五本木クリニック院長ブログ

東洋経済さま、医療記事は玉石混交のようですがこれはあまりにも・・・。


■ネットでは大人気の東京経済オンライン、しかし医療記事は問題含み?

東洋経済オンライン(http://toyokeizai.net)といえば、近年大人気のウェブサイトであることはご存知だと思います。

元々伝統のある経済誌がネットの世界に入ってきたところ、今では月間2億PVを超える勢いで、私も時々拝見させていただいています。

◎ネットの世界で一番検索されているのが健康関連キーワードであるとの話もある

ためか、時々東洋経済オンラインにも医療物記事が掲載されています。金融経済のプロである

◎東洋経済も医療となると素人丸出しであり、良記事のなかにトンデモ系の医療記事も紛れ込んでしまうようです

通常、媒体がしっかりしていれば、掲載された記事も信頼度が高い、と思いがちでしょうから落とし穴があることをお伝えする為に私が東洋経済オンラインの中で見つけたヘンテコな健康情報記事をいくつかご紹介します。

■糖質制限でがんを兵糧攻め・・・これ色々な意味でかなり偏っております

医師には裁量権というものがありまして、自分の責任の範囲内である程度自己流の考え方を実践することができます。しかし、がんの治療など生死にかかわる病気の場合は責任重大であるために、ガイドラインに従った標準医療を行うのが一般的です。

もちろん、患者さんの状態は多種多様であるために、全例同じ治療とはなりませんが、EBM(evidence based medicine)、つまり根拠にもとづく医療を意識しながらさじ加減を決定していきます。しかし、なかには思い切りが良いというか

◎よく病院の倫理委員会が承認したと思われるような標準医療とはかけ離れた治療が東洋経済オンラインに掲載されていました

それはこれです。



http://toyokeizai.net/articles/-/144042 この治療の特徴は糖ががんの栄養となっているために、徹底的に糖を制限することによってがんを退治しようというものです。この記事の後半に著者の本が掲載されているので入手して読んだところ、こんな凄い効果があるなら論文があるんじゃないかと探してしまいました(結局見つからなかったけどね)。

食餌療法でがんを克服した、なんて感じの一般書籍が多く出版されています。これもそのレベルを超えていないのです。



http://toyokeizai.net/articles/-/144042?page=3

この本に書かれている治療法は標準治療を受けながら徹底的な糖質制限食を行うもの。その結果、「約7割の末期がんが改善した」とのことですが・・・症例として挙げられている多くが大腸がんと乳がんの患者さんで構成されています。

◎大腸がんも乳がんも抗がん剤がかなり効果を上げることは医師だけでなく、患者さんの多くもご存知なんじゃないでしょうか?

症例としてあげられた患者さんも糖質制限食なんて食べなくても、どうようの結果が得られたと考えられます。そういえば以前この本を読んでこんなブログ書いたっけ・・・がん免疫栄養ケトン食療法、なんだか怪しげな雰囲気が

■話としては感動的な末期がんと宣告された料理研究家、これも変!!

ここ数日ブログで話題にしたオーガニック薬膳料理研究家の記事も東洋経済オンラインに掲載されています。



http://toyokeizai.net/articles/-/108409

全身に転移した卵巣がんに罹ってしまった女性が、標準医療を途中で放棄して車椅子でフランスに渡り、食の大切さを感じ、さらにその後、中国まで渡り薬膳を学んだとのふれこみです。ご自身の経験と知識を取り入れて現在はオーガニック薬膳料理研究家として料理教室を開催したりしているようです。この方の記事にも著作が紹介されていましたので、当然購入しましたよ、私は。



http://toyokeizai.net/articles/-/108409?page=4

この本ともう一作を読んで二つのブログを書きました。

「食べものだけでガンが消えた」のオーガニック薬膳料理研究家高遠智子さんの本がかなりヘン!!

やっぱりヘンだよ!!料理研究家の高遠智子さん、経歴詐称疑惑は別物としても・・・。

この方の著作物やサイトを見ると、まだまだヘンテコなつじつまの合わない出来事や記述が大量にありますが、このあたりでやめておきます。

■私も東洋経済オンラインに記事を書きましたが・・・炎上しました(涙)

恥ずかしながら私も東洋経済オンラインに記事を書いたことがあります。「エッジの効いた原稿をお願いしますね!!」って言葉に誘われて調子に乗って書いた記事がこれ。



http://toyokeizai.net/articles/-/149514

◎ハイ!!皆様のご期待通りに炎上寸前となりました

私としては漢方薬って副作用がない、との一般常識に対して、漢方薬といえども副作用はあるんだよと伝えたかったのですが、東洋経済オンラインの読者層と私のブログの読者層は違っていたようです(しかし、下のコメント欄にがんがん投稿している産婦人科医ってどんな人だ?)。

東洋経済オンラインさま、面白そうな興味深い一般書籍の紹介であるなら、「この本を書かれた医師によれば」とか「この本を発刊した料理研究家の本の内容の紹介です」って初っ端に記載しておけば、ブルータスおまえもか的な捉え方はある程度回避できるのではないでしょうか?

↑ページTOPへ

関連記事

高濃度ビタミンC点滴療法で「がん治療」??・・・高城 剛さん、これこそニセ医学ですよ!!

■週刊現代がまともになったと思ったら・・・ 医療批判をこじらせてトンデモ系になりかねなかった「週刊現代」、先週号と今週号のインチキがん免疫療法批判記事は多く医療関係者から「良記事」との評価を受けています。と思ったらウェブ … 続きを読む

正しい医療情報を得る方法、新聞でさえコレですからかなり難しいかと・・・。

■新聞でさえ、健康関連記事を間違って報道しちゃいます こんなショッキングな報道が先日新聞に掲載されました。この記事を読んだトンデモさんたちは、鬼の首を取ったように喜んでお祭り騒ぎでしょうね。こんな記事が第一面を飾りました … 続きを読む

子宮頚がんワクチン問題、あまり触れたくなかったけど整理してみますね。イメージ

子宮頚がんワクチン問題、あまり触れたくなかったけど整理してみますね。

■子宮頸がんワクチンはなぜ問題となっているのか? 子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)は2013年4月定期接種とされました。しかし、その2ヶ月後には行政はHPVワクチンの積極的な勧奨をなぜか中止にしたのです。その大きな理 … 続きを読む

都知事候補鳥越さんの「がん検診100パーセント」発言の問題点はコレ。公約が実行されたら大混乱確実!!イメージ

都知事候補鳥越さんの「がん検診100パーセント」発言の問題点はコレ。公約が実行されたら大混乱確実!!

■がん検診を都民の100パーセントが受けましょう発言の問題点 二人に一人が「がん」になり、三人に一人が「がん」で死亡する日本では、以前から「がん検診事業」が行われてきました。このがん検診は各自治体の市町村の事業として実施 … 続きを読む

週刊現代「がんでも受けてはいけない手術」は間違いだらけ!!?

■誤字脱字は仕方ないとしても、がん生存率の間違いはマズいんじゃないの?? 医療現場に思わぬ大きな影響を与えた例の「週刊現代」の医療批判記事。週刊誌ごとき放っとけ的な意見がシリーズ初期の頃は医師館でも多かったのですが、シリ … 続きを読む