五本木クリニック院長ブログ

東洋経済さま、医療記事は玉石混交のようですがこれはあまりにも・・・。


■ネットでは大人気の東京経済オンライン、しかし医療記事は問題含み?

東洋経済オンライン(http://toyokeizai.net)といえば、近年大人気のウェブサイトであることはご存知だと思います。

元々伝統のある経済誌がネットの世界に入ってきたところ、今では月間2億PVを超える勢いで、私も時々拝見させていただいています。

◎ネットの世界で一番検索されているのが健康関連キーワードであるとの話もある

ためか、時々東洋経済オンラインにも医療物記事が掲載されています。金融経済のプロである

◎東洋経済も医療となると素人丸出しであり、良記事のなかにトンデモ系の医療記事も紛れ込んでしまうようです

通常、媒体がしっかりしていれば、掲載された記事も信頼度が高い、と思いがちでしょうから落とし穴があることをお伝えする為に私が東洋経済オンラインの中で見つけたヘンテコな健康情報記事をいくつかご紹介します。

■糖質制限でがんを兵糧攻め・・・これ色々な意味でかなり偏っております

医師には裁量権というものがありまして、自分の責任の範囲内である程度自己流の考え方を実践することができます。しかし、がんの治療など生死にかかわる病気の場合は責任重大であるために、ガイドラインに従った標準医療を行うのが一般的です。

もちろん、患者さんの状態は多種多様であるために、全例同じ治療とはなりませんが、EBM(evidence based medicine)、つまり根拠にもとづく医療を意識しながらさじ加減を決定していきます。しかし、なかには思い切りが良いというか

◎よく病院の倫理委員会が承認したと思われるような標準医療とはかけ離れた治療が東洋経済オンラインに掲載されていました

それはこれです。

http://toyokeizai.net/articles/-/144042 この治療の特徴は糖ががんの栄養となっているために、徹底的に糖を制限することによってがんを退治しようというものです。この記事の後半に著者の本が掲載されているので入手して読んだところ、こんな凄い効果があるなら論文があるんじゃないかと探してしまいました(結局見つからなかったけどね)。

食餌療法でがんを克服した、なんて感じの一般書籍が多く出版されています。これもそのレベルを超えていないのです。

http://toyokeizai.net/articles/-/144042?page=3

この本に書かれている治療法は標準治療を受けながら徹底的な糖質制限食を行うもの。その結果、「約7割の末期がんが改善した」とのことですが・・・症例として挙げられている多くが大腸がんと乳がんの患者さんで構成されています。

◎大腸がんも乳がんも抗がん剤がかなり効果を上げることは医師だけでなく、患者さんの多くもご存知なんじゃないでしょうか?

症例としてあげられた患者さんも糖質制限食なんて食べなくても、どうようの結果が得られたと考えられます。そういえば以前この本を読んでこんなブログ書いたっけ・・・がん免疫栄養ケトン食療法、なんだか怪しげな雰囲気が

■話としては感動的な末期がんと宣告された料理研究家、これも変!!

ここ数日ブログで話題にしたオーガニック薬膳料理研究家の記事も東洋経済オンラインに掲載されています。

http://toyokeizai.net/articles/-/108409

全身に転移した卵巣がんに罹ってしまった女性が、標準医療を途中で放棄して車椅子でフランスに渡り、食の大切さを感じ、さらにその後、中国まで渡り薬膳を学んだとのふれこみです。ご自身の経験と知識を取り入れて現在はオーガニック薬膳料理研究家として料理教室を開催したりしているようです。この方の記事にも著作が紹介されていましたので、当然購入しましたよ、私は。

http://toyokeizai.net/articles/-/108409?page=4

この本ともう一作を読んで二つのブログを書きました。

「食べものだけでガンが消えた」のオーガニック薬膳料理研究家高遠智子さんの本がかなりヘン!!

やっぱりヘンだよ!!料理研究家の高遠智子さん、経歴詐称疑惑は別物としても・・・。

この方の著作物やサイトを見ると、まだまだヘンテコなつじつまの合わない出来事や記述が大量にありますが、このあたりでやめておきます。

■私も東洋経済オンラインに記事を書きましたが・・・炎上しました(涙)

恥ずかしながら私も東洋経済オンラインに記事を書いたことがあります。「エッジの効いた原稿をお願いしますね!!」って言葉に誘われて調子に乗って書いた記事がこれ。

http://toyokeizai.net/articles/-/149514

◎ハイ!!皆様のご期待通りに炎上寸前となりました

私としては漢方薬って副作用がない、との一般常識に対して、漢方薬といえども副作用はあるんだよと伝えたかったのですが、東洋経済オンラインの読者層と私のブログの読者層は違っていたようです(しかし、下のコメント欄にがんがん投稿している産婦人科医ってどんな人だ?)。

東洋経済オンラインさま、面白そうな興味深い一般書籍の紹介であるなら、「この本を書かれた医師によれば」とか「この本を発刊した料理研究家の本の内容の紹介です」って初っ端に記載しておけば、ブルータスおまえもか的な捉え方はある程度回避できるのではないでしょうか?

↑ページTOPへ

関連記事

ベストセラー「医者に殺されない47の心得」のガイドブック その2 重箱の隅をつついたら・・・出てきました変なデータ。追記ありイメージ

ベストセラー「医者に殺されない47の心得」のガイドブック その2 重箱の隅をつついたら・・・出てきました変なデータ。追記あり

■心得8の「早期発見」は、実はラッキーではない・・・確かにその通りです 近藤センセイはとにかくガンは見つけないに超したことはない、余計ながん健診なんて受けること自体が死期を早めているという論調であることは著作でも知られて […]

これからのがん治療は4次元ピンポイント放射線!!ってワケないじゃん。

■がん治療に放射線療法は効果的、でもこの治療法はどうなのよ? 普通のがん治療を標準医療あるいはガイドラインに則った治療と呼びます。標準医療に変わる民間療法的なものを代替医療とか補完医療と呼びます。代替医療原理主義者の中に […]

坂本龍一さんが咽頭がん!でも「放射線治療は拒否」を真似しちゃダメですよ!!イメージ

坂本龍一さんが咽頭がん!でも「放射線治療は拒否」を真似しちゃダメですよ!!

■そもそも「咽頭がん」は喫煙がハイリスクになっています 坂本龍一さんが咽頭がんであることが判り、治療法として反原発の意味を込めて放射線治療を拒否している、とのこと。そもそも「咽頭がん」は圧倒的に男性に多く見られる「がん」 […]

ニセ医学!?日本人は欧米人と比較して腸が長い、だから肉食は避けるべき、という話は間違いだらけ!!イメージ

ニセ医学!?日本人は欧米人と比較して腸が長い、だから肉食は避けるべき、という話は間違いだらけ!!

■肉食は危ない!日本人の腸は草食系に合わせて長くなっている?? 常識として「日本人の腸は欧米人より長く、それは穀物・野菜食中心の生活を送ってきたから、あるいはそれに適応してきたから」という話常識と思っている人って多いよう […]

今度はコーヒーを飲むと肝臓のガンになりにくいって説が登場、でも注意がありますイメージ

今度はコーヒーを飲むと肝臓のガンになりにくいって説が登場、でも注意があります

■なぜかコーヒーは体にいいのか、悪いのかの論争に巻き込まれます 子供のときはコーヒーは苦手だったけど、大人になったら手放せなくなったなんて人も多いのではないでしょうか?大人のムードを醸し出すコーヒーはタバコ、お酒とともに […]