五本木クリニック院長ブログ

ニセ医者疑惑急浮上!!内科医工藤って誰だ????


■内科医工藤です・・・この人って本当に医者???

先日から医療関係者の間で話題になっている超有名な医師がいます。その方のお名前は「内科医 工藤」。なんでこの医師が医療関係者の間で話題になっているかというと

どうも工藤医師は医師じゃない!!

と考える医師が多いからなんです。医師の世界って本当に狭くて、友達の友達レベルくらいまで捜索の輪を広げるとその人が本当に医師免許を持っているのか、医師と詐称しているのか分かってしまいます。

https://doctor-health-food.com/より

医師の知人がいない方は厚生労働省の医師等資格確認検索(https://licenseif.mhlw.go.jp/search_isei/)を使ってみて下さい。ほとんどの場合、

あなたのかかりつけ医が本当に医師であるか瞬時に判断できます

(この医籍登録を確認するサイト、かなり問題というか欠陥があることは後述)。あるいは、医師と称する人の発言内容から、「こいつ本当に医学を学んだことあるのか?」をうかがい知ることが出来そうだと多くの方はお思いかもしれませんが、これってかなり難易度高いです。

■内科医工藤さんは本当に医師であるか、医籍登録を調べてみると・・・

内科医工藤さんが運営しているサイトがあります。その「医師が教える長生きのための食事術」っていかにもありそうなタイトルなので惑わされた方も多いのではないでしょうか?

さらにツイッター上にここんところ頻回に流れてくる内科医工藤さんの健康に関する格言を信じ込んじゃっている方もいるとかいないとか。そこで前述の厚生労働省の医師等資格確認サイトに「工藤 弘樹」といれると(姓と名の間に必ずスペースね)・・・

内科医工藤さんのフルネームは「医師が教える長生きのための食事術」の下の方の記述により「工藤 弘樹」であることがわかります。

ジャジャジャジャーン、条件に該当する医師等は存在しません!!

との結果が得られました。この検索サイトには

氏名の文字や職種・性別に誤りがないかを確認願います。

なお、この検索システムは、医籍(歯科医籍)の氏名に対応しているため、旧姓等の利用により、登録名と利用の氏名が異なる場合等は検索できません

との注意書きがありますので、性別や氏名の文字等をゴチャゴチャいじくり回しても、やっぱり当該者なし。このシステムによって内科医工藤さんが医師じゃないのでは説が強まっていくのでした。

この医師等資格確認サイトはいくつかの欠点というか問題点がありますのでご注意ください。これは二年に一回厚生労働省から医療機関に所属する医師を提出してね、との調査票が届き、それを各医療機関が提出することによって初めて登録が完了します。その二年の間に結婚等にて姓が変わったり名が変わったりした場合は医籍登録が確認できないで、にわかニセ医者疑惑が浮上してしまいます。

さらに医療機関の事務サイドがうっかりミスをしでかして書類に従事している医師の名前を書き漏らすことも無いわけではありません。

さらにさらに二年に一回の調査なんで医師になりたての場合は当然のこととしてニセ医者疑惑が浮上してしまう可能性を含む検索サイトであることを書き加えておきます。

■医師が書いたとされるサイト内の記事からニセ医者を見分けられるか?

えーっと、医師と称する人の発言内容や署名記事からその人が本当に医師免許を持っているのかを判別する、これって非常に難易度が高いです。

https://twitter.com/naikaikudouより

明らかに医学の常識というより、

科学の常識から逸脱した発言や記事があったとしても、正真正銘の医師免許保持者ってことも少なからずあります

今まで私がトンデモさんとして取り上げてきた、突拍子もない説をのたまっている方々も残念ながら医籍登録されています。どんな業種であろうと、どんなグループであろうと一定の確率でバグが存在してしまうのです。

この内科医工藤さんの場合、やたらめったらに記事内で特定のサプリを推奨していることによって、「こいつ怪しい、ニセ医者かあ?」と考え、記述がどうみても一般書籍レベルであることからも「限りなくニセ医者っぽい」と多くの医療関係者が考えた次第です。

