五本木クリニック院長ブログ

緊急事態発生!!プラセンタ注射「ラエンネック」でB型肝炎感染の疑い!!??


■プラセンタ注射と呼ばれる「ラエンネック」でB型肝炎に感染!!??

驚きのニュースが飛び込んできました。若返りだの美肌治療に使用される

プラセンタ注射「ラエンネック」によってB型肝炎に感染した可能性が明確に否定できない症例があった

との情報を見つけてしまいました!!

日本生物製剤http://jbp.placenta.co.jp/files/2017/09/20180816.pdfより この文章なぜか日付が「8月」だけ・・・私がこの文書を見たのがお盆の最中。B型肝炎ウイルスが入るはずないと、日本生物製剤は書いてはいますけどこんな論文もあります→「Occult HVB感染と考えらえる血液製剤による輸血後B型急性肝炎の一例」つまり

肝炎ウイルスが紛れ込むことがゼロとは言い切れないと思います

これって本来ならばMRさんが当院を訪問して説明する、あるいは郵便でこのような内容を知らせてくれるべきなんでしょうけど、なんせ当院ではプラセンタ注射を当方から患者さんに推奨することは無いために

販売会社からすれば当院はラエンネックマイナーユーザーであり重要な取引先ではないと認識されてるんでしょうね

「他院でプラセンタ注射を始めたので、ついでにラエンネックを注射して」レベルの数人の患者さんにしか使用していなかったので、大事なインフォメーションを教えてもらえなかったのかなあ、なんて考えております。

このあくまで因果関係は明確ではないにしろ、プラセンタ注射ラエンネックB型肝炎疑惑に対して、当院美容サイトはこの情報を得た時点でこんな感じになっております。

正直なところ、この美肌注射には

もともとラエンネックは含まれていませんが、オプションとしてラエンネックの追加をしていたことはあります

簡単お手軽に採用できるプラセンタ注射「ラエンネック」は保険診療一本槍だった皮膚科でも、自費診療のお勧め等のセミナーの影響を受けて現在は多数の一般クリニックでも採用されています。

■ラエンネックを製造販売している会社の対応は疑問だらけ

まあ、当院のようなラエンネック少量ユーザーへの対応は後回しになって仕方ないと大人の解釈をしたとしても第一報でこれはないでしょう!!

ラエンネックの使用を当面の間差し控えることに関するお知らせ

って当面の間差し控え、なんて曖昧な表現じゃなくて

至急、ラエンネックの使用を中止してください

って危機管理を考えたらインフォメーションするべきなんじゃないでしょうか?さらにこの「当面の間さし控えることに関するお知らせ」は医療関係者でないと基本見られない建前になっています。

日本生物製剤 医療関係者の皆様へ(http://jbp.placenta.co.jp/medical_personnel/) 真面目な一般の方は自分は医療関係者じゃないや、と考えて「はい」をクリックしない可能性があります。これではラエンネックの疑いをあまり公にしたくないオーラが出まくりなんじゃないでしょうか?

私は日本生物製剤がラエンネックで一発当てようと欲を出したのか(もともとは非常にマイナーな製薬会社)、会社の発展のために当然の流れなのか

豚由来プラセンタサプリを製造販売した時点でなんじゃこの会社は!!

って感じたのが10数年前だったけなあ。ラエンネックって生物製剤なんで「未知の感染症の原因となる微生物が含まれている可能性があること患者さんに伝えること」との指示を従業員に出し、さらに念のためというかほんとは当院的に積極的にはプッシュしていないんだよという意味合いと万が一のために同意書を用意していました(なんで同意書なんか書かせるのよ(怒)って方は当然お断りしていました)→当然のごとくラエンネックを使用したプラセンタ注射希望者はごくごく少数ってことになります。また、万万が一のことを考えてラエンネックを使用している患者さんには献血は控えるようにお願いしていました。

■プラセンタ注射ラエンネック肝炎疑惑に対する当院の対応

前掲のように当院のサイトではラエンネックを使用したプラセンタ注射は中止しています。しかし、少数とはいえラエンネックを注射された患者さんがいることに間違いはありません。そこで当院としてはこのような対応をいたします。

当院でラエンネックを注射した方に対しては当然無料でウイルスの検査をいたします!!

