五本木クリニック院長ブログ

30歳でなっても「五十肩」・・・これからは「凍結肩」と呼ぼう!画期的な治療があるようです


■五十肩って江戸時代についた名前です

何かの拍子に方に痛みを感じ、腕が上がらなくなったことってありませんか?これを「五十肩」って呼びますが、三十歳代でなっても、70歳代でなっても「五十肩」という病名が付きます。

医学上の正式の名称は「肩関節周囲炎」といいますが、ようは肩の間接の周囲に問題があって炎症になっているよ、という病名というより症状を言葉にしただけのように感じられます。実際の原因は様々なのですが、この呼び方は江戸時代からあったようです。

frozenshoulder_3
http://www.kyoeikasai.co.jp/よりお借りしました

その当時、「人生五十年」と言われたくらいで、平均寿命は50歳代ですので高齢になって肩の痛みがおきたらそろそろ人生も終わりが近づいてきたと思われたのかもしれません。

■凍結肩の画期的な治療法

この五十肩ですが、実際の原因は複雑なのです。ザックリと五十肩と呼んでいますが「腱板断裂」「石灰性の腱炎」「変生性関節症」「上腕二頭筋長頭腱腱鞘炎」など肩の痛みを症状とする病気はたくさんあるのです。そのなかで「凍結肩」といわれる病気が有ります。世界的には「frozen shoulder」
と呼ばれています。まんま直訳ですが・・・。

frozenshoulder_2
http://osteoyoga.blogspot.jp/2013/07/frozen-shoulder.htmlより

■エビデンスが無いと言われていますが、かなり効果があります

「凍結肩」は正確には癒着性関節包炎という病名ですが、基本的には放置していてもそのうち治るとされています。

でも、五十肩との診断を受けた人の多くはこの凍結肩の可能性が大きいとされています。しかし、患者さんとしては「肩がいたくて動かない」という非常につらい症状ですので、「そのうち治りますよ!」と言われた「ああそうですか」とはいきませんね。

治療法としては痛みどめの薬やリハビリと称する温めたり、電気刺激をしたり、湿布を貼ったりが一般的です。でも、「そのうち治る病気」なので患者さんとしては医療機関に治してもらったのか?自然に時間の経過で治ったのか?はっきりしない病気・症状が五十肩です。

しかし、「凍結肩」であった場合はそれこそ一発で治す方法が実は熟練した整形外科医には可能なのです。方法は「徒手的関節包破断術」と呼ばれるものです。名前から想像できるように、関節を包み込んで固まってしまった関節包を力まかせに破って肩の痛みと動きの制限を治療する方法です。

今までは全身麻酔下で行われる最終手段と考えられていましたが、城東整形外科(秋田市)の皆川医師はこの方法を神経ブロックで行い患者さんに喜ばれているそうです。

詳しくは城東整形外科HPをご覧ください

大病院でなくて開業医でも素晴らしい治療法を行っていると思います。町医者仲間と勝手に考えてここで紹介させていただきました。

■呼び方には権威も同意しています。

東北大学整形外科の井樋教授は「五十肩」という呼び方より「凍結肩」という呼び方を提唱しています。

frozenshoulder_1

井樋教授の説明は単純明快です。
「腱板断裂」「石灰性の腱炎」「変生性関節症」「上腕二頭筋長頭腱腱鞘炎」などの病気ではない場合は、
・明らかな原因のない肩の痛みと可動域制限がおきる病気を「五十肩」と診断する。狭い意味の五十肩
・一般人がよぶ「五十肩」他の病気の場合がある。広い意味の五十肩
・整形外科医と一般人は違う意味で使用している
・整形外科医は「五十肩」ではなく「凍結肩」と呼びましょう!

そうすれば世界中で使われている「frozen shoulder」と医師がいままで「五十肩」と呼んでいたものとの整合性が取れるでしょ!ということです。

■ところで、なんで整形ものって治らないのかな?

私は肩こりに悩ませられました。あと原因不明の股関節痛。

frozenshoulder_4
日本整形外科学会HPより

患者さんに「先生、いい整形外科紹介してください」と言われるのが一番困ります。私自身の治療もできなかった科目ですから。

もちろん「骨折」など明らかに手術をして改善する病気は自信を持ってご紹介できますが、腰痛・肩こりなんていう症状の場合は本当に困ります。
frozenshoulder_5
日本整形外科学会HPより

ひょっとすると患者さんが一番通院場所を変更する「ドクターショッピング」は整形外科が多いかもしれませんね。

frozenshoulder_6
ファイザーとエーザイによる全国9400人を対象とした慢性疼痛に関する実態調査

やっぱりでした!!

今度、整形外科的な病気になったら秋田の城東整形外科を受診しようと心に決めた私です。

↑ページTOPへ

関連記事

医学研究から判明した、風邪を引かないための対策は・・・なんじゃこりゃ!!??

■風邪を防ぐにはやっぱりお父さん・お母さんの言いつけを守りましょう!!?? えーっと、最近ブログでかなりハードな話題を取り上げてしまい、私は間違いなく聖人君子じゃないですし、正義の味方でもないいですし、品行方正であるはず […]

エボラ出血熱も予測可能!?インフルエンザ感染が拡大する様子をお金の流通経路をつかってシミュレーション!!イメージ

エボラ出血熱も予測可能!?インフルエンザ感染が拡大する様子をお金の流通経路をつかってシミュレーション!!

■やたらパニックになる人、全く無関心な人に上手く伝える方法 デング熱騒ぎも終息しましたが、今度はエボラ出血熱が世界中に拡散する可能性がでています。これから季節性インフルエンザが流行する時期なのに、一方でインフルエンザの予 […]

某議員に捧げる「頭が良い人は不安を感じやすい」は間違い、不安感とIQの関連性イメージ

某議員に捧げる「頭が良い人は不安を感じやすい」は間違い、不安感とIQの関連性

■そもそもIQで頭の良さを判定できるか? 昔から頭の良さを表現するときにIQが高いだの、低いだのって使っていますが本当に頭の良さって簡単な数字で判断出来るのでしょうか?学校の成績が良い=頭が良い、という図式は社会にでると […]

インフルエンザとノロウイルスは同時に感染するか?という素朴な疑問イメージ

インフルエンザとノロウイルスは同時に感染するか?という素朴な疑問

■病原菌の世界は一党独裁主義です インフルエンザが猛威を振るっているし、ノロウイルスも流行して大騒ぎの本年2014年の日本です。インフルエンザワクチンは賛否あるようですが、現代の医学常識としては効果ありです。一方の、ノロ […]

寝る前に歯磨きをすると死亡リスクが35パーセントも減るんだぞ!!

歯磨きと死亡リスクの関係 「歯は中枢だった」という衝撃的なタイトルのトンデモ本というか奇書に触れて以来、世の中に出回る歯科領域の病気と私たち医師が関わっている病気の関連性が書かれている一般書籍(医学書籍じゃないよ)には可 […]