五本木クリニック院長ブログ

30歳でなっても「五十肩」・・・これからは「凍結肩」と呼ぼう!画期的な治療があるようです


■五十肩って江戸時代についた名前です

何かの拍子に方に痛みを感じ、腕が上がらなくなったことってありませんか?これを「五十肩」って呼びますが、三十歳代でなっても、70歳代でなっても「五十肩」という病名が付きます。

医学上の正式の名称は「肩関節周囲炎」といいますが、ようは肩の間接の周囲に問題があって炎症になっているよ、という病名というより症状を言葉にしただけのように感じられます。実際の原因は様々なのですが、この呼び方は江戸時代からあったようです。

frozenshoulder_3
http://www.kyoeikasai.co.jp/よりお借りしました

その当時、「人生五十年」と言われたくらいで、平均寿命は50歳代ですので高齢になって肩の痛みがおきたらそろそろ人生も終わりが近づいてきたと思われたのかもしれません。

■凍結肩の画期的な治療法

この五十肩ですが、実際の原因は複雑なのです。ザックリと五十肩と呼んでいますが「腱板断裂」「石灰性の腱炎」「変生性関節症」「上腕二頭筋長頭腱腱鞘炎」など肩の痛みを症状とする病気はたくさんあるのです。そのなかで「凍結肩」といわれる病気が有ります。世界的には「frozen shoulder」
と呼ばれています。まんま直訳ですが・・・。

frozenshoulder_2
http://osteoyoga.blogspot.jp/2013/07/frozen-shoulder.htmlより

■エビデンスが無いと言われていますが、かなり効果があります

「凍結肩」は正確には癒着性関節包炎という病名ですが、基本的には放置していてもそのうち治るとされています。

でも、五十肩との診断を受けた人の多くはこの凍結肩の可能性が大きいとされています。しかし、患者さんとしては「肩がいたくて動かない」という非常につらい症状ですので、「そのうち治りますよ!」と言われた「ああそうですか」とはいきませんね。

治療法としては痛みどめの薬やリハビリと称する温めたり、電気刺激をしたり、湿布を貼ったりが一般的です。でも、「そのうち治る病気」なので患者さんとしては医療機関に治してもらったのか?自然に時間の経過で治ったのか?はっきりしない病気・症状が五十肩です。

しかし、「凍結肩」であった場合はそれこそ一発で治す方法が実は熟練した整形外科医には可能なのです。方法は「徒手的関節包破断術」と呼ばれるものです。名前から想像できるように、関節を包み込んで固まってしまった関節包を力まかせに破って肩の痛みと動きの制限を治療する方法です。

今までは全身麻酔下で行われる最終手段と考えられていましたが、城東整形外科(秋田市)の皆川医師はこの方法を神経ブロックで行い患者さんに喜ばれているそうです。

詳しくは城東整形外科HPをご覧ください

大病院でなくて開業医でも素晴らしい治療法を行っていると思います。町医者仲間と勝手に考えてここで紹介させていただきました。

■呼び方には権威も同意しています。

東北大学整形外科の井樋教授は「五十肩」という呼び方より「凍結肩」という呼び方を提唱しています。

frozenshoulder_1

井樋教授の説明は単純明快です。
「腱板断裂」「石灰性の腱炎」「変生性関節症」「上腕二頭筋長頭腱腱鞘炎」などの病気ではない場合は、
・明らかな原因のない肩の痛みと可動域制限がおきる病気を「五十肩」と診断する。狭い意味の五十肩
・一般人がよぶ「五十肩」他の病気の場合がある。広い意味の五十肩
・整形外科医と一般人は違う意味で使用している
・整形外科医は「五十肩」ではなく「凍結肩」と呼びましょう!

そうすれば世界中で使われている「frozen shoulder」と医師がいままで「五十肩」と呼んでいたものとの整合性が取れるでしょ!ということです。

■ところで、なんで整形ものって治らないのかな?

私は肩こりに悩ませられました。あと原因不明の股関節痛。

frozenshoulder_4
日本整形外科学会HPより

患者さんに「先生、いい整形外科紹介してください」と言われるのが一番困ります。私自身の治療もできなかった科目ですから。

もちろん「骨折」など明らかに手術をして改善する病気は自信を持ってご紹介できますが、腰痛・肩こりなんていう症状の場合は本当に困ります。
frozenshoulder_5
日本整形外科学会HPより

ひょっとすると患者さんが一番通院場所を変更する「ドクターショッピング」は整形外科が多いかもしれませんね。

frozenshoulder_6
ファイザーとエーザイによる全国9400人を対象とした慢性疼痛に関する実態調査

やっぱりでした!!

今度、整形外科的な病気になったら秋田の城東整形外科を受診しようと心に決めた私です。

↑ページTOPへ

関連記事

ブルーライトが睡眠に影響するなら、日中ブルーライトをカットしたら余計眠れなくなった!!イメージ

ブルーライトが睡眠に影響するなら、日中ブルーライトをカットしたら余計眠れなくなった!!

■ブルーライトの長時間曝露の悪影響は常識です(?)けどね PCやスマフォのディスプレイから発せられるブルーライトが睡眠に関係しているメラトニン分泌のバランスを崩して睡眠障害や肥満などの健康に悪影響を与えていることが広ーく […]

目黒区で細菌性赤痢が集団発生!!赤痢の症状や重症化の可能性、そして予防方法に関しての情報です。

目黒区保育園で細菌性赤痢が集団発生、この詳細 昼休みに医師会からファックスが届きました。そこには目黒区内で細菌性赤痢が発生いたしましたとの文言と目黒区が報道発表資料としたプレスリリースが添えられていました。細菌性赤痢!! […]

血圧の基準値が人間ドック学会と高血圧学会で違うってどういうことよ?イメージ

血圧の基準値が人間ドック学会と高血圧学会で違うってどういうことよ?

■たしかに健診と人間ドックは違いますが 先日、健診、検診、人間ドックというのは目的が違うと言う話をブログに書きましたが、検査の基準自体にも違いがあるという話はしませんでした。オッサン達は特に肝機能の検査結果を気にしますし […]

良い睡眠で頭がよくなるか?脳の萎縮と睡眠の質の関係イメージ

良い睡眠で頭がよくなるか?脳の萎縮と睡眠の質の関係

■良質な睡眠は脳に良さそうだけど 子供の時、早く寝ないと背が伸びませんよ、頭が良くなりませんよ、って言われませんでしたか?今になって考えると夜の10時から夜中の2時くらいまで成長ホルモンが一番効率よく分泌される時間であり […]

「水を飲むと認知症が予防できる」とNHKと医学ジャーナリストは言っているけど・・・。

■水で認知症の予防ができるならもっと知られていいんじゃないの? 自称医療ジャーナリストというとある個人を指すことが私達ではお約束になっています。一方、医療ジャーナリストではなく医学ジャーナリストと称する方々もいらっしゃい […]