五本木クリニック院長ブログ

目から紫外線が入ると体にシミができる、日焼け止めを塗っていても勝手にメラニンが活性化する!?


■目に紫外線が当たると白内障になるのは知っていると思いますけど

先日、理系のオッサン友達に「紫外線が目から入って網膜に当たると日焼け止めを塗ってても体がシミを勝手に作っちゃうの知ってる?」と聞かれました。そのオッサンはシミが出来ないようにサングラスを買ったとのことでした。一部の眼鏡屋さんがそんな話をしていた(私、老眼なので眼鏡屋さんのお得意様なのです)記憶があるのですが、PCのブルーライトと同様に売らんかな的なものだと解釈していました・・・老眼用のサングラス買ってしまいましたが。

ネットで検索すると大阪市立大学の教授がそんな説を唱えているということがわかりましたが、ネット独特の裏付けのない話が勝手に拡散している可能性がありますので、理系医学系の私が早速ネタ元を調べました。
サングラスの役目|サングラス_【和真メガネ】
http://www.washin-optical.co.jp/sunglasses/function/より

■あのnatureから出ている科学誌に勝手にシミ作る説がありました。

ネット上に見つけた医学・科学の突飛な説はかならず元の論文が記載されているかが信憑性を確認するために必要なことです。どの眼鏡屋さんのサイトにも元となる論文は併記されていませんので、私が調べましたよ、診療のあとに夕飯も食べずに。「Ultraviolet B Irradiation of the Eye Activates a Nitric Oxide-dependent Hypothalamopituitary Proopiomelanocortin Pathway and Modulates Functions of a-‘Melanocyte-stimulating Hormone-responsive Cells」という長ったらしいタイトルでJournal of Investigative Dermatologyという、あの小保方さんSTAP細胞を掲載したNatureと同じ発行元から(J Invest Dermatol. 2003 Jan;120(1):123-7.)、業者の皆さんも面白い学説をサイトで使用するときは元の論文の番号を記載するようにしてね!

この論文は眼の紫外線B照射は、メラノサイト刺激の経路を変調機能に影響を及ぼす、というような内容で目に入る紫外線が肌を黒くする可能性があるよ、と言うことです。

■STAPねつ造写真ではありません、組織の写真を見せられても

この論文が元ネタであることは間違いありません。目に紫外線を当てた動物(マウス)の皮膚でシミの原因であるメラノサイトがふえていることがこの写真からわかります。
Ultraviolet_B_irradiation_of_the_eye_activates_a_nitric_oxide-dependent_hyp_othalamopituitary_proopiomelanocortin_pathway_and_modulates_functions_of_al_pha-melanocyte-stimulating_hormone-responsive_cells_pdf(2_5ページ)
                              前述論文より
人間であっても目から紫外線が入ると、皮膚のメラニン細胞が刺激されて黒くなるかの可能性がでてきます。目に紫外線UVBを当てると皮膚のメラノサイトが増えることはこのグラフからもわかります。
Ultraviolet_B_irradiation_of_the_eye_activates_a_nitric_oxide-dependent_hyp_othalamopituitary_proopiomelanocortin_pathway_and_modulates_functions_of_al_pha-melanocyte-stimulating_hormone-responsive_cells_pdf(2_5ページ)
UVBを眼と耳と背中に当てて、その後、耳の皮膚のメラニンがどれだけ増えていたかをグラフにしたものです。耳のメラニンが一番増えているのは当然ですが、なぜか眼にUVBを当てると耳の皮膚のメラニンが増えていました。比較するために背中の皮膚のメラニン量も測定していますが、あきらかに眼に当てた方が増えています(なぜか、ここの日本語訳を間違えているサイト多数あります、コピペ?)。
論文の内容も私が目を通した限りはトンデモてきな考えの飛躍やインチキ臭い自分勝手な考えに固執した部分は全くありませんでした(眼科の専門医が見たら違うかもしれませんが 汗)。

■こんな大発見の後追いの実験や論文が見当たらない

以前、磁気治療器の理論が厚生労働省に認められて医療機器として認められた経緯が実はとんでもない論文がもとになっていることはブログでお伝えしました。たった一つの驚きの論文がもとになって世界中を駆け巡ることもありますので、とにかく元ネタを探すことはネット社会においてはインチキにダマされないためにも絶対的に必要な基礎的力の一つなのではないでしょうか?

この論文は2003年に投稿されましたがその後、検討を加えられ追加の試験やこの理論を補強するような論文が見当たらなかったのは私の調査力が至らなかった為なのか、眼科の世界では定説とされているのかは謎です。少なくとも環境庁が出している「紫外線環境保健マニュアル」にはこの話は載っていませんでした。

↑ページTOPへ

関連記事

サリチル酸ピーリングとはイメージ

サリチル酸ピーリングとは

■ピーリングの強さは最強?のサリチル酸ピーリング ケミカルピーリングが市民権を得て10数年が経ちます。私たちが始めたころは「皮膚が薄くなってしまう」といって非難していた医師もいました. 2001年位から皮膚科学会で「ケミ […]

「グラッシュビスタ」という、まつげ美容液は効果はあるけど・・・。イメージ

「グラッシュビスタ」という、まつげ美容液は効果はあるけど・・・。

■グラッシュビスタは確かに効果があるけど、女性の興味を引く睫毛の美容液の問題点 先日、デパートの化粧品売り場をウロウロしていたら男性化粧品専用売り場がありました。男性化粧品!!なんて反応をするほど純情ではない私は「男性化 […]

うっかり日焼けの緊急時の対処法とシミを作らないための治し方とスキンケア方法イメージ

うっかり日焼けの緊急時の対処法とシミを作らないための治し方とスキンケア方法

■うっかり日焼けの対処法、やっちゃったものは仕方ないからダメージを最小に抑えましょう! 梅雨が空け本格的な夏の日差しにさらされる時期になっていました。海外旅行や国内でも海・山に出かけてついつい「うっかり日焼け」という肌に […]

ニキビに悩む10代の若者の3分の1に自殺願望、治療する医師側に問題あり!追記ありイメージ

ニキビに悩む10代の若者の3分の1に自殺願望、治療する医師側に問題あり!追記あり

■ニキビに関するショッキングな報告はオーストラリアの学会誌 「Australasian Journal of Pediatrics and Child Health」に掲載されていたものです。 ニキビに悩む子供の24%が […]

気になる頬のたるみ解消するなら、これが一番の方法だと思うんだけど。

■頬のたるみを改善するためのマッサージやエクササイズなんてやっても時間の無駄!! 頬のたるみはとにかく老けた印象を与えます。若い人でも徹夜続きとか仕事がハードだと、ご自分の顔を鏡で見て「こんなに疲れた顔になっちゃってんの […]