内科医工藤さんが唱える「長生きのための食事術」のどのへんがどんな具合にヘンテコリンなのかは、追って報告予定です。

■昔からあるニセ医者問題

私が子供の頃もニセ医者問題は当然のごとくありました。その当時は旧日本軍の衛生兵であったり、看護師であったり、全くの無資格者が近所で名医と評判で本当に驚きました的な新聞記事がありました。ニセ医者問題の解決方法として厚生労働省は医師等資格確認検索サービスを開設したのでしょうけど、前述のようにこのシステムも完璧ではありません。

医師って本当に狭い世界で生きているために「誰々って知っている?」と尋ねることによって「ああ~、あいつねえ」的に少なくとも医学部に所属していたことを確認することはたやすいです。

また、問題が無いわけじゃないですが医学部への進学ができる高校もある程度限られていることによって高校時代の友達に尋ねるという方法もあります。

さらにさらにこれまた問題ではあるのですが、東医体とか全医体とかの運動部つながりによって「誰々って知っている?」と尋ねることも可能です。

一般的には医師と名乗る人物の経歴をたどれば高確率で自分の医師友達となにかしらのつながりがあり、それを頼りに「こいつは医師である」と確信するという非常にアナログな手段が残念ながらメインとなっています。

となるとあなたが医師だと思っている人が本当に医師免許(これは写真入りでもないたんなるお免状形式)を保持いない可能性も無いわけじゃありません。ただ一つ確実な方法は所轄の保健所に問い合わせてみてくださいませ(個人情報とかは言わないとは思いますけど・・)。あるいは出身大学を尋ねて、その大学出身者に聞いてみる方法もあります。

内科医工藤さん、もしあなたが本当に医師であるなら医籍登録の番号をお尋ねするようなことはしませんので、せめて出身大学(追記 出身大学は東京慈恵医科大学とプロフィールにありました。絶対ではないですが、慈恵出身の医師は東京慈恵「会」医科大学と書く傾向があります)卒業年次だけでも教えてくださいませ。

関連ブログ
この人がしきりに推奨しているのがブロッコリーを原料としたサプリで、がんも治っちゃうらしいです。

ブロッコリーから作った特許取得サプリで、がんは治るのか??

↑ページTOPへ

関連記事

「ロキソニン」は飲み続けてはいけないの?薬は作用があれば副作用があるのは当たり前!!イメージ

「ロキソニン」は飲み続けてはいけないの?薬は作用があれば副作用があるのは当たり前!!

■ダマされるな!「メジャーな薬=安心」ではない、はホント? 週刊現代に連続して医療批判、薬批判記事が掲載されて、予想外に医療現場に混乱をきたしています。先日厚労省が「重大な副作用」が追加された「ロキソニン」についてもモチ […]

3歳から脱毛サロン通いが自然な流れ、ってワケないじゃん!!

■なんの意味があって3歳から脱毛サロンに通うのか!!?? よそのお子様が茶髪であっても、パーマでクルクルでも、ジャンボ尾崎のように後ろの毛が長くても(最近あまり見かけないか)、口出しする気は一切ございません。でもさあー、 […]

出生数を下げてしまう、迷信「丙午」・・・ニセ医学・疑似科学以前の大問題!!イメージ

出生数を下げてしまう、迷信「丙午」・・・ニセ医学・疑似科学以前の大問題!!

■やっと昨年は赤ちゃんの数が増えた 2015年の人口動態の統計によると特殊出生率が前年を上回り、赤ちゃんの出生数も増加したことが先日報じられました。その理由として安倍政権の経済対策が功をなし、経済的な余裕ができたためと解 […]

悪質!!「日本の奇形児出産頻度が増えている」はニセ医学の典型的手法、母親に恐怖を与える!!イメージ

悪質!!「日本の奇形児出産頻度が増えている」はニセ医学の典型的手法、母親に恐怖を与える!!

■日本における奇形児の出産頻度が増加している、とデマを流す人がいる 先日、妙な説(乳製品の発がん性や寿命を短くする)をネット上の記事として披露していた方の著作を読み返したところ ◎奇形が生まれる!?コンビニ弁当 という見 […]

「冷えとり」体験レポート・・・その2 靴下の破れと病気の関連性、あるわけ無いじゃん!!

■冷えとり健康法で靴下が破れる理由・・・擦れるからに決まってんじゃん!! 「冷えとり」というヘンテコな健康法があります。体から毒素が排出されて、その毒素を繊維が吸収することによって靴下が破れちゃうそうです(笑)。心霊治療 […]