五本木クリニック院長ブログ

牛乳の飲み過ぎ問題、本当に骨粗鬆症に効果があるのか?死亡率が高まる、という論文は正しいのか??


■骨を強くするために牛乳をガブガブ飲んでいる人の話

先日、男性の患者さんからこんな質問がありました。知り合いの女性が骨折しにくいように

◎骨を強くするために牛乳を1日2ℓ飲んでいる

けど本当に骨が強くなるの?その女性は別に骨粗鬆症と診断されている訳ではないのに、飲み過ぎは良くないんじゃない、先生、といった内容でした。

その女性はテレビの健康番組か雑誌で今から(多分、40才台と予想)将来骨が弱くなると骨粗鬆症になって骨が折れやすくなるから、牛乳でカルシウムを補給しましょう的な知識を得て実行しているそうです。その男性は「足りないと言われていないカルシウムを摂りすぎると、逆にカルシウムが過剰になってなにか健康上の問題がでるのでは」とのご心配の様子でした。牛乳は戦後の日本人の栄養不足を学校給食で出すことで栄養状態を改善したので、健康的になるというイメージがあります(オッサン友達へ 生ぬるい牛乳は最悪でしたね)。

一方で牛乳はガンなどの原因になるのでは、との論文も出てきて「牛乳悪者説」をとる方も多くなっています。中には牛乳とか小麦粉などの日本へ普及されたのは世界を裏で操る巨大陰謀組織の策略であるという方もいますがそれは無視します。牛乳を生産している酪農家の皆様にとってはあまり良い話ではないのですけど、牛乳の飲み過ぎはあまり健康に良くない、って話がでていますのでそれをご紹介します。

もちろん牛乳って健康にいいんだよ、という論文も紹介しますので、果たしてどっちが本当なのか皆さんで考えてみましょう!!

■牛乳の飲み過ぎの問題点

牛乳って栄養価に富んでいて、特にカルシウム補給ができるというイメージがあります。スエーデンの研究者が発表した論文は

◎牛乳を多く飲んでも骨折のリスクは低下しなかった
◎牛乳を飲みすぎたひとは死亡率が高い可能性がある

と,とにかく牛乳悪者説を導くものです。Milk intake and risk of mortality and fractures in women and men: cohort studies(BMJ 2014; 349)という題名の論文であり、方法としては39〜74歳の女性61000人と45〜79才の男性45000人を20年間調査したデータをもとに検討されたものです。牛乳を1日3杯以上飲む人と飲まない人を分けました。女性の場合、

◎たくさん牛乳を飲む人は死亡率が90パーセント高くなっていた
◎骨折する人は牛乳をたくさん飲む人の方が15パーセント多かった

という常識に反するような結論になっています。一方男性では死亡率も骨折率も牛乳の摂取量とは関連性がありませんでした。その一方で皆さんを混乱させるような結果も出ています。
「チーズやヨーグルトなどの乳製品を多く食べている女性は死亡率も骨折率も低くなる」という牛乳は健康に良くないけど、牛乳を加工した発酵乳製品は健康の味方である的な内容になっています。

多分、この研究者たちは牛乳に含まれるD-ガラクトースを悪者にしたい気持ちでいっぱいだったようです。というのもこのD-ガラクトースは長寿の敵であり、アンチエイジングの敵としての論文が存在するからです(動物実験レベルですから、実際に人間を対象にした疫学でそのような論文は見当たりません)。

■酪農農家の方を私は守ります、この論文の少し変なとこ見つけました!!

