五本木クリニック院長ブログ

痛っつ!あそこをジッパーに挟んだ時の対応法「イグ・ノーベル賞」受賞のまじめな論文。


■ノーベル賞受賞??

男性なら経験したことがある人がほとんどじゃないでしょうか?用を足して急いでジッパーをあげた瞬間に「痛てー!」ということが。私は泌尿器が専門ですので、そのような患者さんが来院することもあります。

zipper_1
http://lifeinthefastlane.com/よりお借りしました

世界中でもあわてんぼうの男性は多いようで、そんな患者さんに対しての正しい解決の仕方を論文に書いた人がいます。それは「ジッパーに挟まれたペ☓スの緊急処理」(Acute Management of the Zipper-Entrapped Penis)という題名でThe Journal of Emergency Medicine,(Vol. 8, pp. 305-307, 1990)というまじめな論文がありあります。

ACUTE_MANAGEMENT_1
           これが論文の実物です

ネット上では有名な話ですが、実際に元の文献を見て記事を書いているものは少ないようです。これがその論文の現物ですが、ネット上で公開されるは初だと思います。全部で3ページで文章は1ページにも満たないくらい。あとは大きな写真3枚と図が一つといった、ケースレポート状の簡単な論文です。

因みに執筆者のF. Nolan医師はノーベル賞じゃなかった、イグノーベル賞を受賞しています。イグノーベル賞といえば、ふざけた研究・役に立たないような研究に対して贈られるふざけた賞と思われますが、実はノーベル賞とイグノーベル賞の両方を受賞した人もいるのですよ。英マンチェスター大のアンドレ・ガイム教授は2010年にノーベル物理学賞を受賞しています。が、2000年にイグノーベル賞を磁気を使ってカエルを浮上させる研究で受賞しています。

acute_5
ダブルノーベル賞受賞のアンドレ・コンスタンチノヴィチ・ガイム博士http://jp.ibtimes.com/よりお借りしました

偶然にも本日、イグ・ノーベル賞を日本人が受賞したニュースが飛び込んできました。
「祝 イグ・ノーベル賞 「心臓移植を受けたマウスにオペラを聴かせ、その生存率を研究」の本来の内容」もご覧ください。

■そんなふざけた論文って

ジッパーに挟まれた場合を検討した論文は結構多数あるのです。
Acute management of the zipper-entrapped penis以外にも
・The management of penile zip entrapment in children
・ A novel method for removal of penile zipper entrapment
・Treatment of a delayed zipper injury
・Releasing of zipper-entrapped foreskin: a novel nonsurgical technique
・Penile zipper injury( Med Princ Pract. 2006;15(4):303-4.)これは日本の医師による論文です

などなど「あそこをジッパーに挟んだ場合」に対する論文は多数専門医学誌に掲載されています。

■多数の論文がある理由・・・驚くべき数の男性がトラブルに!

なんでこんなに論文があるのか?とお思いでしょうけど、今現在でも多くの男性がこのトラブルに面してるのです。

最近ネット上で見かける「あそこをジッパーに挟んだことに関する研究」は泌尿器医であるBagga HS, Tasian GEらが発表したものをもとにしようです。彼らの所属するカルフォルニア大学サンフランシスコ校( University of California, San Francisco)は自分の病院と救急病院のデータを解析しました。これによるとなんと 2002 年から2010年までに17,616 人の患者さんがこの件で受診していたとのことです。

acute_2
(2013 BJU International | 112, E191–E194)
この論文は英国泌尿器科学会の学会誌に発表されました。

・0才―18才まで受診者は9054人(0歳児が自分でジッパーを締めるとは思えないのですが・・・。)
・19才ー65才までの受診者は8231人
・66才以上の受診者は331人
以上トータル17616人!!
acute_4
これだけ多くの被害者がいるのですから、論文が多数出ているのも納得できます。

彼らは「泌尿器科医はこれらの患者さんのために様々なジッパー着脱戦略に精通している必要があります。」と最後に記しています。ではどのようにこのトラブルから可哀そうな患者さんを救い出せばいいのでしょうか?

