五本木クリニック院長ブログ

インフルエンザ大流行!!テレビではポンコツ医学情報満載のニュース番組が・・・。


■インフルエンザが大流行、テレビでは新薬の解説もかなりポンコツ?

フジテレビ系のニュース情報番組「グッディ!」確か、以前取材協力をした記憶があり、時々拝見しております。2019年1月11日の放送内容でインフルエンザが大流行している件に関して、専門家が登場しています。

インフルエンザの流行について説明し、インフルエンザの新薬の説明をし、インフルエンザに感染しない為の予防方法を取り上げているのですが、

◎インフルエンザに関して医学の専門家が解説しているのに、かなりヘンテコな内容の番組構成となっています

●インフルエンザの新薬「ゾフルーザ 」は人に対する治験は行われていないのか?

●今年のインフルエンザの流行期間は本当に過去のインフルエンザ流行時期より早いのか?

●インフルエンザ対策として取り上げられていた「紅茶」は本当に効果があるのか?
などの素朴な疑問を抱いてしまいました。

「グッディ!」で放送された内容がウェブ上にありますので、利用させていただきますね。

FNN PRIMEグッディ!「インフルエンザ大流行!驚きの新薬と感染拡大を防ぐ身近な飲み物とは?」より 

これらのインフルエンザに関する情報を自分の知識を整理することもかねて、信頼度の高いデータや研究を基準として

◎「グッディ!」はニュース情報番組として信頼度が高いのか、ポンコツなのか?

を検証してみますね。まあ、誰に頼まれたわけじゃないけどね〜。

■インフルエンザの新薬「ゾフルーザ」って人に対する治験を行なっていない???

インフルエンザに感染した場合の特効薬として2018年2月23日に華々しく登場した「ゾフルーザ」、これにかなりの期待を抱いている患者さん、そして医師がいます。グッディ!ではそんなゾフルーザに対して

副作用は人に使って初めてわかるものですから。動物治験などの治験はやっていると思いますが、たくさんの人が使った後で、本当に副作用がないかどうか分かってきます。

◎かなり恐ろしい医学常識を覆すようなことをさらっと中山博士は述べています

この方がインフルエンザの専門家として登場した中山幹男医学博士です。

◎ええっ、ゾフルーザって動物実験はしていても人に対する治験はやってないの!!??

動物実験はもちろん行なっていますし(サル)、厚生労働省は間違いなくゾフルーザを販売する塩野義製薬に対して人体に対する効果効能のデータの提出を求めているはずです。

このようにしっかりとシオノギ製薬は当然人体に対する効果・効能、そして副作用を治験によって調べているんですけどねえ・・・。

さらに中山博士が心配している副作用、もちろん人に対する副作用もしっかり添付文書には記載されてます。

何を根拠として動物治験はやっているけど、人に対する副作用は・・・なんて発言をされたのでしょうか?もちろん人に対する治験では検出されなかった副作用がたくさんの人が服用することによって追加される可能性はあります。しかし、中山博士の発言ではどう見ても

◎ゾフルーザは動物実験は行なっているけど、人に対する治験が行われているかは不明

って受け止めてしまうのではないでしょうか?

私のゾフルーザに対する印象はインフルエンザに感染した患者さんに投与した場合、症状が改善するまでの期間はタミフルと大差ないし、薬価も高いし、インフルエンザウイルスを変異させる可能性も高いし(タミフルもそのような傾向あり)、下手すりゃ体内で変異ウイルスによって症状改善期間が延びちゃう可能性もよく考える必要があると判断しています。

■なんで登場した医学博士は紅茶でインフルエンザを予防できると主張しているのか?

巷で「紅茶うがい」が風邪の予防に効果的との話が出回った時に、こんなブログを書きました。

風邪の予防に「紅茶でうがい」が効果的?!じゃあ緑茶はダメなの??

この件でその後も「紅茶うがい」の感染症に関する情報を収集していた時にこんな文献を見つけたのです。

「紅茶のインフルエンザに対する感染伝播阻止効果」(http://www.tea-a.gr.jp/pdf/111226.pdf)、

◎この紅茶の効果効能を述べた文献はグッディ!に登場していた中山幹男医学博士だったのです

私は断じて紅茶業界の後押しがあったなんてゲスの勘繰りはしません。

NPO法人バイオメディカルサイエンス研究所なる機関がどのようなものであるかは、端折ります。紅茶の感染症に関する効果・効能について中山幹男医学博士は別のメディアでこんな風に語っています。

獣医師・医学博士の中山幹男氏は、「効果があるのは、インフルエンザ患者から健康な人への飛沫感染を阻止すること。治療には役立たない。インフルエンザは鼻からの呼吸によって感染するため、健康な人が紅茶でうがいをしても予防効果はないが、患者が1時間ごとに紅茶を一口飲んで口内のウイルスを死滅させれば、周囲への感染が広がるのを防ぐことができる」

食品産業新聞社ニュース 「紅茶の抗インフルエンザ活性に注目集まる “テアフラビン”で感染拡大を阻止」より

でもグッディ!では

紅茶を摂取することで、テアフラビンという成分がスパイクをガードする→結果的にウイルスを“無力化”することができる!

