五本木クリニック院長ブログ

ダイヤモンド・オンラインさま、医療記事を書くなら内容を精査してからにしてくださいませ!!


■ヒルドイドの美容目的使用は違法は間違いではありませんけど、内容に少々問題が

皮膚科領域で使用されるヒルドイドという処方薬があります。ヒルドイドの保湿効果が優れているとの話から、病気ではないのにヒルドイドの処方を求める患者さんが多数出現しており、先日こんなブログを書きました。

怒号飛び交う「ヒルドイド逆ギレおばさん」、どうして処方してくれないのよ!!

崩壊しつつある日本の国民皆保険制度、少しでも無駄な医療費を削減することは医師側も気をつけなければいけませんが、患者さん側も気をつけていただきたいとの気持ちで書きました。このヒルドイド美容目的使用問題は多くの人々の目に触れることが重要であり、多くのメディアがこの件について報道してもらいたい、と考えていますが・・・

◎医療記事の内容は正確であるべきなのでは、ダイヤモンド・オンラインさま

ダイヤモンド・オンラインに掲載された「「ヒルドイド」を美容目的で処方してもらうのは違法だ」におけるヒルドイドに関する記事中でいくつかの間違いと考えていい内容(ちょっと調べりゃすぐわかるはず)がありましたので、指摘させていただきます。昨今、医療記事や健康情報記事は内容の正確さが、以前と比較して厳しく求められています。

■ヒルドイドにスプレーなんてありませんよ

問題のヒルドイド違法処方について書かれたダイヤモンド・オンラインはこれです。

この画像はスマートニュースに流れてきたもので、元の記事は http://diamond.jp/articles/-/143046です。

記事で訴えたい内容に間違いはありません。しかし、このライターさん、しっかりと調査するというかヒルドイドに関して調べたのか、かなり疑問があります。まず、

ヒルドイドには、ソフト軟膏、クリーム、ローション、スプレーの4つの剤形があるが、いずれもヘパリン類似物質が0.3%配合されており、国が決めた薬価は1gあたり23.7円だ。たとえば、ヒルドイドソフト軟膏25gの1本あたりの薬剤料は590円になる

前掲サイトより ヒルドイドはヘパリン類似物質が含まれたマルホの商品名であり、一般名であることをこのライターさんはご存知ないのでしょうか?ヒルドイドソフト軟膏、ヒルドイドクリーム、ヒルドイドローション、ヒルドイドゲルの4種類が現在医療の現場で使用されています。

◎ヒルドイドにスプレー状のものは存在していません!!

確かにヘパリン類似物質配合でスプレー状のものはジェネリックで複数社から販売されていますが、ヒルドイドはあくまで固有名詞ですから「ヒルドイドスプレー」はありません。記事の言わんとするところは正しくでも、内容に間違い、それもちょっと調べりゃすぐにわかるような間違いがあると、記事全体の信頼度が落ちるのではないでしょうか?

■ヒルドイドにアトピー性皮膚炎は適応はありません

アトピー性皮膚炎で医療機関を受診すると当たり前のようにヒルドイドクリーム、ヒルドイドソフト軟膏、あるいはヒルドイドローションが処方されますが、実は

どの形状のヒルドイドであってもアトピー性皮膚炎は適応症ではありません!!

こんなことは添付文書をネットで検索すればすぐにわかることなんですけど、この記事を書かれたライターさんは

ヒルドイドは、アトピー性皮膚炎やしもやけ、ケガをしたあとのケロイドの予防、打撲によるあざの治療などに用いられる外用薬だ。おもな成分は「ヘパリン類似物質」というもので、類似という言葉がつく通り、人間の体内にも備わっているヘパリンと似た働きをする物質が配合されている。

と前掲の記事中でお書きになっています。

各種ヒルドイドの効果効能は「血栓性静脈炎(痔核を含む)、血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患(注射後の硬結並びに疼痛)、凍瘡、肥厚性瘢痕・ケロイドの治療と予防、進行性指掌角皮症、皮脂欠乏症、外傷(打撲、捻挫、挫傷)後の腫脹・血腫・腱鞘炎・筋肉痛・関節炎、筋性斜頸(乳児期)」と添付文書に記されています。

「ヒルドイド 添付文書」で検索すれば、マルホのこんなページがすぐに見つかるはずですし(https://www.maruho.co.jp/medical/products/hirudoid/index.html)、独立行政法人医薬品医療機器総合機構の添付文書情報検索が上位に表示されるはずです。

医薬品の適応外使用(この記事では違法だあ!!ってことになっています)が記事のかなめなんですから、適応症を調べてから記事を書く必要があると私は思うのですけどねえ。

■じゃあ、なんでアトピー性皮膚炎だとヒルドイドが処方されるの?

