。

従来の糸は、PDO(ポリジオキサノン)やPLA(ポリ乳酸)といった体内で分解・吸収される素材で作られていますが、PDO は6~8か月、PLA は12~18か月で溶けてしまっていました。

VOVリフトはPCL(ポリカプロラクトン)という、さらに長持ちのする素材で作られており、PDO や PLA よりも吸収が遅く、24~36か月かけてゆっくりと吸収されるため、効果の持続性がさらに長くなりました。

(2)柔軟性が高く、動きのある顔にフィットしやすい

従来の PDO や PLA 製の糸は、柔軟性が低く、口回りなど、よく動く部位に埋入すると、つっぱり感など不快感を感じることがありましたが、PCL素材は柔軟性が高く、顔の動きによくフィットし、とてもなじみがよくなりました。

(3)とげの先端が丸くなっていて術後の痛みが軽減

従来の糸は、糸に切れ込みを入れて毛羽立たせるようなとげを作っていたので、とげの先端が鋭利になっており、術後にチクチクした痛みがありましたが。VOVリフトのとげは下の拡大写真のように、先端が丸く加工されているので、術後の痛みが大幅に軽くなりました。

(4)特殊な製法でトゲを作るので糸の強度が増加

従来の糸は、上図のように、糸に切れ込みを入れてトゲを作成していたので、切れ込みの部分が細くなり、糸の強度が下がり、切れたり裂けたりする欠点がありました。

VOVリフトの糸は、プレス形成技術という特許技術を使い、特別な方法でトゲを製作しているので、従来のものよりも糸の強度が増し、安定した引き上げ効果があるのです。

今後も、さらに改良されて、高性能の糸が出てくる可能性はありますが、現時点でのベストなスレッドリフトは、“ VOVリフト ” です!

 

 

↑ページTOPへ

関連記事

鼻のプロテーゼに潜む7つの危険性

鼻に入れたプロテーゼは一生もちません 美容外科で行う手術の中で、隆鼻術は、目の二重手術と並び大人気で、多くの方がプロテーゼを使った鼻の形成手術を受けています。 初めて隆鼻術を行う場合に、最適な方法はプロテーゼ法です。 プ … 続きを読む

鼻プロテーゼの輪郭が不自然に浮き出た例イメージ

鼻プロテーゼの輪郭が不自然に浮き出た例

■L型プロテーゼの輪郭が浮き出てきた! 今日ご紹介するのは、29歳、女性Hさんの鼻トラブルです。 Hさんは、約10年前に、全国にチェーン展開する有名な大手美容外科クリニックにて鼻にL型プロテーゼを入れました。術後の仕上が … 続きを読む

鼻に異物が入っていることを見抜けなかったため、診断・治療が遅れてしまった例

■ なかなか治らない皮膚のただれ(皮膚潰瘍) 今日お話しする症例は、ある学会で報告されたものです。鼻にプロテーゼを入れている方にとって、大いに役立つ情報となると思うので、その詳細を当ブログで紹介したいと思います。 70代 … 続きを読む

鼻プロテーゼの不具合でお困りの方、修正手術のモニターにご協力ください!

◆鼻に埋め込んだシリコンプロテーゼは一生もちません。 日本人の鼻は、西洋人と比べると、低く、短く、小さいのが特徴なので、日本での鼻の美容外科手術は、鼻を高く、長くする手術が圧倒的に多いですね。(西洋人は、逆に高すぎる鼻、 … 続きを読む

鼻に入れたプロテーゼが原因で皮膚に穴があいた症例

L型プロテーゼで皮膚に穴があいてしまったEさん  43歳、女性のEさんは15年程前に鼻にL型のプロテーゼを入れました。 1年ほど前に鼻先の右下の皮膚が直径5ミリくらいの範囲で赤く変色しているのに気づきましたがそのまま放置 … 続きを読む