に続いて

一部の研究では10秒でインフルエンザウイルス100万個を無力化。これは消毒液並みの効果!

と表記しています。

この表現だとまるで紅茶を飲むとインフルエンザ予防効果があるよ!!ってほとんどの人が受け止めてしまうと思います。中山博士が伝えたかったことは紅茶を飲むとインフルエンザウイルスが無力化して人にうつすリスクが減る!!ってことだけなんですけどねえ・・・。

まあ、インフルエンザの流行拡大を防ぐ効果が紅茶にあるから、確かにインフルエンザ対策と記載することが大間違いでは無いと判断も可能ですね。

■今シーズンのインフルエンザの流行は例年と比較して早いのか?

まず今シーズン(2018〜2019年)のインフルエンザ流行状況は受診者が165万人で、推測患者数は58万6000人となっていて、1道2府18県で警報レベルに達していることが番組内で伝えられました。

さらに、インフルエンザを20年超研究された中山幹男医学博士は年末年始にかけて爆発的にインフルエンザ感染者が増えている状況に対して、例年より早い、とお話しされていました。

私が感染症のデータとしては一番信頼度が高いと考え、しばしばブログで引用している国立感染症研究所の最新の報告はこのようになっています。39週から49週にかけて他の線より突出しているのは2009年のインフルエンザ感染状況。

残念ながら国立感染症研究所のデータでは2018年から2019年にかけてもインフルエンザの流行状況はこのグラフでは51週までしか記載されていません。

グッディ!では警報レベルに入れてもらえなかった模様の東京都のインフルエンザ感染状況はこのようになっています。

東京都感染情報センター 2019年1月11日 インフルエンザ情報より

このグラフの赤い線が2018年から2019年における東京都のインフルエンザ感染状況で1月に入っても、他の年と比較して「例年より早い」流行とは言えないように感じました。

■メディア、特にテレビの情報番組の医療情報は後で自分で調べる習慣が必要かも?

娯楽以外のコンテンツをネットの観ている、あるいは探している人は実はごくごく限られた数なのでは、と最近考えました。昨年NHKの「チコちゃんに叱られる」でほんの少しだけ取材協力したのですが、それからの数週間は「先生NHKに出てましたね!!」的なお声がけを多分20パーセント以上の患者さんにいただいきました。

ブログで医学情報を発信して、今年で5年以上になります。ブログのPVも最高では月間3桁万を超えたこともあります。ヘンテコな医学情報、どう見てもインチキ医学、そして医療系トンデモさんに関するブログを正しい医療情報と混ぜこぜにして発信していても、本当にこの情報をお伝えしたい方へは届きにくいようです。

やはりなんて言っても今の日本で最大級に影響力があるのはテレビです。医療情報をテレビ番組で取り上げるときは、なるべくわかりやすく、正しい医学情報を伝えていただければ何も私がしゃしゃり出る必要も無いと思う次第です。

↑ページTOPへ

関連記事

妊娠中にインフルエンザになると、子供が双極性障害になるリスクが上昇・・・なんと約4倍!追記ありイメージ

妊娠中にインフルエンザになると、子供が双極性障害になるリスクが上昇・・・なんと約4倍!追記あり

☆ワクチン不要論もあるようですが・・・ 決して私はワクチンなんでもOK派ではありません。今回の子宮頸癌ワクチンに対して、効果が全くないとか副作用が酷すぎるとの風潮に振り回され、腰の引けた対応をとってしまった厚生労働省。 […]

大流行中のB型インフルエンザ関連記事、朝日新聞に電凸しました!!その結果は・・・。

■健康情報記事なんだからエビデンスはあるのか、電凸しました 私は朝日新聞はデジタル版の有料会員です。Yahoo!!ニュースを斜め読みするだけの読者ではないことを前もってお断りしておきますね。昨日、ちょっと気になる記事を見 […]

薬を使わない薬剤師さんの「ワクチンを受けさせない」との主張の根拠はトンデモだよ!!

■薬を使わない薬剤師さん、子供の免疫力をあげる記事のここがかなりヘン!! 私が定点観測している自然派拗らせた方向けの情報サイト「IN YOU」中で新年早々にトンデモ医学というか、間違った医学情報を堂々とご披露されている薬 […]

医学的根拠の薄い「薬剤師は薬を飲まない」というトンデモ本のヘンな所はここ!!

■薬剤師さんの書いた「薬剤師は薬を飲まない」という本、なんかヘンなんですけど・・・。 ここ数ヶ月にわたって週刊現代が医療不信・処方薬有害論を展開しています。まあ、週刊誌が騒ぐレベルですから内容はかなり「盛った」話になるの […]

緊急!死亡率66%!?H10N8型の新型インフルエンザだと・・・どこまで拡大するんだ、中国の鳥インフルエンザイメージ

緊急!死亡率66%!?H10N8型の新型インフルエンザだと・・・どこまで拡大するんだ、中国の鳥インフルエンザ

先ほど新型鳥インフルエンザのH7N9インフルエンザについて書いたばっかりなのに 、さらに新型! 新型鳥インフルエンザとして昨年2013年から本年2014年にかけて中国で感染拡大が懸念されているH7N9型について、信頼度の […]