■元祖トラブル救出法で

このジッパーに男性器を挟む問題を取り上げたブログをいくつかネット上に発見しましたが、複数の論文がごちゃ混ぜになっているようなので、今回はイグノーベル賞に輝いたF. Nolan医師の論文を中心にして緊急治療の方法をお教えします。

acute_3

上の図を説明すると
・挟まったペ☓スに局所麻酔をする
⇒まず、ジッパーをズボンからハサミで切り取る
⇒ジッパーの上げ下げする金具をthe jaws of a strong bone cutter(医療用の骨を切る道具)で裏表の二つのパーツに分解する
⇒患部を傷つけないように挟み込まれた皮膚をジッパーのギザギザの部分から引っ張りだす
⇒これで解決、傷ついた患部には適当な治療を施す
ということです。無理に引き抜かないことに注意をしなければいけません。

cut_1
これがthe jaws of a strong bone cutterです。決してペンチではありませんよ。

その他にジッパーに油をさす、ジッパーをもみほぐす、ペンチでジッパーを破壊するなどと記された記事もありますが、ノーベル賞(+イグ)に輝いた論文にはそのような記述はありませんでした。まずは、元祖の指示に従った方がいいと思います(笑)。

☆こんなトラブルを起こさないための心得
彼らによるとこのトラブルに見舞われた患者さんはパニック状態になっており、静止できないので非常に治療は困難であるとしています。この様な事にならないようにするための回避法は
・緩めのズボンをはくこと
・ジッパーのついていないボタン式のズボンをはく
・お酒を飲んだ時は特に注意を
・隣で排尿している人の目を気にしないで落ち着いてジッパーをあげる
などが他の論文では提案されています。

とにかく、挟んだら泌尿器科を受診してください!

↑ページTOPへ

関連記事

加齢臭の次はミドル脂臭!オッサンの臭い対策はどうすればいい?イメージ

加齢臭の次はミドル脂臭!オッサンの臭い対策はどうすればいい?

■ミドル脂臭という新しい言葉が飛び出してきた 「オッサンは臭い」という定説と言いましょうか、コモンセンスと言いましょうか、そのような批判に晒されている諸君!女子に嫌われない為、家族に嫌われない為に数々の努力を行なってきま […]

男性ホルモン「テストステロン」が少ないと早死にのリスクが増える!?本当です!!イメージ

男性ホルモン「テストステロン」が少ないと早死にのリスクが増える!?本当です!!

■テストステロンと寿命の関係 実は私「日本メンズヘルス医学会」という学会に所属しています。メンズヘルスが風俗系のイメージを醸し出していますが「真面目に男とは何ぞや」を真面目に研究している団体です。男性は女性より寿命が短い […]

男性がシミ取りをする場合の3つのパターンイメージ

男性がシミ取りをする場合の3つのパターン

■男性でもシミは気にしている 当院では男性でも気軽にシミを取る方が増えています、というか以前から多数いらっしゃいます。シミを取りたい理由を聞くことはないのですが、実際にレーザーでシミを取る、取らないは別として大きく別けて […]

男性ホルモンは力の象徴だけど、精力剤の広告にビンラディンを使うか!?イメージ

男性ホルモンは力の象徴だけど、精力剤の広告にビンラディンを使うか!?

■男性ホルモンは闘いのホルモンだけど 先日から何回か男性ホルモンや男でも更年期障害があるという話や、ホルモンと免疫の関連などをブログで書いて来ました。Facebookでもこちらが中年男性であると認識されると、精力剤関連と […]

続出するキレる老人やオッサン・・・脳疾患以外に男性の更年期障害の疑いもあるんじゃないかと。

■レジや受付で怒鳴りまくる高齢者続出 高齢者は世界的には60歳以上、WHOや日本では65歳以上と定義されています。スーパーのレジの行列、駅の切符売り場、病院の受付等で突然怒鳴り声を聞くこと多くありませんか?当院でも診療内 […]