すでに当院からの電話連絡をアンケート用紙にOKと書かれた方には連絡をとって採血を開始しています。

これは当院の在庫、廃棄すればいいのか、御社が回収するのかの指示もお願いします、日本生物製剤さま。

■情弱のクリニックは今でもこんな状態です

ネットで「プラセンタ注射」のキーワードで検索すると・・・・

こんな状態で広告が上の方に現れます。どこもいまだにプラセンタを積極的にアピールしているようです。広告を除くとこんな状態。

プラセンタ注射をこんな感じでサイトに掲載して大丈夫か?と余計な心配をしてしまいます。さらにはラエンネックがヤバイと知られ出したこの時期にこんな広告をしているクリニックまで・・・。

ここも当院のように製造販売会社から連絡こなかったのでしょうかねえ・・・。

■果たしてラエンネックにB型肝炎ウイルスは混入していたのか?

今はシワ等の治療にヒアルロン酸が主に使用されていますが、以前は同様の効果を期待してコラーゲン注射が多用されていました。このコラーゲンはもともと人体の皮膚の一部を原料として製造されていたのですが、BSE問題つまり狂牛病騒ぎの時に万が一原因であるプリオンが混入してしまう可能性があるために、医療では使用されなくなりました。生物由来成分の場合は疑わしきは罰するべき流れとなっているはずです(薬害エイズ事件なんてひどい事件もありましたね)。

今回のプラセンタ注射の薬であるラエンネックの場合も万が一という事態に備えて

即刻使用中止を製造販売会社は医療機関に通達するべきだったのではないでしょうか?

私の個人的な解釈だと、B型肝炎ウイルスが製造過程で混入することは、まずありえないとは思いたいのですが・・・入っていないはずの異物が混入して製造をストップさせた医薬品は今までにもいくつかあります。

https://area34.smp.ne.jp/area/card/5696/i1Iv6B/M?S=mbmjt0ljt0kより

しかし

本来のラエンネックの適応症は「慢性肝疾患における肝機能改善」です

肝機能改善を目的としたラエンネックで肝炎になってしまったら、それも保険治療で使用される以外のアンチエイジング目的の注射が原因となってしまったらどうなっちゃうのでしょうか?

積極的にご自分の使用している薬剤の情報収集を怠っている医療機関は早めにラエンネックの注射を中止して、最優先課題として危機管理体制をとって対応するべきだと考えております。

当院としてはラエンネックの安全性が確実になったとしても、この会社の対応に不信感を抱いておりますので今後も自主的に控えるのではなく中止とさせていただきます。

↑ページTOPへ

関連記事

テストステロンこそ、男の味方だ!!テストステロンが高いと脳卒中のリスクが低くなる!!イメージ

テストステロンこそ、男の味方だ!!テストステロンが高いと脳卒中のリスクが低くなる!!

■男が男である証がテストステロンです テストステロンというホルモンがあります。男性の更年期障害の指標になるホルモンで、減少している場合は補充療法で諸症状を解消することが可能です。なんで美容をやっているお前が泌尿器の分野の […]

顔のたるみを無くすために、糸を使ったフェイスリフト(スレッドリフト)体験しました!!イメージ

顔のたるみを無くすために、糸を使ったフェイスリフト(スレッドリフト)体験しました!!

■顔のたるみは重力には逆らえないからできちゃう、スレッドリフトで簡単に解消!! 年を取るとどうしても皮膚自体のコラーゲンやエラスチンと言う肌をプルプルにさせる成分が減ってしまうから、肌自体に張りが無くなってしまいます。さ […]

愛情が薄れると異性が臭く感じるという悲しい事実、そんなにオジサンはにおいますか?イメージ

愛情が薄れると異性が臭く感じるという悲しい事実、そんなにオジサンはにおいますか?

■加齢臭・ミドル脂臭の感じ方は愛情と関連がある 先日からオヤジ達の臭いについて何回かブログに書き、コッソリと女性に対して反撃を試みました。愛し合って結婚しても、ある日からパートーナーがうざく感じられ、我慢に我慢をかさねた […]

【悲報】やっぱりサプリって必要ないようです、特に骨関係のサプリ。

■骨を強くする骨折予防目的のサプリは意味がないっぽい 骨粗鬆症による骨折を予防しよう、とせっせとカルシウムやビタミンDを服用している方をよくお見かけしますが・・・ 骨折予防のサプリって意味無いらしいです(まあ、薄々は気が […]

ヒルドイドを美容目的に健康保険使って処方するのは反社会的行為!!そんな医師たちの責任問題は・・・。

■健康保険を使って、美容目的のヒルドイドを処方している医師に罰則があるのか? ヒルドイドというヘパリン類似物質が含まれた処方薬が本来ならば病気に処方されるべきなのに、美容目的に処方を受ける患者さんが多数いるために、年間9 […]