以前、マルホの方にヒルドイドの美容目的使用問題を指摘した時に、実はアトピー性皮膚炎も適応症じゃないんだよね、と話した記憶があります。アトピー性皮膚炎の場合、同時に「皮脂欠乏症」を合併することが多いので、レセプトには病名として「アトピー性皮膚炎」そして「皮脂欠乏症」を併記しているのが一般的です。健保組合の中には太っ腹なところもあるため「アトピー性皮膚炎」だけの記載でも、レセプトの返戻あるいは点数削除は行わないところもあるようですけど。

ところで

◎ダイヤモンド・オンラインの記事中にある「打撲によるあざの治療」ってなんだあ?

また皮膚をぶつけて生ずる出血斑(打ち身)をアザと称する人もいますが、出血斑であれば、放置していても自然に消失しますので、患者さんにとって、特に深刻な問題となることはありません。そのためアザといえば色の変化がずっと残ってしまうものをいい、通常は生まれつきか生後間もなく生ずる色の変化をアザといっています。

日本皮膚科学会 皮膚科Q&A 「Q1アザとはなんですか?」より 病気に対する記事を書くなら病名の定義くらい確認しましょうね!!

↑ページTOPへ

関連記事

「女性用バイアグラ」の効果・効能は「媚薬」のように思えるけど・・・フリバンセリン開発秘話。イメージ

「女性用バイアグラ」の効果・効能は「媚薬」のように思えるけど・・・フリバンセリン開発秘話。

■待ってました!!女性用バイグラ、ついにFDAが認可、っていっても誰が使うの? ED改善薬である「バイアグラ」は媚薬でもありませんし、性欲を高めることを目的として使用される薬では無い、という大前提をご確認ください。 バイ […]

「ネオVリフト」という頬のたるみやほうれい線を解消する新しい治療法イメージ

「ネオVリフト」という頬のたるみやほうれい線を解消する新しい治療法

■ハッピーリフトと組み合わせると効果抜群 今回はGWを利用して、若返りを検討している方の背中をチョイと押す新しい治療法をご紹介します。 先日、ハッピーリフトという顔全体のタルミを改善させる治療方法を私自身で体験しました、 […]

「うつぶせ寝」、本当に健康にいいの?103才の日野原重明先生が実践しているけど。イメージ

「うつぶせ寝」、本当に健康にいいの?103才の日野原重明先生が実践しているけど。

■長生きで健康な人の生活を真似たい気持ちもわかるけど 元気で今でも仕事をしてまっせ、という103才で現役でご活躍している日野原先生が実践している「うつぶせ寝」。赤ちゃんの頭の形が良くなる、なんて話が子育て中のママの間で噂 […]

「年齢ペプチド」って何?DHA・EPAとも違う、VPPとIPPという血管をしなやかにする成分らしい。イメージ

「年齢ペプチド」って何?DHA・EPAとも違う、VPPとIPPという血管をしなやかにする成分らしい。

■年齢ペプチド、とは・・・血管をしなやかにする乳が元の健康成分らしい 「血管年齢」という呼び方があります。血管が動脈効果を起こし、心臓や脳の血管がしなやかさを失うことで、心筋梗塞や脳梗塞・脳出血が起きるため、血管がしなや […]

激しいスポーツをすると免疫力がアップ!!??長生きするのも大変だあ。イメージ

激しいスポーツをすると免疫力がアップ!!??長生きするのも大変だあ。

■運動って激しいほど健康に良いわけでは無いと思うんですけど アクティブな運動をしている高齢者はあまり運動をしない高齢者と比較して、免疫力が高い、との研究結果が出ています。 「Major features of immun […]