ラクトースってそれに耐性が有る民族とない民族があることが知られています(牛乳でお腹がゴロゴロする人は日本人に多いですよ)。それがこの論文の疫学的研究では考慮に入れられていませんので、この結果が即日本人に当てはまるわけではないのです。さらに、因果律を取り間違えている可能性が大です。

F2_large_jpg
上記論文より 骨折と牛乳を飲む量との関係を表しています。

◎骨折のリスクが高いと言われた人が牛乳をがぶ飲みしていた可能性

が全く排除されていません。つまり、今まで骨折の経験があったとか、骨粗鬆症を指摘された人がカルシウム不足を薬は服用しないで、牛乳で補おうと思ったかもしれないのです。骨折しやすい人ほどカルシウムを意識して補給するために牛乳を積極的に飲んでいる、ってありがちなことですよね。

■牛乳が健康に良いという論文の方が多数です

じゃあ、牛乳って健康に良いの、悪いのって言われたら、「飲み過ぎはいけないけど、決して牛乳を飲んだから健康を害する訳ではない」としか言いようがありません。

例えば同じスエーデンの研究者によって「牛乳を含む乳製品、特に高脂肪のものは糖尿病のリスクを低くする」というものもありますし(Food sources of fat may clarify the earlier inconsistent role of dietary fat intake for incidence of type 2 diabetes)、「大腸ガンと診断されたら牛乳でカルシウムを補給すると死亡率が低下する」って論文も存在します(Calcium, vitamin D, dairy products, and mortality among colorectal cancer survivors: the Cancer Prevention Study-II Nutrition Cohort.」J Clin Oncol. 2014 Aug 1;32(22):2335-43. )。

食事は毎日のものではありますから、健康を意識するのは仕方がないことです。でも、あまりにも健康重視の食生活を送った場合、ご自分の極端な食生活を否定する説が出る可能性もありますので、広く浅く季節季節の食べ物を腹八分目でという昔から言われているおばあちゃんの知恵を私は尊重することをお勧めします。

↑ページTOPへ

関連記事

予想以上に周囲に迷惑!!「ミドル脂臭」30才から40才以上の男性のニオイ問題解決方法を開発したぞ!!イメージ

予想以上に周囲に迷惑!!「ミドル脂臭」30才から40才以上の男性のニオイ問題解決方法を開発したぞ!!

■マンダムが命名した「ミドル脂臭」というオッサンの厄介な敵!?対策法は? 「オッサンは臭い!!」と周囲の人や家族に言われていることは、オッサンたちは重々承知しています。マンダムが「ミドル脂臭」なんて言葉を開発して?加齢臭 […]

夫源病、ほんとのそんな病気あるの?じゃあ、妻源病はないのかなぁ?イメージ

夫源病、ほんとのそんな病気あるの?じゃあ、妻源病はないのかなぁ?

■夫源病という、夫が原因となって奥さんの体調が崩れる病気だって!!?? 先日「夫源病」という不思議な病気を新聞で目にしました。字から「ああ、ハイハイ、夫が定年になって家に長時間いるんで奥さんの精神状態がおかしくなるんだろ […]

ヒアルロン酸の種類について グローバルアクションイメージ

ヒアルロン酸の種類について グローバルアクション

☆ヒアルロン酸って行ってもこんなに種類がある ヒアルロン酸は人体を構成する物質であり、特に美容分野では皮膚に張りを持たせたり、凹んだシワを改善するために使用されています。しつこいようですが人体はヒアルロン酸に対しては異物 […]

老化防止・精力アップのサプリ「DHEA」ってアンチエイジング効果が無いっていう説・・・私が言ったわけじゃないですイメージ

老化防止・精力アップのサプリ「DHEA」ってアンチエイジング効果が無いっていう説・・・私が言ったわけじゃないです

■アンチエイジングの決定版なんていわれたけど・・・。 名前が紛らわしいので注意していただきたいのですが、今回の話は「DHEA」であって「DHA」ではありませんよ。 「DHEA」はデヒドロエピアンドロステロンという性ホルモ […]

揚げ物が認知症のリスクを高めるってホントウか?この論文搦んでみましたが・・・惨敗。イメージ

揚げ物が認知症のリスクを高めるってホントウか?この論文搦んでみましたが・・・惨敗。

■揚げ物で認知症のリスクが高まる? 揚げ物大好きなオッサンには気になる記事がハフィントンポストに「Fried Foods Could Be To Blame For Aging And Dementia, Study S […]