五本木クリニック院長ブログ

聞き慣れない「ビワアレルギー」、花粉症がある人は気をつけたほうが良いかも。


ビワで集団アレルギー?ビワ中毒は大丈夫か?

「あなたはビワを食べちゃダメ」とおばあちゃんから言われてきた私です。なんでもヒイイ爺さんの子供が庭に生えていたビワを食べて死ぬ目にあったことがキッカケらしい。この言い伝え(?)を私の父も守っていたようで、私は生まれてから一度もビワを食べたことがありません。そんなビワ忌避派の私の目にこんなニュースが入ってきました。

NHK首都圏ニュース「児童11人搬送食物アレルギーか」より

この記事を読んで、「こんなにビワアレルギーの子供っているのかな?」と素朴な疑問を感じました。最近のお子さんはなんらかのアレルギーを持っている人の割合が増えている、という話もありますが、ひょっとして今回の集団アレルギーはビワ毒による中毒なのではないか、なんてことを自分が言われてきたことを基に考えてしまいました。

ビワアレルギーとビワ中毒について少々述べさせていただきます。

花粉症がある人はビワアレルギーにも注意が必要かも

花粉症がいつの間にやら国民病になっています。環境省の調査によると花粉症の有病率は29.8%にもなるそうです(環境省「花粉症とは」)。

医療機関で採血によって知ることができるアレルギーの原因物質であるアレルゲン検査の項目では「ビワ」は見かけた記憶がありません。

これは当院で使用しているアレルゲン血液検査の伝票です。

一方で口腔アレルギー症候群という、食べ物を食べると唇や口の中がかゆくなる病態が知られています。特に果物による口腔アレルギー症候群が有名ですが、果物によってアレルギー症状が出る人は基本的には花粉症を合併しています。

その理由として、花粉症があるアレルゲンに反応することによって、IgE抗体が体内で作られます。果物に含まれるアレルゲンが花粉症のアレルゲンと構造が似ているために、果物に対してもアレルギー反応を起こしてしまいます。

今回のビワアレルギーが起きた小学校の在校者数は不明ですが、国民の約三分の一が花粉症であることを考えると口腔アレルギー症候群の集団発生と考えるのが自然だと考えられます。

ビワ中毒の可能性は無いのか?

私がビワを食することを禁じられている理由として、ビワアレルギーの可能性もありますが、ご先祖が死ぬ目にあったということを考慮すると、ひょっとして原因はビワ中毒だったのかもしれません。

先月、ビワの名産地に行ったときに道の駅ではどこでもビワが大々的販売されていました。「俺、ビワって食べちゃいけないんだよねえ。ビワって毒があるの知ってる」と家人に問いかけました。

意外と知られていないビワ中毒ですが、ビワが原因となってシアン化合物中毒になる可能性があります。シアン化合物といえば青酸カリが有名ですので、いくらオーガニックで自然の食材であろうと、死に至るリスクが存在していることを、自然派をこじらせた方面の方には知っていてもらいたいです。

以前、ビワの種が体に良いといって、大量のビワの種を食べて健康を害した人がいたようで、農林水産省はこんな警告を発しています。

農林水産省「ビワの種子の粉末は食べないようにしましょう」より

健康に良いと思い込んで、ビワの種を粉末にした健康食品あるいは自家製の粉末は食べちゃダメだよ、と伝えています。

この警告にも記載されていますが、通常の食べ方でビワを摂取しても命に関わる青酸化合物を必要以上に意識する必要はありません。しかし、学校で提供されたビワは自分で皮をむいて食べていたことがNHKの報道から知ることができますので、皮をむく際にシアン化合物が含まれる種を傷つけて、それを口にした可能性もあるのでは、なんて一瞬考えましたが、中毒を起こす量ではなさそうです。

以上から、意外と知られていないビワのリスクは通常の食べ方であれば口腔アレルギー症候群の症状であり、シアン化合物による健康被害は通常ではあり得ない、と判断しました。

生まれてから一回もビワを食べたことのない私ですが、抗アレルギー剤あるいはステロイドあるいは万が一のことを考えてエピペンを傍らにおいて、ビワに挑戦してみようかなと思っています(良い子は真似しちゃダメだよ)。

↑ページTOPへ

関連記事

意外と知られていない「ギンナン中毒」って何?子供は特に注意が必要です!!

■味覚の秋です・・・銀杏中毒にご注意を 恥ずかしながら、この中毒しりませんでした。子供が小さい時、居酒屋なんかで出される銀杏、バンバン子供に食べさせていました。無知は罪、なんて言葉もありますが、医師でありながらオッサンの […]

「まつげ美容液」の思わぬ副作用、瞼が垂れ下がってしまう!!重大な副作用の報告がありました。イメージ

「まつげ美容液」の思わぬ副作用、瞼が垂れ下がってしまう!!重大な副作用の報告がありました。

■「まつげの美容液」はもともと副作用の産物です まつげの育毛効果がある「短い睫毛を長くする」美容液が一般的になってきています。まつげが伸びる作用自体、もともと「緑内障治療薬」の副作用として見つかったものです。 ◎追記 睫 […]

糖尿病の少年がハーブ療法で死亡、なぜ自然療法を選択してしまったのか?

■ハーブ療法で1型糖尿病の少年を治療・・・死亡事件発生 昨年、がんの治療に民間療法と言われている代替療法を選択すると死亡リスクが2.5倍になるということが新聞等で報道されました。 東京新聞 2017年9月19日 夕刊 「 […]

「水ぼうそうキャンディー」、これって海外の話ではなく日本でも密かに・・・。

■我が子にわざと水ぼうそうを感染させるための「水ぼうそうキャンディー」!!?? 先日女子SPA!に衝撃的な記事が掲載されていました。 「水ぼうそうキャンディー」で我が子にわざと感染させる…ワクチン反対派の母親たち 女子S […]

首ひねる独自マッサージ!?首ポキ・首ボキ??マッサージ受けた乳児など2人が死亡!!ニセ医学の悲劇。イメージ

首ひねる独自マッサージ!?首ポキ・首ボキ??マッサージ受けた乳児など2人が死亡!!ニセ医学の悲劇。

■免疫力を高める首をひねる独自マッサージ後乳児死亡!!ってニュースになっていますが・・・ 非常に痛ましい事故っていうか事件が起きています。大阪と新潟で「免疫力を高める」と称して赤ちゃんに独自!!のマッサージを行なっている […]